【ニトリ】「暑さ対策」しながら「節電」も!ニトリのひんやりアイテムで今年の夏を乗り切ろう

いよいよ夏本番!エアコンが必須に毎日ですが電気代も気になるところですよね。暑さ対策をしながら節電も実現するためには、生活の中でちょっとした対策をしておくことが大切ですよね。ニトリではそのふたつを同時にかなえる暮らしのアイテムをがたくさん!おすすめのひんやりグッズをご紹介します!

ニトリの大人気“Nクール”で、「暑さ対策×節電」をかなえよう!

Nクールシリーズの2022年モデルは、販売開始からわずか3カ月で 販売個数450万個突破!

▶敷き布団やマットレスに敷いてヒンヤリ!

・敷きパッドNクールWSP(ダブルスーパー) シングル 3990円(税込)

ダブルスーパーは、ニトリ史上一番冷たく、しかもヒンヤリ長持ちナンバーワン。その秘密は、身体の熱を生地内部に吸収し、その熱を逃がす“温度調整機能”をもつ新素材(=PCM加工)を搭載しているから。長時間快適な温度を保ち、暑い夜でもぐっすり眠れます。

【Nクール特集ページはこちらから】

さらに、Nクール寝具には夏に嬉しい6つの機能つき。気になる「ニオイ」にも効果的で、清潔で、安心して使えます。ほかにも、Nクール素材のペットベッドもご用意。大切な家族のわんちゃん、ねこちゃんもヒンヤリ、ゴロゴロ過ごせます。

▶床に敷いてヒンヤリ!

・ウレタン入り洗える接触冷感ラグ Nクール スーパー キカn (130㎝×185㎝)4490円(税込)


ニトリラグのなかで一番ヒンヤリ!Nクールスーパーは、手触りモチモチで、思わずゴロゴロしたくなる踏み心地。今年は多くのユーザーの声から商品を改良し、寝具に加えてラグも大型洗濯機で洗えるように。速乾性にも優れているので、お手入れラクラク。いつも清潔です。

  ニトリの「暑さ×節電」対策は、ほかにも!

▶窓に吊るして遮熱対策!

・レースカーテン エコナチュレ ボーダー 5,083円(税込)※幅100㎝×丈198㎝×2枚入り その他サイズもご用意

室内に入る熱の約7割は、窓等の開口部から入ってくるんです。窓からの熱の侵入を減らし、冷房効率を上げることが節電につながります。「レースカーテンエコナチュレシリーズ」は、太陽から降り注ぐ熱線の25%以上をカット。その分室温の上昇を抑えることができ、紫外線や視線もカットできる優れものです。それらのカット機能を備えながらも、採光機能もあり、部屋が暗くなる心配もありません。室内は明るい、だけどお部屋の涼しさに一役買う、そんな多機能レースカーテンです。
(※お洗濯により効果が落ちることはありません)

▶エアコンとサーキュレーターを一緒に使って、冷房効率アップ!

・3Dサーキュレーター12畳用 5,990円(税込)


エアコンの設定温度を1度あげるだけで、約10%の節電につながると言われています。設定温度の下げすぎが抑えられれば、節電に効果的です。エアコンから出た冷たい風はゆっくりと下のほうにおりてきて、やがて足元に溜まります。前後左右自由自在に動く3Dサーキュレーターを使って、風をお部屋の上までぐるぐる拡散。冷たい空気を循環させれば、お部屋全体がムラなく涼しくなります。

▶冷蔵庫を上手に使って節電!

・重ねても使える冷蔵庫トレー Nブラン   深型399円、浅型299円(税込)
・冷蔵庫棚下収納トレー    Nブラン   999円(税込)各 大サイズもご用意

ご家庭における通年電気使用量の多い機器として、冷蔵庫は約14%を占め、1位と言われています。節電には、開けている時間を少しでも短くするのが効果的。

朝食のヨーグルトやジャム・ドレッシングなどは、まとめて一つの箱に入れてしまえば取り出しも簡単。「重ねても使える冷蔵庫トレー」は、透明で中身が見えるので、探す手間も省けます。「冷蔵庫棚下収納トレー」は、中の食品が取りやすく、整理もできるので、取り出す時間を短縮。省スペースで、冷蔵庫のデッドスペースも無駄なく活用できます。

【節電特集はこちらから】

ニトリのアイテムで快適に過ごそう

熱中症の4~5割は屋内で発生していると言われています。猛暑と言われるこの夏。エアコンも併用しながら、ニトリで上手に「暑さ対策」と「節電」を両立してみませんか。

あなたにはこの記事もおすすめ

【体験談】子どもが熱中症!そのときの症状は?セルフチェックや正しい対処法も
子どもが熱中症に...!そのときの症状は? 実際にお子さんが熱中症になった体験談をお聞きしました。 「気持ち悪い」は要注意! ...
【医師監修】小学生も熱中症に注意! 症状や対処法から予防法、お助けアイテムまで解説
小学生も注意したい熱中症 小学生になると自分でできることが増え、だんだん手がかからなくなります。ですが、気温が上がってくると心配なのが熱中...

↓↓@DIMEでも【FAMILY DIME】の記事をチェック!↓↓

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事