【子育てマンガ】思わずクスッ♡子どものキュートな言い間違い&謎発言エピソードまとめ

アンパンマンを「アンマンマン」と言ったり、トウモロコシが「トウモコロシ」になっちゃったり…。子どものかわいい言い間違えに胸キュンした経験ありませんか?HugKumの大人気子育てコミックエッセイの中から、思わずクスッとしちゃう「言い間違え」エピソードを厳選してお届けします!

子どもの言い間違いって、なんてかわいいんでしょう♡

小学館の幼児誌『幼稚園』7・8号の読者550人に「お子さんを特にかわいいと思うのはどんなところ・どんなときですか」とアンケートで調査したところ、第5位にランクインしたのも子どもの話し方でした。

たどたどしさの抜けない話し方や、ちょっとした言い間違いなど、子どもの話し方からもかわいらしさを感じるママ・パパが大勢!一生懸命に伝えようとする健気さも、かわいらしさを感じる理由かもしれませんね。

我が子をかわいい♡と思うのはどんなとき? ママ・パパ550人の回答にほっこり♪【HugKumなんでも調査団「幼稚園」編】
身体も心も成長めざましい3〜5歳児。まだまだ子育てに手がかかる時期ですが、子どもの発する言葉やちょっとした行動に、おもわず我が子を「...

今回はそんな我が子のかわいい言い間違いを取り上げた漫画を人気連載「ひよっこずぼらママ」まとめてみました!思わずクスッとして癒されてくださいね♡

オシャレな覚え間違え

色々な単語を覚えようとがんばっている長女・逸材。
中には覚えにくい単語があるようで、覚え間違えをしているものも少なくありません。
その覚え間違えがなかなかユニークで…。

たどたどしい話し方や単語の覚え間違えが可愛くて、成長とともにスムーズに話せるようになるのが嬉しい反面、少し寂しくもあります(笑)

編集部おすすめ

関連記事