小学生の塾はいつから通い始める?必要性は?気になる費用や塾選びで重視することを調査!

小学生が塾に通う必要性は?

子どもが小学生になり、勉強が始まると、ふと塾に行った方がいいのかしら?と思うことはないでしょうか。勉強についていけてないような場合や、中学受験を考えている場合など考える理由もいろいろ、また6年間もあるので、いつから行くのかということも悩むポイントですよね。HugKum読者のママ・パパにリサーチしてみました。

小学生に塾が必要と思う親は約3割

Q:小学生に塾は必要だと思いますか?

塾が必要だと考える人は約30%。ただ、どちらともいえないと答えた人が55%にものぼり、まだまだ悩んでいる最中、という人も多いようです。

『必要』と考える理由

必要、と答えた人にその理由を聞いてみたところ、さまざまな理由が挙がってきました。

・中学受験に備えて

中学受験を考えている人は、なるべく早めに塾に入った方がいいのではと思うようです。

「早めから受験対策」(40代・岐阜県・子ども2人)
「中学受験のためには必須だと思うから」(30代・埼玉県・子ども1人)
「中学でつまづかないため」(40代・大阪府・子ども2人)

・学校で習う以上に向上したい

学校の勉強だけでは物足りないと考える人も多数。公立小学校であれば、全員が同じレベルで勉強を進めていくので、もっと伸ばしたい!と思うこともあるのかもしれませんね。

「勉強する時間を確保し、先行していく」(50代・東京都・子ども3人)
「学校以上の学力」(40代・埼玉県・子ども1人)
「学力向上につながるから」(40代・鳥取県・子ども2人)

・授業についていくため

授業についていけないという場合には、家庭学習だけではなく、プロに任せたいという人が多いようです。授業がわからなくなると学校がつまらなくなってしまうこともあるので、早めに手を打ちたいですね。

「補完は大事だから」(30代・千葉県・子ども2人)
「学校の授業についていくため」(40代・徳島県・子ども1人)
「成績が悪いから」(40代・東京都・子ども2人)
「勉強についていけないから」(30代・岡山県・子ども1人)

・学校や家庭の勉強だけでは少ないと感じる

学校の授業だけでは足りない、と考えている人も多いですね。伸ばせるなら伸ばしてあげたい、という気持ちになるのかもしれません。
「学校の授業だけでは足りない。塾で伸ばすことが必要」(30代・三重県・子ども2人)
「学校の授業だけでは全ての単元をこなせていない」(40代・静岡県・子ども2人)
「自宅学習には限界があるから」(40代・神奈川県・子ども2人)
「塾でカバーするのは学力向上になるし、新たな友人もできると思うから」(40代・東京都・子ども2人)
「学校だけでは中・高・大学と続いていく教育の基盤を確実にするのには不十分」(50代・茨城県・子ども1人)

・子供が学びたいなら必要

子どもに意欲があるのであれば、さらに学べる場が必要になるので、塾を選択するという回答もありました。
「学校教育以外の学びの場もあってしかるべきと思うから」(30代・高知県・子ども1人)
「学びたい意欲が強い子には必要な施設だと思う」(40代・愛媛県・子ども1人)

・子どもの将来のことを考えて

まだ、何をしたいかも見えない時期だからこそ、将来の選択肢を増やしておきたい、という人も多いようです。

「きちんとした教育を受けさせることは将来のためにも必要だと考えているから」(30代・広島県・子ども3人)
「はぐくむ力がつく」(40代・徳島県・子ども1人)

『必要ではない』と考える理由

一方で、小学生に塾は必要ない、と考える人たちの回答も聞いてみました。

・受験しないのであれば必要ない

小学生の塾は受験対策、という意味合いも大きいため、受験をしないなら必要ないという声もあります。
「中学受験をしないのであれば、特段必要には思えない」(30代・北海道・子ども2人)

・親が見れるので必要ない

小学校程度の勉強であれば、親が自分で見れると考える人も。時間に余裕があればこそ、かもしれません。
「家庭での勉強(親が見るなど)で対応できる内容な為」(30代・大阪府・子ども1人)
「家の場合は自分で教えるので必要ないと思う」(30代・神奈川県・子ども1人)

