PR

子どもと一緒に! かわいい!楽しい!年賀状を作ろう♪

年始のお楽しみのひとつといえば年賀状。
忙しくて書く機会を逃しているご家庭も多いかもしれませんが、やっぱりもらうとうれしいもの。
年に一度の、そして平成最後の年賀状。
HugKumからパパママの皆さんに、親子で年賀状を手作りする豊かな時間を提案します。

今回は町田にあるしぜんの国保育園にお邪魔し、
アートが得意な二人の保育士、
白倉伶奈さんと河合宣さんに、さまざまな楽しい技法、
アイデアを教えていただきました。
「完成度だけにこだわらず、子どもたちと
一緒に作ったり、感じたりする時間を
大切にしてもらえたら」と白倉さん。

まずは切り絵年賀状です。切っているのは4歳の男の子。大人と一緒に、気のむくままハサミで切った折り紙を、年賀はがきに貼っていました。

最初はハサミの持ち方がぎこちなかったのですが、そこは「こうやってやると持ちやすいよ」と大人がさりげなく助け舟を出します。この時に注意したいのは、命令口調にならないこと。

切ったものを貼りつけていきます。何か名前がつくような形にならなくても見守って。子どもたちだからこそ生み出すことができる「カタチ」を大切に。こういった時間を、親子で共有することでお互いが満たされた気持ちになります。

続いては、いろんな素材を使って描く年賀状。子どもたちの豊かな感性が広がっていきます。「どんな色が好き?どんな色を作りたい?」落ち着いた口調で子どもたちに問いかけます。「ピンク!」「濃いピンク!」子どもたちは、色が変わる瞬間に目を輝かせていました。

今回使ったのは、筆ではなく、木の枝、ビー玉、どんぐり、石など身近な素材。子どもたちが拾ったり、見つけてきたりしたものがたくさん集まりました。

筆ではない道具を使うことによって、子どもたちの感じる心がどんどん開かれていきます。思いがけない形や、色の混ざり合い、組み合わせに、大人も「やってみたい!」と心が開いてくるのではないでしょうか?

さて次は、魔法の「色とりどりのボンド年賀状」です。市販のボンドで年賀はがきに「あけましておめでとう」などのメッセージを書いておきます。そして、しっかりと乾かしたあと(ここが重要!)、水をたっぷり含んだ水彩絵の具で色をのせていくと、ボンドで書いたメッセージが浮き出ます。

どんな色にしよう? 子どもたち自ら、色作りを始めました。絵の具は目の前の色がどんどん変化していくので、楽しい発見がたくさんあります。

色の重なりや、文字が浮き出てくることなど、色と文字の世界にグッと引き込まれます。文字のワークブックだけではなく、こういった自然な形で文字への興味が芽生えたら素敵ですね。

今回使った材料や素材は、ご家庭でもすぐ手に入るものばかり。
「手作り」は器用、不器用、関係ありません! 子どもの感じる心に大人が寄り添うことによって見えてくる世界。
ぜひ、年賀状作りを通して豊かな心と感性を育んでくださいね。

先生&園児の合作でこんな年賀状ができました!

アートに長けた先生たちと一緒に、こんなかわいいアイデア年賀状が完成!
ビー玉や野菜など、家庭にあるものですぐにマネできるけど、もらった人が笑顔になりそうな力作ばかりです。

年賀状をCLICK!

  • 年賀状01
  • 年賀状02
  • 年賀状04
  • 年賀状09
  • 年賀状05
  • 年賀状06
  • 年賀状07
  • 年賀状08

2019年の年賀状はどうする? HugKumママたちのリアルアンケート!

毎年悩む年賀状作り。HugKumママたちはどうしているの?リアルな声を聞いてみました。

圧倒的人気なのは家族の写真入りの年賀状。子どもの成長がよく分かりますね。その他の中には「毎年の流行を取り入れたデザインをする」という意見も。

10通から200通までかなり幅のある回答が集まりました。HugKum読者ファミリーはメールだけで済ませる人は少数派のようです。

12月に入ってからが圧倒的多数!2位の「年末ぎりぎりに」も合わせると、9割のご家庭で、年賀状は12月に入ってから書き始めるようですね。

さまざまな意見の中で目立ったのは、干支、ニュースや流行語などを反映させるという意見。好きな和紙屋さんで買ったり、はがきデザインキットを使用するという回答も!

甥っ子、姪っ子の写真入り、絵も文字も全て手書きのもの、遠方、海外など、普段なかなか会えない友達からのもの、など、うれしい年賀状にはぬくもりや感動がこもっていることが分かりました。

もらってうれしい年賀状アイデア 子どもでもかわいく描ける、イノシシえかき歌に挑戦!

2019年の干支、イノシシは描くのが少し難しい動物。でもこのえかき歌なら、お子さんと一緒に簡単に描けてしまいます。

イノシシをかわいくかこう「えかきうた 年がじょう」

HugKumが見つけた! 年賀状NEWS2019

2019年の年賀状作りに取りかかる前に、知っておくべき最新ニュースをピックアップしました!

NEWS1 キャラクター年賀はがきがかわいい!

スヌーピー年賀&ディズニー年賀

NEWS2 年賀特設サイト「郵便年賀.jp」が楽しい!

手作り風はんこ作成ツール

楽しいはんこ画像を無料で作成できるサービス。HugKum編集部でも作ってみたら、こんなに楽しいはんこができました!
ウェブ上で作成し、画像をダウンロードすれば完成なので簡単です。

セリフ入りはんこ&画像入りはんこ

詳しくはこちら

住所が分からない友達にも紙の年賀状が送れる!

SNSなどでつながっているママ友に紙の年賀状が送れます。住所が分からないから…と諦めていた人はぜひ!

詳しくはこちら

キャンペーン実施中! ドラえもんから年賀状が届く!

『小学一年生』では、ふろくの応募はがきで応募してくれた人全員に、ドラえもんからの特製年賀状が届くキャンペーンを実施中! 詳しくは『小学一年生』1月号のふろく「かいておくろう!! 年がじょう」をご覧ください。