秋冬の子ども服の定番・トレーナーを厳選|キャラ系からおしゃれ系まで

秋冬の子ども服の定番・トレーナーは、何枚あっても重宝するアイテムですね。オシャレなキッズに人気のパーカーや、男の子用のブランドのトレーナー、女の子が大好きなディズニースのウェットなど、子ども用の人気アイテムを厳選して紹介します!

おしゃれで人気!子ども用パーカー

★パーカーはここが優秀

プルオーバータイプのフード付きパーカーは、一枚でコーディネートがサマになるアイテム。フードのボリューム感で、スタイルも良く見えて小顔効果も期待できます。首まわりの温かさもバッチリだから、秋冬コーディネートの核になるはず!

【1】『UnitedAthle(ユナイテッドアスレ) プルオーバーパーカー』

◆おすすめポイント

1930年創業のアパレルメーカー「United Athle(ユナイテッドアスレ)」の裏パイルプルオーバーパーカー。スマートに着こなせる、すっきりとしたシルエット。フード部分が二重になって、存在感が一気にアップしました。豊富なカラーバリエーションもポイント。

 

 

【2】『Champion(チャンピオン) プルオーバーパーカー』

◆おすすめポイント

いつの時代にも品質にこだわり、より良いものづくりに挑戦し続けてきた「チャンピオン」。
シンプルなロゴパーカーは性別を選ばず人気のおしゃれアイテム。コットン100%の風合いは経年変化も楽しめます。

 

 

【3】『BABYDOLL(ベビードール) ディズニー 目かくしキャラクターパーカー』

◆おすすめポイント

目隠しポーズがかわいいミニーのフードパーカー。バックにはインパクト満点の王冠ロゴをプリント。カラフルなカラー展開で、親子や姉妹でのリンクコーデにもおすすめ!

 

 

カジュアルスタイルにおすすめ!男の子用トレーナー

 

★選びのポイント

春夏のTシャツ感覚でサラッと切られるスウェット素材のトレーナー。スポーツブランドのロゴがさりげなく入ったデザインが、キッズには人気です。グレーなどコーディネートしやすい定番色と、一枚で主役級の派手色の両方をうまく使い分けよう。

【1】『Champion(チャンピオン) クルーネックスウェット』

◆おすすめポイント

シンプルでベーシックなデザインが、年代を問わず長年愛され続けるチャンピオン。キッズサイズのプレーンな無地クルースウェットは、男女問わず人気のアイテムです。厚手すぎない裏毛(パイル)仕様のスウェット素材は、柔らかくサラッとした生地感で着心地抜群。

 

 

【2】『PUMA(プーマ) カジュアルトレーナー』

◆おすすめポイント

人気ブランド「PUMA(プーマ)」のボーイズ トレーナー。
裏起毛素材を使用したクルースウェット。身生地にPUMA契約チームからインスピレーションを得たトーナルのボーダーをプリント。鮮やかな発色が魅力のスポーツトレーナーです。

 

 

【3】『EDWIN(エドウィン) 裏毛トレーナー』

◆おすすめポイント

「EDWIN(エドウィン)」のブロックロゴがクールなトレーナー。
表面が杢調になっていてオシャレ!お子様のアメカジコーデにおすすめのクルーネックスウェットです。

 

 

可愛くて人気♪女の子用トレーナー

 

★選びのポイント

女の子用のトレーナーは、アイテム自体がスポーティ。細身パンツと合わせてボーイッシュに着る以外にも、ふんわりスカートと合わせて、かわいく着るのもおすすめです。白やグレーなど、優しい色合いのトレーナーは着回し力も高くて◎。

【1】『adidas(アディダス) ロゴトレーナー』

◆おすすめポイント

人気ブランド「adidas(アディダス)」の女の子用トレーニングトレーナー。シンプルデザインで、ジーンズやスカートなど、どんなスタイルにも合わせやすいスウェット。ロゴがピンクというのも、女の子にツボな配色です。

 

 

【2】『ディズニー プーさん 刺繍トレーナー』

◆おすすめポイント

プリントと刺繍の組み合わせがシンプルかわいいトレーナー。
ミルクのようなあたたかみのあるオフホワイトと、ミルクティーのようなやさしいベージュの2色展開。ギャザーを入れた裾&ドロップショルダーのゆったりシルエットで、かわいく着られます。本体は肌にやさしい綿100%素材です。

 

 

【3】『ミニオン トレーナー』

◆おすすめポイント

とっても肌触りのいいトレーナー。
人気のミニオンの存在感が抜群なので、ボトムはシンプルなパンツやデニムスカートでシンプルに。スッキリした丸い襟で、長袖Tシャツ感覚で着られるフィット感です。

毎日活躍するパーカー&トレーナーは必需品!

いざ寒くなってから慌てて買いに走ることも多いトレーナー。秋冬の着回しに欠かせないアイテムだから、しっかりチェックして早めに購入しておきましょう。

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事