・学校の授業で間に合っている

スポーツなどの運動能力など、学力以外の部分を伸ばしたい場合は、学校の授業を受けていれば十分だという声も。

「学校の勉強で十分だと思う」(40代・東京都・子ども3人)
「自分で勉強できるレベルだから」(40代・千葉県・子ども2人)

・勉強以外のことも学んでほしい

わりと多くの声が挙がったのは、遊ぶことも必要という声。確かに、何も考えずに遊び回れるのは小学生くらいなのかもしれません。
「遊ぶことが学びだから」(40代・東京都・子ども2人)
「勉強ばかりでなく仲間と遊ぶ事が必要な時期だから」(40代・埼玉県・子ども2人)
「自分で考えることが重要な時期だから」(40代・神奈川県・子ども6人以上)

小学生の塾はいつから通い始める?

 

Q:お子様が塾に通い始めたのは何歳のときですか?

 

すでに塾に通っているお子さんが、いつから通い出したのか聞いたところ、最多は4年生で、その次が3年生という結果に。受験対策の授業が始まる時期でもあるので、中学受験を考えてという人が多いようですね。他の学年はまんべんなくいるので、その時々の学力に応じて選んでいるということが分かります。

塾にかかる費用はどれくらい?

Q:塾にかかる月々の月謝はいくらですか?

塾にかかる費用を聞いたところ、半数が15000円以内という回答。でも、10%は30000円以上と答えているので、目的によって大きく変わるようですね。

小学生の塾選びで重視することは?

塾の選び方は、長いおつきあいになるのと、子どもの勉強環境を左右するので、しっかり検討したいですよね。

家から近く、通いやすいか

まだ小学生なので、なるべく家から近い、通いやすいところと考える人が多いよう。

「家から近いところ」(50代・兵庫県・子ども2人)
「利便性、雰囲気」(40代・東京都・子ども1人)
「家から近いこと」(50代・埼玉県・子ども2人)

講師の人柄や、教え方を重視する

塾選びのいちばんの要となるのがこちらの回答。間違えると塾に行かせる意味がなくなりそうなので、よく見て選びたいですね。

「講師が子供の学習意欲を掻き立てることが出来る人か」(40代・愛媛県・子ども1人)
「先生の人柄」(40代・福井県・子ども2人)
「丁寧な指導」(40代・徳島県・子ども1人)
「個人に見合ったスピードで教えてくれるか」(30代・東京都・子ども1人)

子供との相性で決める

子どものモチベーションを保ち続けるためには、大きなポイントですよね。
「本人が意欲的に通えるか」(40代・東京都・子ども2人)
「子供との相性」(40代・埼玉県・子ども1人)
「子供が楽しめるかどうか。通学しやすいかどうか」(30代・埼玉県・子ども1人)

授業内容・カリキュラムや実績で検討する

受験対策を考えている人はカリキュラムや、特に実績は欠かせない判断材料ですね。

「授業の質が高いか」(40代・神奈川県・子ども2人)
「中学入試に十分対応できるだけのカリキュラムを組んでいること」(50代・茨城県・子ども1人)
「カリキュラム、実績」(40代・福岡県・子ども3人)

進学・受験対策をしているか

受験対策をしているかどうかは、受験派には必須ポイントだし、受験しない子どもには特に必要ない内容になりますよね。

「受験」(30代・千葉県・子ども2人)
「進学できること」(30代・佐賀県・子ども3人)

月謝が見合っているか

何年か通うことになるので、費用もしっかり考えたいですね。
「月謝」(40代・長野県・子ども1人)
「コスト」(30代・青森県・子ども1人)

個別教室かどうか

個別教室を希望する声も。学校の授業のフォローアップであれば、個別にしっかり指導してくれるのが安心ですよね。
「個別」(40代・大阪府・子ども2人)
「個別で徹底的に苦手をつくらせない」(40代・大阪府・子ども2人)

子どもと話し合い納得して決めるのが大事

塾に通わせたい理由はさまざまでしたが、塾で学力UPできるかどうかは、子どものモチベーションが第一ですよね。数年にわたって通うものだし、塾の形態もさまざまなので、親の希望だけでなく、子どもの希望も聞きながら納得して決めたいですね。

小学生に塾は必要?周りが塾に行く理由や、塾の種類・選び方を知って不安を解消
小学生は学年が上がるごとに勉強が難しくなってきます。我が子をそろそろ塾に通わせたほうがいいのかしら…とお考えの親御さんに、今回は小学生の塾事...

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事