「森」と「林」の違い、子どもに聞かれたらどう答える?【知って得する日本語ウンチク塾】

「もり」は「盛り」、「はやし」は「生やし」の意味から

まず、「もり」と「はやし」の語源は何かというと、「もり」は「盛り」、「はやし」は「生(は)やし」の意からだといわれています。つまり、「もり」は盛り上がっているという意味、「はやし」は樹木などが群がりはえているという意味だと考えられています。

なぜ、「鎮守の林」と言わないか

たとえば、その土地の守護神をまつった神社を取り囲む木立(こだち)のことを「鎮守の森(「杜」とも)」といいますが、この森は小高く盛り上がっているように見えます。だから「もり」なのだと思います。そしてこれを「鎮守の林」とは決して言いません。

植物学的に使われる「林」

これに対して「林」は、「はやし(ばやし)」と読んで「雑木林」「スギ林」、「りん」と読んで「熱帯降雨林」「原生林」のように、植物学的な場合に使うことが多いようです。

子どもに、「森」と「林」はどう違うのと聞かれたら、どちらも多くの木が生い茂っているということでは同じだけれど、「森」は木がこんもりと盛り上がるように生い茂っているところ、「林」は植物学的に使うことが多いと教えてあげてください。間違っても、「木」の字が1つ多いか少ないかの違いだよ、なんて教えないように。

 

神永 曉 かみなが・さとる

辞書編集者、エッセイスト。元小学館辞書編集部編集長。長年、辞典編集に携わり、辞書に関する著作、「日本語」「言葉の使い方」などの講演も多い。著書『悩ましい国語辞典』(時事通信社/角川ソフィア文庫)『さらに悩ましい国語辞典』(時事通信社)、『微妙におかしな日本語』『辞書編集、三十七年』(いずれも草思社)、『一生ものの語彙力』(ナツメ社)。監修に『こどもたちと楽しむ 知れば知るほどお相撲ことば』(ベースボール・マガジン社)。NHKの人気番組『チコちゃんに叱られる』にも、日本語のエキスパートとして登場。新刊の『辞典編集者が選ぶ 美しい日本語101』(時事通信社)が好評発売中。

編集部おすすめ

関連記事