自由研究のテーマは本から探そう!実験・観察・工作・調べ学習のネタ探しにおすすめの本から、一冊で自由研究が完成する本まで

小学生の夏休みの自由研究、「何をテーマにすればいいかわからない、迷ってしまう…」というお子さんやママパパも安心してください。いろいろな自由研究のテーマがたくさん載っている本を参考にしてみましょう。好きな分野があるお子さんには、その分野を扱った本、分野を決めかねているお子さんには、オールラウンドな本、また、一冊で自由研究が完成する本もあります。

ここでは、自由研究のテーマを本から見つけるメリットや、自由研究のネタ探しに役立つ本を、実験・観察・工作・調べ学習研究に分けてご紹介しています。

自由研究のテーマを本から見つけるメリット

自由研究のテーマを本から見つけるメリットには、どのようなものがあるのでしょうか? こちらでは、本から自由研究のテーマを探す利点をご紹介します。

テーマのクオリティが高い、見やすい

本には、たくさんの研究テーマが載っています。まず大まかに「実験研究」「観察研究」「工作研究」「調べ学習」の中から、どの自由研究に取り組むかを決め、本を探してみてください。

インターネットにも自由研究のテーマは数多く紹介されています。数だけでいうと、むしろインターネットの方が多いのかもしれません。しかし、有料の本のほうが、人と被らないテーマや興味深いネタが惜しみなく掲載されています。

また、手に取れる本のほうが、すぐに必要なページを開くことができるので、本を見ながら実験や観察を進めることができ、自由研究には便利なことも。研究の途中に、わからないこと、確認したいことが出てきても、本ならすぐに見ることができます。スマホやタブレット、パソコンは、マシンを起動しなければならず、かえって手間がかかってしまうかもしれません。

手順や結果予測まで書いてあるので参考にしやすい

本は、研究の手順(進め方)や必要な材料、予想される結果まで詳しく書いてあります。インターネットにもいろいろな情報が載っていますが、本は情報が整理され、見せ方も工夫されているので、見やすく、読みやすいのは前述の通りです。

また、本にして出版するまでには、著者だけでなく、多くの人が情報に目を通してチェックをしているので、書いてある内容は正確でしょう。実験時の危険性なども検証されており、注意書きもきちんとされているため、安全性の面でも、有料の本からテーマを探すのがおすすめです。

本の通りに進めると自由研究が完成するものも

本は、自由研究のテーマの参考にするだけでなく、本に直接書き込んでいったり、本に付属しているノートに記録していくだけで、自由研究が完成するものもあります。1冊で、テーマ決めから自由研究の実施、提出資料までが完成してしまう本は、お子さんのみならず、ママパパにも人気です。しかし、学校によっては、それらの本で自由研究を行うことを好まない場合もあるかもしれません。事前に確認してから利用しましょう。

自由研究のテーマ探し、研究の参考に、実際の自由研究に、ぜひ本を使いこなしてみてください!

自由研究のテーマを本から見つけるメリット
本には自由研究のヒントがたくさん。

本から「実験研究」の自由研究テーマを探す

実験研究はテーマはもちろん、実験の準備、進め方が重要になります。本を見ながら進めると確実に実験を進めることができます。

「ドラえもんの理科おもしろ攻略 自由研究アイディア集」(小学館)

https://shop.r10s.jp/book/cabinet/8641/9784092538641.jpg

子どもたちに大好評のドラえもんの学習シリーズ。
「夏休みの自由研究(理科)」は、文部科学省の理科の調査官でもある監修者が、理科の「自由研究」の本当の主旨や醍醐味とともに、バラエティ豊かな研究テーマを提示。あわせて、理科の学力、科学のセンスをぐんぐん身に付ける「もう一ひねり」の工夫や「探求」へのヒントをアドバイス。
「残りあと1週間の場合」「あと3日の場合」「あと1日の場合」など、秒読み状態のピンチの時にも即役立つ、ワンポイント・アイディア集も掲載。
作品製作のための「素材」「道具」「手順」「仕上げのポイント」などを詳しく解説。作る楽しさや意欲がわきます。

東大流! 本気の自由研究で新発見 QuizKnock Lab」(KADOKAWA)

東大卒クイズ王・伊沢拓司が編集長を務めるWEBメディア&YouTubeチャンネル「QuizKnock」のメンバー・須貝駿貴が企画プロデュースする「QuizKnock Lab」の科学実験動画を一挙書籍化! YouTube動画だけでは伝えきれなかった、科学の理論や知識をクイズや雑学を交えながらおもしろ、やさしくひも解きます。
サイエンスリテラシーの観点から、理系学生だけでなく、文系の人から社会人まで楽しく学べるよう、身近な疑問からひらめく「科学の魅力」を伝えます。
その他、自由研究、QuizKnock Lab的レポート術、座談会、科学にまつわるコラムなど盛りだくさん。伊沢拓司、ふくらP、こうちゃん、山本祥彰などおなじみのQuizKnockメンバーも出演!

