聞けば納得・・・騒ぐ子どもに「うるさい!」と言ってはいけない理由【井桁容子先生監修/口グセ言い換えノート】

「もう少し小さい声でお話しして。
耳が痛くなっちゃうよ」    がOK!

その口グセが、子どもの口グセにもなることを自覚して

「うるさい!」といわれて育った子は、お友達にも同じ言葉をいうようになります。電車の中など、公共の場でも口に出してしまうかもしれません。

私は、大きな声を出し続けている子に対しては、「耳が痛いですよー」と伝えて、子どもにいってほしくない言葉は、自分でもいわないように気をつけています。
子どもがふだん使っている言葉のなかに、自分がふだんいっている言葉がないか、ときどきチェックしてみましょう。

記事監修

乳幼児教育保育実践研究家、非営利団体コドモノミカタ代表理事。
井桁容子先生

乳幼児教育保育実践研究家、非営利団体コドモノミカタ代表理事。東京家政大学短期大学部保育科を卒業。東京家政大学ナースリールーム主任、東京家政大学・同短期大学部非常勤講師を42年務める。著書に「保育でつむぐ 子どもと親のいい関係」(小学館)など。

『イライラをぶつけない ママの口グセ言い換えBOOK』edu別冊ふろく
取材・文/井尾淳子、齋藤美和 編集/井尾淳子 再構成/HugKum編集部

【井桁容子先生監修/口グセ言い換えノート】バックナンバ一覧
子育て中のパパママは家事に育児に仕事にフル回転。そんなめいっぱいの精神状態の日々で、子どものあんな言葉やこんな態度に、つい口グセとな...

編集部おすすめ

関連記事