子供用マフラーのおすすめはコレ!ネックウォーマーや手編みキット(編み方付き)など人気アイテムを厳選

首を温めると寒さを感じにくくなり体の保温につながると言われています。子供は風の子、なんて言いますが、子供の体調管理のためにも、マフラーはおすすめのアイテムです。今回は、子供用マフラーの人気アイテムをリサーチ。おしゃれで人気のネックウォーマーや、手作り用に便利な手編みマフラーキット(編み方説明書付き)、子供の防寒用にぴったりなマフラーまで、おすすめの子供用マフラーを厳選してご紹介します!

人気の子供用ネックウォーマー

★選びのポイント

すっぽりと頭からかぶるタイプのネックウォーマーは、首からほどけたり落とす心配がありません。保温力の高いフリース素材がおすすめです。

【1】『ミズノ(MIZUNO) ジュニア ネックウォーマー』

◆おすすめポイント

スポーツメーカー「MIZUNO」のジュニア ネックウォーマー。シンプルなデザインで、スポーツ用だけでなく、通学にもおすすめ!

【2】『プーマ(PUMA) フリースネックウォーマー』

◆おすすめポイント

内外で配色の異なるジュニアサイズのリバーシブルフリースネックウォーマーです。外側内側ともにメーカーロゴの刺繍入り。リバーシブル仕様で、2通りのデザインを楽しめるのもポイント。伸縮性のある素材感で、着脱もスムーズです。

 

【3】『ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ネックウォーマー』

◆おすすめポイント

コーディネートのアクセントになるチェック柄のフリースネックゲイター。
ストレッチ性の高いマイクロフリース生地は肌触りがよく、寒さから首元を守ります。裾のロゴ刺繍がデザインのアクセントに。

 

【4】『チャムス(CHUMS) ネックウォーマー』

◆おすすめポイント

柔らかくてふわふわな肌触りのエルモフリースのネックウォーマー。エルモフリースは毛足が長く、もこもこが最高に気持ち良い人気のシリーズ。軽くて柔らかな肌触りで、長時間の着用でもノンストレス。首元がもたつかず、コートやジャケットともスッキリと合わせられます。ブービーバードロゴの刺繍がワンポイント。ユニセックスで使いやすく、プレゼントにもおすすめです。

子供用手編みマフラーキット(編み方付き)

★選びのポイント

手作りマフラーのキットは、毛糸の太いものを選ぶと初心者には編みやすくおすすめです。またボタンなどのディテールやマフラーの模様もキットによって違うので、キット選びの段階でよく確認してから購入しましょう。

【1】『わんぱくデニスのキッズマフラーキット』

◆おすすめポイント

子ども用手編みマフラーの材料セットです。並太毛糸だからとっても編みやすいタイプで、初心者の方にもおすすめです。選べるカラーは全20色。オリジナルレシピ(編み方図)付き。

【2】『お花模様の小さめマフラー 手編みキット』

◆おすすめポイント

お花の編み込みと配色が可愛いお花模様のマフラーのニットキット(手編みキット)。編み針、無料編み図付きです。温かみのあるカラーリングのニコットスイートコティなのでお好きな配色で作れます。

おすすめの子供用マフラー

 

★選びのポイント

オーソドックスな子供用マフラーは、顔まわりを明るく見せる白や赤がとくにおすすめ。冬のコーディネートを元気にしてくれます。首回りが窮屈だと子供はマフラーを嫌がるので、ボリュームが出過ぎない小ぶりなタイプを選びましょう。

【1】『ミキハウス ホットビスケッツ(MIKIHOUSE HOT BISCUITS) マフラー』

◆おすすめポイント

お顔のミニワッペンにぼん天が付いたマフラーです。素材はシープボアでふわふわの気持ちいい手触り。優しい肌触りでお子さまを寒さから守ってくれます。裏にはマフラー留めも付いて、ずれにくく安心。

 

【2】『ミキハウス(MIKIHOUSE) マフラー』

◆おすすめポイント

ケーブル模様が編みこまれマフラーです。オシャレな「MIKIHOUSE」のタグ付き。裾はリブ編みになったシンプルなデザイン。裏側にはマフラーを留めるループ付きです。

マフラーは身体も温めてくれておしゃれ度もアップ

冬の首元、スカスカとしていると寒いうえに、どこかコーディネートも寂しげな印象に…。大人同様、普段の洋服にさっとマフラーを巻けば、子供のスタイリングもぐっと季節感が出て、おしゃれに見えるはずです。もちろん、寒さも防げるので、マフラーは本当に一石二鳥の冬小物なんです。お気に入りのマフラーで、快適におしゃれを楽しみましょう。
文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事