食べられる」科学実験セレクション」(SBクリエイティブ)

身近な科学的現象は「本気で」おもしろい!
ごくありふれた食材、調味料、料理にも、おもしろい実験のタネはひそんでいます。今回はそんな中から厳選し、「家庭で気軽に試せて」「最終的には食べられる」、一粒で二度おいしいアイデアや手順を一気に紹介!
「どうしてそうなるのか」に迫る解説も添えています。 写真などで記録して話題にしたり、家族や友人とわいわい楽しんだり、自由研究の参考にできます。

本から「観察研究」の自由研究テーマを探す

観察研究は、観察方法や観察の視点が大切。子どもだけは見逃してしまうかもしれない観察ポイントを本でしっかり押さえてください。

「名探偵コナン理科ファイル デジカメで自由研究!」(小学館)

小学生の自由研究を特に意識した内容で構成。デジカメのさまざまな機能を使って、面白写真や芸術写真、さらには本格的な科学写真まで撮影できるようにレクチャーしていきます。
デジカメというツールを使って身近な環境をじっくり観察することで、肉眼では分からなかった興味深い発見があることを理解してもらうことが狙い。撮影した作品のまとめかた、発表の仕方についても丁寧に説明しています。

理系脳が育つ! 科学のなぜ? 新事典」受験研究社

地球・宇宙のふしぎ、植物のふしぎ、動物のふしぎ、私たちのからだのふしぎ、身近なふしぎの5つの分野に分けて、いろいろな「なぜ?」を紹介。

はじめに「なぜ?」という疑問とそれに対する答えを載せ、その後に写真・イラストを使ってわかりやすく説明。

「もっとくわしく」「実験/観察」「身のまわり」のコーナーでは、本文から少し発展させた内容を取り扱い、より学問的な学習が可能です。

スマホでカンタン!顕微鏡」(小学館)

付録のスマホ顕微鏡「Leye mini(エルアイ・ミニ)」は、本体と試料板に分かれていて縦2×横3センチ、厚さ2ミリ強という超コンパクトサイズ。それでいて、最大100倍程度に拡大可能。さらに、スマホ自身の拡大機能で、さらに大きく観察できます。
しかも難しい操作は一切いりません。スマートフォンやタブレット型の自撮り機能を使い、ピント合わせ、写真や動画の撮影も指一本で簡単にできます。
ミジンコの鼓動、葉の葉脈、紙幣のドットと、身の回りのものならなんでもOK。スマホを使うので、もちろん動画だって簡単。
冊子では、作例や使い方の工夫、自由研究の提案のほか、顕微鏡の歴史をまとめています。

本から「工作研究」の自由研究テーマを探す

工作研究は、何を作るかという「アイデア」とどう作るかの「手順」の両方が必要。考えて、作って、まとめる。本を使って上手に進めましょう。

自由研究のテーマを本から見つける
本屋さんに行くとアイデアが見つかるはず。

「東工大サイエンステクノの理系脳を育てる工作教室」(主婦の友社名)

東工大の人気科学サークルの本が誕生! 楽しい工作17種が作れて遊べて科学の知識も身につく。夏休みの自由研究にも最適です。

東工大サイエンステクノは、国立東京工業大学の公認サークル。部員150名を超す大サークルで年間100件近く開催する子ども向けの科学実験と工作のワークショップで有名です。

その数多くの工作から17種を厳選して1冊の本にまとめました。どれも身近な材料を使って、小学生レベルでも1時間程度で作れる簡単なものばかりです。

リサイクル・ネイチャー素材で作る 小学生のアイデア工作 改訂版」(学研プラス)

毎年大人気! 夏休みの宿題に役立つ工作のアイデア集の改訂版。ペットボトル、牛乳パックなどの身近な素材や、海や山で見つかる素材を生かした、かっこいい、かわいい、楽しい工作がたくさん作れます。
素材ごとに、工作のコツを紹介するページも充実。

