子供服のベストは秋冬のおしゃれにマスト!スクールベストやベビー用、ダウンベストも

通園通学におすすめのキッズ用スクールベストや、かわいいベビーベスト、さらにフォーマルなシーンにおすすめの男の子用ベストまで、子供用ベストを厳選してご紹介します。

おすすめのキッズ用スクールベスト

★選びのポイント
肌寒いときの通園通学に取り入れたいスクールベスト。毎日のように着るものなので自宅で洗えるタイプがうれしいですよね。紺や黒など、学校によっては色指定があるので確認してみてください。

『ASHBERRY(アッシュベリー) スクールVネックベスト』

◆おすすめポイント

お家で洗える!毎日活躍するウォッシャブルタイプのスクールVベスト。ワンポイントなど装飾を一切省いたシンプルなVネックスタイルが人気。ウール30%混なのであたたかさも◎。男女兼用タイプです。制服やジャケットのインに重ね着しても着ぶくれしない!子供服専門アパレルメーカー直販だから実現したお手頃価格も魅力。

『キッズ 欧米風ニットベスト』

◆おすすめポイント

カジュアルなデザインでブラウスや制服とも相性抜群のVネックスクールベスト。コットン100%で軽いケーブル編みがとってもおしゃれ!シンプルなVネックのデザインなので、冬はジャケットにインしてもカッコいいです。制服に合わせてもGOOD!通園、通学やお出かけなど、コーディネートも色々楽しめちゃうカジュアルなアイテム。

可愛い&温かい♪ベビーベスト

★選びのポイント
肌寒い日、自宅で過ごすときや、ちょっとしたお出かけに取り入れたいのがベビーベスト。前ボタンタイプなら首すわり前の赤ちゃんのお着替えも楽々です。少し大きめサイズを選んでおくと1歳すぎまで便利に使えますよ。

『Anna Nicola(アンナニコラ) ミニ裏毛ベビーベスト』

◆おすすめポイント

シンプルな裏毛ベストに木馬のワッペンをつけたオシャレでカワイイ一着。春秋はもちろん、アウターの中に着て冬でも体温調節に大活躍!スナップボタン式でお着替えもラクラクです。内側は肌触りの良いミニ裏毛素材で、季節の変わり目に1枚あると重宝します。

『西松屋 ディズニー ベビープー フリースベスト』

◆おすすめポイント

「ベビープー」のデザインがカワイイ赤ちゃん用フリースベスト。フリース素材なので、温かい&肌ざわりも気持ちいい♪冬場はもちろん、肌寒い時期の羽織りとしても活躍します。

冬場に人気の子供服 ダウンベスト

★選びのポイント
活発なキッズには腕周りが動かしやすいのでダウンベストが大人気! 真冬にはコートの下に重ねて着たりもできるので何かと重宝します。紺や黒などベーシックカラーは洋服を選ばず使えますし、逆に赤やイエローなど効かせ色を選んでもおしゃれ!

『キッズ 裏起毛ダウンベスト 8色展開』

◆おすすめポイント

寒い冬でも暖かく過ごせる子供用ダウンベスト♪お洒落なフロントスナップボタンデザインが◎。着易さと暖かさ、見た目のカジュアル感、全てを兼ね備えています。ベーシックなデザインで、カラーバリエーションも豊富なので、お揃い用としてもGOOD。寒い日々の必需品です。

『TOMMY HILFIGER(トミーヒルフィガー) キッズ リバーシブルベスト』

◆おすすめポイント

季節の変わり目に活躍するダウンベスト。フラッグカラーと無地のリバーシブル仕様でシーンに合わせて使い分けができる優れモノ。軽くて暖かく着脱しやすいので、お出かけ時の準備もスムーズなのが嬉しいポイントです。

フォーマルなシーンにおすすめの男の子用ベスト

★選びのポイント

フォーマルな場所に出るとき、わざわざセットアップやスーツを購入しなくても、いつものシャツ×パンツのコーディネートにベストをプラスするだけでもぐっとおしゃれ感が増します! 合わせやすいネイビー、黒、カーキ、ベージュ、グレーあたりの色がおすすめです。

『Co-land(コーランド) キッズフォーマルベスト』

◆おすすめポイント

お子様のためのお洒落なフォーマルベスト。結婚式、入園式、お祝いなどのフォーマルシーンはもちろん、発表会などのイベントにもどうぞ。可愛いデザインでプレゼントにもピッタリ。ちょっと大人っぽいデザインが男の子らしさをアップします!

『branshes(ブランシェス) ツイル/ヘリンボンベスト』

◆おすすめポイント

「ブランシェス」のツイル/ヘリンボンベスト。結婚式など、フォーマルシーンはもちろん、普段着にもおすすめのベストです。セットアップできっちり着こなすのはもちろん、少しカジュアルダウンさせてシャツとデニムとのスタイリングにも、ベストがあるだけできれいめな印象に仕上がります。

 

ベストは季節の変わり目にも重宝しますよね。コーディネートの幅を広げるベスト、ぜひチェックしてみてください。

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事