こどもの日の食育レシピ3選|端午の節句の由来は?簡単パン、お菓子の「食べられる鯉のぼり」を親子で作ろう!

こどもの日といえば、兜に鯉のぼり、かしわ餅や菖蒲湯など、子どもの成長を喜び祝う伝統的な習慣がありますね。鯉のぼりは、江戸時代に始まった風習で、男児の出世と健康を願う意味が込められているそうです。最近では、大きな鯉のぼりを自宅で飾るのは大変、というご家庭も多いのではないでしょうか。それならば、お子さんと気軽においしく「食べられる鯉のぼり」を作ってみてはいかがでしょうか。

今回は、子どもの脳や免疫力を育てるレシピが人気の管理栄養士・小山浩子さんの2冊の著書から、かわいくて栄養も抜群のお魚モチーフのレシピを3つご紹介します。

こどもの日(端午の節句)の由来は?

端午の節句は、もともと「旧暦五月(午の月)の最初の午の日」にするものでした。しかし、最初の午の日は年によって変わりますから、みんなでお祝いをするには少し分かりにくいですよね。そこで、毎年変わらぬよう分かりやすく5月5日に祝うようになったとされています。

古来中国では、5月は悪い月とされており、厄払いの行事が行われてきました。もともとは、女性の厄落としが目的だったそうです。その行事では、強い香りに邪を払う力があると信じられてきた菖蒲(しょうぶ)がよく使われていました。それが日本に伝わって、菖蒲=「尚武」(武芸を重んじること)や「勝負」との連想から、おもに男の子の成長をお祝いする日となったのです。

5月5日が「こどもの日」に制定され、国民の祝日になったのは今から70年前の1948年のこと。もちろん法律では「男女の区別なくすべてのこどもを対象にする」日とされています。

なぜ、かしわもちを食べるの?

かしわもちを食べるのは、日本独自の風習です。 かしわの葉は新しい芽が出るまで落ちないことから、「家系が絶えない、子孫が栄える」という願いが込められているのです。かしわもちと並んで「ちまき」もこどもの日の食べ物として有名ですが、中国では5月5日にちまきを食べる習慣があり、それが伝わったものと考えられます。

こいのぼりを飾る、菖蒲湯につかる……といった、昔からの風習とともに、子どもたちの成長を祈ってかしわもちを楽しみましょう!

かしわもちの作り方(工場見学)はこちら

こどもの日の定番!「かしわもち」の作り方は?食べる理由は?工場見学レポート
こどもの日といえば「かしわもち」。かしわもちができるまでを工場見学しました! 5月5日はこどもの日。こどもの日のお菓子としておなじみの「かし...

【こどもの日レシピ1】見た目も栄養バランスも◎!お魚型パイ

お休みの日に子どもと一緒に作りたい簡単パイ。朝ごはんに親子で作って、特別な朝のひとときを過ごすのもいいですね。

育脳POINTはサンマのDHA

おつまみでおなじみのさんまの蒲焼き缶が、DHAたっぷりの育脳メニューに大変身! ミックスベジタブルを一緒に入れるので、ビタミンも同時に摂取できます。また味つけ不要というのも手軽に作れるポイント。オレンジヨ
ーグルトジュースを添えれば、血糖値の上昇を抑えられる低GI効果も。

◆材料

作りやすい分量・4人分

冷凍パイシート…2枚

(1枚18㎝×18㎝のもの)

さんま蒲焼き(缶詰)…2缶

ミックスベジタブル…適量

卵…1個

白ごま…適量

◆作り方

1. パイシートは解凍し、キッチンばさみで1枚を4等分の正方形に切る。

2. パイシートにさんま、ミックスベジタブルをのせて包み魚の形にととのえる。

3. しっぽの生地を少しとって目にする。

4. クッキングシートを敷いた天板に並べ溶き卵を全体に塗ってごまをふり、トースターで10~15分焼く(うっすらこげ目がついてきたら、アルミホイルをかぶせる)。

※オーブンを使う場合は、210℃で15分。

【オレンジヨーグルトジュース】

◆材料

1人分

ヨーグルト…100g

オレンジジュース…150㎖

◆作り方

グラスにヨーグルト、オレンジジュースの順に入れ、かき混ぜながら飲む。

 

【こどもの日レシピ2】ミートソース&チーズのおさかなパン

市販のミートソースに大豆と豚ひき肉をプラス。チーズも添えてタンパク質たっぷりに!

賢いストックで栄養アップ

今回使用した大豆をはじめ豆類は良質なタンパク源です。大豆や豆類のドライパックをストックしておくと、サッとタンパク質を補給したいときに便利です。

◆材料(4人分)

A

ミートソース(市販品)…290g

豚ひき肉…200g

大豆(蒸したものか水煮)…60g

※お好みの豆でも可。

 

ドッグパン…4本

※横半分に切る

スライスチーズ…4枚

※正方形に4等分にし、さらに半分の長方形に切る

グリーンピース…8粒

マヨネーズ…適量

◆作り方

1. 鍋にAを合わせて中火で10分ほど、水分がとび、とろみがつくまで煮る。

2. パンの表面に1を塗り、切ったチーズをのせる。マヨネーズをのりにしてグリーンピースの目をつけ、オーブントースターでチーズが溶けるまで焼く。

 

【こどもの日レシピ3】こいのぼりパン!発酵不要の手軽さが嬉しい!

こねずに混ぜるだけでOK! 粘土遊び感覚で子どもと一緒に好きな形にしてみましょう。

ひと手間で美味しく栄養も豊富に

ヨーグルトを生地に加えることでタンパク質が豊富に。焼き上がりをしっとりさせる効果もあります。

◆材料(4人分・12個)

A

強力粉…500g

ベーキングパウダー…大さじ1

プレーンヨーグルト…350g

 

B

砂糖…75g

サラダ油…100g

 

【トッピング】

ミニトマト…適量 ※輪切り

ソーセージ…適量 ※輪切り

粒コーン(缶)…適量

※水分をきっておく

マヨネーズ…適量

 

◆作り方

1. ボウルにABをそれぞれ合わせておく。

2. BAをふるいながら加えて、しっとりするまで箸で混ぜる。

3. 2を12等分にしだ円形にする。キッチンばさみで尾の部分を切り取り、丸めて目にする。背中の部分にマヨネーズを塗りトッピングをそれぞれ散らし、こいのぼりのウロコを作る。

4. 180℃に予熱しておいたオーブンで20~25分焼く。

小山浩子先生

教えてくれたのは

小山浩子(こやまひろこ)先生

管理栄養士・料理家。大手食品メーカーを経て、2003年に独立。料 理教室の講師やコーディネート、メニュー開発、栄養コラム執筆など幅広く活動。育脳から認知症予防まで、あらゆる視点で食のアドバイスを行っている。これ まで指導した生徒は5万人以上に及ぶ。『目からウロコのおいしい減塩乳和食』(主婦の友社)で、2014年グルマン世界料理本大賞イノベイティブ部門で世 界第2位を受賞。『子どもの脳は「朝ごはん」で決まる!』『「健康おやつ」で子どもに免疫力を育む!』『かしこい子どもに育つ!育脳離乳食』(小学館)など著書多数。<公式HP>

 

子どもの脳は、「朝ごはん」で決まる!

本体1000円+税(小学館)

 

 

「健康おやつ」で子どもに免疫力を育む!

本体1100円+税(小学館)

編集部おすすめ

関連記事