ロデオクラウンズワイドボウルのキッズ用10選|パーカー・スウェット・Tシャツのおすすめを厳選

おしゃれなデイリーユースのカジュアルブランドといえば、そう「ロデオクラウンズワイドボウル(RODEO CROWNS WIDE BOWL)」です。

この投稿をInstagramで見る

 

RODEO CROWNS OFFICIAL(@rodeocrowns_official)がシェアした投稿

公式インスタグラムでは、夏のレジャーにも最適なアクティブシリーズも紹介されていて、大人用&子供用どちらも大人気!

元気でハッピーなイメージのアメカジベースのキッズウエアは、普段使いにぴったりのラインナップが揃います。今回は、ロゴ入りパーカーや親子コーデも楽しめるスウェット、可愛いプリントTシャツまで、ロデオクラウンズワイドボウルのおすすめキッズウェアを紹介します。

オシャレで人気のキッズサイズパーカー

 

★ココに注目!

ロデオクラウンのパーカーは、ロゴ使いがかっこいいものや、ポケットのディテールにワンポイントが効いているデザインをに注目。ルーズに見えないおしゃれなシルエットも人気の秘密です。

【1】『ロゴ入り プルオーバーパーカー』

◆おすすめポイント

目を引くキャッチーな色使いが「ロデオクラウンズ」らしい一枚。
レディース・メンズ・キッズのサイズ展開で、親子でのリンクコーデにもおすすめです。

 

【2】『モコモコ フード ラベル パーカー』

◆おすすめポイント

フードにラベルのようなタグが挟んであるシンプルなモコモコフードパーカー。
思わず触りたくなるようなモコモコとした気持ちのいい仕上がりになっています。

 

【3】『サガラ ポケット パーカー』

◆おすすめポイント

胸のサガラポケットがアソートになったデザインパーカー。
バックロゴが大きく入っているインパクトのあるパーカーです。

可愛いデザインで人気♪キッズスウェット

 

★ココに注目!

子どものワードローブに欠かせないスウェットは、主張のあるロゴやブランドのイニシャル使いで遊びを感じさせるデザインがおすすめ。1枚でサマになるおしゃれスウェットに必ず出会えます!

【1】『Empire パッチ スウェット』

◆おすすめポイント

フロントはワンポイントのロゴをシンプルにプリント。バックにはエンブレム風に仕上げたツイル素材のアップリケがインパクトのあるスウェットトップス。

【2】『モコモコ RC ワッペン スウェット』

◆おすすめポイント

モコモコのボアがかわいいチュニック丈のプルオーバー。袖口と裾はリブ使いに。フリース素材のアップリケが存在感を発揮してくれるので、レギンスや、シンプルなボトムとのコーディネートがおススメです。

【3】『RODEO UP BIG スウェット』

◆おすすめポイント

Rの部分はサガラワッペンを使用し、高級感のある仕上がりに。
レディースとキッズサイズで展開しているので、ママとのお揃いコーデも楽しめます。

春夏におすすめのキッズサイズTシャツ

 

★ココに注目!

夏に必ず買い足す子どものTシャツ。何気なく選びがちですが、ここのTシャツは、大人顔負けのおしゃれなロゴTが充実しているので要チェックです。後ろ姿までかっこいいTシャツにも注目。

【1】『グラデーションプリント 半袖Tシャツ』

◆おすすめポイント

特殊なグラデーションプリントを施したビッグTシャツ。一見ドット状のグラデーションプリントですが、手に取るといつもと違う新鮮なプリントデザインです。

 

【2】『The Land 半袖Tシャツ』

◆おすすめポイント

アウトドアライン「THE LAND(ランド)」のTシャツ。シンプルなロゴがキャッチーな1枚です。

 

【3】『CALIF STATE ネオンカラー 半袖Tシャツ』

◆おすすめポイント

コーディネートの主役にぴったりなネオンカラーTシャツ。シンプルながらも大胆なロゴ使いがポイントに。ウォッシュ加工を施したヴィンテージライクな素材感で、定番アイテムにこなれ感とオシャレなニュアンスをプラスしています。

 

【4】『プレイグラウンド 7分丈Tシャツ』

◆おすすめポイント

フロントのメッシュ素材でシースルー感をプラスしたポケットデザインがポイント。バックには「PLAY GROUND」のテーマグラフィックをプリントしたブランドらしいポップなデザインに。

 

ロデオクラウンなら、親子リンクコーデも楽しめる

冒頭のインスタでも紹介しましたが、メンズ、レディース、キッズと揃うのがこのブランドの嬉しいところ。親子でのリンクコーデをさりげなく楽しみたいなら「ロデオクラウンワイドボウル」は要チェックです!

◆ロデオクラウンの公式オンラインストアはこちら

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事