「東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリー®︎ホテル」に予約殺到! その理由をHugKumが潜入調査!

「東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル」は2022年4月5日にオープンした、ディズニー&ピクサー映画『トイ・ストーリー』シリーズの世界が広がるディズニーホテル。外観をはじめエントランス、ロビーなど、さまざまな場所におもちゃの世界を感じられる工夫がいっぱい! その魅力の全貌をレポートします。

エントランスから始まるワクワク感

東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテルは、JR舞浜駅からディズニーリゾートラインに乗って、最寄駅はベイサイドステーション。駅を降りて道路を渡れば、すぐに入り口です。

敷地内に入る前、入り口の左側にあるパーキング入り口の積み木のようなロゴオブジェも可愛いからお見逃しなく!

なんとホテル内はもちろん、ホテルの敷地内も宿泊者しか入ることができないんです!  そう聞くと、どんなホテルなのか期待感がふくらみますよね♪

「トイ・ストーリーホテル」に着いた瞬間から、そこはおもちゃの世界!

スリンキー・ドッグパーク。

入り口で予約していることを告げ、敷地内に入り坂を登っていくと、ブロックで作ったようなカラフルなデザインのホテルをバックに、広場「スリンキー・ドッグパーク」が見えてきます。

まずは約4メートルの巨大なバズ・ライトイヤーやジェシーたちがお出迎えしてくれます。

バズ(写真左)とジェシー(写真右)。

 

カラフルなフロント。

「スリンキー・ドッグパーク」を抜けて、いざホテルの中に入れば、そこにはもう「トイ・ストーリー」シリーズの世界が広がります!

ロビーにあるウェイティングスペース。「トイ・ストーリー」の映像が流れています。

 

”アンディ”の描いたホテルの設計図。

エレベータは2種類。どっちに乗る?

客室階へは2か所あるエレベーターで向かいます。

ウッディとバズ・ライトイヤーが活躍する、おもちゃの世界をテーマにデザイン。しかもエレベーター内では、ウッディとバズ・ライトイヤーの声で、フロアへと案内してくれるんです♪

「バズ」サイドのエレベーターホール。

 

バズのかっこいいボイスがフロアへご案内♪

 

「ウッディ」サイドのエレベーターホール。

 

こちらはウッディボイスでフロアへ案内してくれます。

中庭にも巨大オブジェがズラリ!

360度じっくり見られる巨大オブジェ。左から3匹の羊、ウッディ、ボー・ピープ。

 

中庭「トイフレンズ・スクエア」には「ウッディ」や「ボー・ピープ」、3匹の羊や「ウィージー」などの巨大キャラクター像やおもちゃがいろいろ並んでいて、”映えスポット”だらけ!

1階の中庭には、エイリアンたちと、黄色いクレーンでエイリアンを吊り上げているハムの、愉快なオブジェが!

いよいよ客室へ!

客室フロアの廊下。ウッディ、バズ、レックスの足跡が!

客室フロアの廊下や壁にもキャラクター感が満載! 客室に入る前からワクワクが止まりません〜♪

トイ・ストーリーの仲間たちでいっぱいの壁。ルームナンバーも大きくてカラフル。

 

スタンダードルーム。定員大人4名の部屋。

客室は「スタンダードルーム」(575室)と「スーペリアルーム」(20室)の合わせて595室。部屋の位置によって窓からの景色は違いますが、スタンダードルームのデザインは基本同じです。

客室デザインは映画「トイ・ストーリー」シリーズの第1作に登場するアンディの部屋をイメージ。

青い空と白い雲の壁紙や、壁に掛けられたミッキーマウスの大きな腕時計など、おもちゃを思わせる備品や調度品が置かれています。映画を観て予習していけば、さらに楽しめますよ!

収納型のプルダウンベッドを開くとサイドにはかわいいイラストが♪

「スタンダードルーム」は定員が大人3人用と4人用があります。レギュラーベッド2台は小学生以下のお子さんの添い寝がOKなので、親子で3人用なら最大5人、4人用なら最大6人泊まれます。

料金は人数ではなく部屋ごとになるので、お子さんが小さいうちはおトクかも!

洗面所には子ども用踏み台を常設。

当日、おむつ袋や子ども用スリッパ、子ども用歯ブラシなども頼めたりと、子連れの宿泊者には優しいサービスが多いのもうれしいポイントです。

気になるアメニティは?

