リボンで作るミニバッグ【小学8年生発・自由研究工作アイデア】

リボンで作るミニバッグ

交互に通すだけで、できちゃうよ!

工作をするときの注意!始める前にチェックしよう!

□材料を切るときは、刃に注意して使おう。
□材料に穴を開けるときは、必ずおうちの人とやろう。
□工作する前に作業場所の周りを整理して、終わったらきちんと片付けよう。
□材料がそろわないときは、家にあるもので工夫しよう。

材料

●お菓子の空き箱
●リボン
●フエルト
●カッター
●はさみ
●接着剤

作り方

① お菓子の箱の側面にリボンを巻く。はじだけに接着剤を付け、内側に折ってはる。

② 底面のリボンに、図のように交互にリボンを通していく。(リボンの長さは、箱の高さの2倍に、底の厚みと折り返し分を足した長さ。)通したら、はじを内側に折って、箱に接着する。

③ 横の段のリボンは、縦のリボンを1本おきに裏側へくぐらせながら、通して1周する。はじは、見えないように他のリボンの下に差し、接着剤でとめる。

④ ③とたがいちがいになるように次の段のリボンを横から通して、1周する。③~④を繰り返して、上までリボンを編みこんでいく。

⑤ 箱のサイズに合わせて、フェルトでふたを作る。前になる部分に切りこみを入れて、リボンを交互に差しこむ。リボンのはじは、折り返して接着剤でとめる。

⑥ ⑤のふたのはじ3㎝を箱の背面にはり、肩かけ用のリボンを付けて完成。

『小学8年生』2019年8-9月号 工作指導・イラスト/石川ゆり子(K&B) 撮影/五十嵐美弥 デザイン/三木健太郎 構成/ARX

 

カテゴリから探す

学年から探す

かかる日数から探す

編集部おすすめ

関連記事