さりげないバズ仕様のデザインがかわいすぎるルームウェアは、子ども用だけでなく大人用も!

子ども用のパジャマはタオル素材、大人用のパジャマはワッフル素材と微妙に違います。ただし販売はしていないとのこと。う〜ん残念!

ルームスリッパは、大人用はウッディ、子ども用はエイリアンのイラスト。実はこちら、ちょっとした注目ポイントがあるのですがそれはぜひ、泊まって確かめてくださいね。

歯ブラシやブラシのパッケージにも手描き風イラスト♪

レストランはどんなキャラクターがいるの?

左のいちごマークがチケットの販売機。

ホテル内にあるレストランは、2階にある約300席の「ロッツォ・ガーデンカフェ」。

レストラン入り口にある食券を購入して利用します。こちらももちろん、利用できるのは宿泊者のみ。

※「ロッツォ・ガーデンカフェ」は、プライオリティ・シーティング(レストランの優先案内の受付)の対象店舗です。プライオリティ・シーティングを申し込み、滞在中に店頭の券売機にて食券を購入します。

天井の大きな虹が目を引く内装です。

店内は映画「トイ・ストーリー3」に登場するピンクのくまのぬいぐるみ「ロッツォ」をモチーフにしており、窓からは海が見渡せて、とても気持ちのいいロケーションです。

食事はランチはなく、朝食と夕食を提供。ブッフェスタイルなのでファミリーで気楽に楽しめます。映画「トイ・ストーリー」シリーズに登場するキャラクターをイメージしたメニューも!

こんなところにも注目して!

案内表示板や壁面イラスト

建物やホテル内など、いたるところにアンディが描いたイラストや文字などがいっぱい!  ぜひ細かいところもじっくり見て楽しんでください。

東京ディズニーリゾート初の「モデレートタイプ」ホテルって?

東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテルは、東京ディズニーリゾートでは初となる「モデレートタイプ」のホテルです。

上質な空間で優雅なリゾートステイが味わえる「デラックスタイプ」と、快適な空間でシンプルなリゾートステイを楽しめる手ごろな価格の「バリュータイプ」の中間となる位置付け。サービスが簡素化されている部分も多いですが、うれしいのは、そのぶん宿泊料金がリーズナブルになっているところなんです。

トイ・ストーリーマニアはもちろん、ファミリーにも楽しめるポイントがいっぱいの「トイ・ストーリーホテル」。ぜひ1度は泊まってみる価値アリのホテルです。

<東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーRホテル>

所在地/千葉県浦安市舞浜1-47
アクセス/ディズニーリゾートライン「ベイサイドステーション」駅より徒歩1分
構造/地上11階、地下1階(客室595室、レストラン1店舗)
駐車場/400台

▼公式サイト
https://www.tokyodisneyresort.jp/hotel/tsh.html

▼宿泊予約・宿泊に伴うレストランの申し込み/東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイト
reserve.tokyodisneyresort.jp

©Disney/Pixar TINKERTOY is a trademark of Hasbro and is used with permission. © 2021 Hasbro. All Rights Reserved. Licensed by Hasbro.  Slinky ® Dog © Just Play LLC SCRABBLE is a registered trademark of Mattel, Inc.  Trademark and game tiles used with permission. © Mattel, Inc. All Rights Reserved.  © 2021 and ® Spin Master, Ltd. All Rights Reserved  MR. POTATO HEAD® and MRS. POTATO HEAD® are registered trademarks of Hasbro, Inc. Used with permission. © Hasbro, Inc. All RightsReserved.  Barrel of Monkeys © 2021 and ® Hasbro, Inc. All Rights Reserved    LINCOLN LOGSis a trademark of Hasbro and is used with permission. © 2021 Hasbro. All Rights Reserved. Licensed by Hasbro.

取材・文/苗代みほ 撮影/尾和可奈子(一部を除く)
協力/『めばえ』編集部

発売中|税込920円

めばえ12月号のふろくは、「パウ・パトロール  キラピカ  ジュースはんばいき」。ボディがピカピカ光るパウ・パトロールの自動販売機です。コインを入れてボタンを押すと、選んだジュースがコロンと出てきます♪  

編集部おすすめ

関連記事