小学生の自由工作パーフェクト 低学年編」(成美堂出版)

牛乳パックや段ボールなど身近な材料でできる工作を多数紹介。
工作のレベル、かかる時間の目安つき。丁寧な解説で作り方がわかりやすい。作りたいものがきっと見つかります。
小学1~3年生向け。

本から「調べ学習(社会・歴史)」の自由研究テーマを探す

「調べ学習」こそ、本が大切になります。子どもが興味を持つ本を選び、本を読み込み、そして本から身のまわりの世界へと視線を広げてください。

「失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!」(文響社)

多くの伝記では「英雄」「成功者」として紹介されている、いわゆる偉人たち。でも、彼らは、ずっと成功し続けてきたわけではありません。

今に名を残すすごい人も、たくさん失敗をしてきました。だから、「失敗しないと人生損だよ!」くらいの気持ちでどんどん新しいことにチャレンジしてほしい。

新しい偉人を知ることができます。

「ドラえもんの社会科おもしろ攻略 政治のしくみがわかる」(小学館)

https://shop.r10s.jp/book/cabinet/1925/9784092531925.jpg

政治は子どもにはなかなか理解しにくい分野ですが、ドラえもんと一緒に楽しく興味深く探ります。

解説は圧倒的な中学入試合格実績を誇る日能研なので、確かな信頼がおけます。予習、復習、受験準備にピッタリの一冊。

「マンガでわかる! 10歳からの「経済」のしくみ (まなぶっく)」(メイツ出版)

銀行の動きや税金の使われ方など、「経済の仕組み」がマンガで学べる。ジュニアNISAや電子マネー事情など最新ネタもコラムで紹介。

銀行ってなにをするところ? どうしてクレジットカードで食事や買い物ができるの? 株ってどんなものなの? 税金ってなに? どんな種類があるの?
「経済」がわかると社会の動きが見えてくる。たのしく読んで役立つ知識がしっかり身につく1冊。

本を一冊作って完了する自由研究

文字通り「本を使って」自由研究ができる本もあります。付属のノートや本に書き込んでいけば、一冊で自由研究が完成します。

「夏休みの自由研究 料理をつくろう!」(講談社)

この本の最大の特徴は、本体のテキストをみながら、別冊のノートを使って提出用の作品が仕上げられること。
提出用ノートは本体からはずすことができ、ここに写真、ここにタイトル、ここにリード、ここにキャプション、というようにガイドしてあるので、まとめ方を学習しながら仕上げられるようになっています。
前半はテキストと同じメニューを作る設定ですが、後ろに行くにしたがって自由度があがっていき、テキストとちがう料理を作ってもまとめられるようになっています(つまり、だんだん罫線だけになっています)。
本体のテキストには、料理の作り方だけでなく、写真の撮り方とか、大小の付け方、配置の仕方からはじまって、タイトルの書き方、表紙の作り方などのアドバイスもていねいに載っています。
この本1冊で、オリジナリティのある自由研究を完成させ、提出することができます!

「本で調べてほうこくしよう」(ポプラ社)

この本は、本で調べて報告する方法を説明した本です。調べ方は、それを知らなければ難しいのですが、きちんと手順を知っていれば、調べることは、簡単で、楽しく、面白いものです。
左のページは説明、右のページは書き込めるようになっています。最後まで書き終えたら、あなたは「本で調べて報告する名人」になっています!

ゼンリン 自由研究 地図作りで発見 まちたんけんキット」(ゼンリン)

小学校3年生が1学期の社会科で「まちたんけん」を学んだ直後の夏休みに実践できる自由研究キットです。
文字や記号のない白地図を日本全国どこでも大きな縮尺で出力できるので、お子様が大きな文字で書き込むのに最適です。
コンビニエンスストア店頭のマルチコピー機を使えば、プリンターのないご家庭でも白地図印刷できます。2018年購入者の86.4%が満足と回答。

人とかぶらない自由研究のネタ探しは「本」から

毎年、大勢の子どもたちが自由研究に取り組みます。人と被らない自由研究のネタ探しは大変です。ぜひ本を活用して、子どもが興味を持って取り組める、ユニークなネタを探してください。

「何をテーマにすればいいか、全然わからない」という場合は、いろいろな自由研究のネタがたくさん紹介された本、「ある程度、好きな分野が決まっている」場合には、その分野を扱った本、さらに一冊で自由研究が完成する本もあります。

本屋さんやインターネットで、まずはいろいろな本を探してみてください。

 

文・構成/HugKum編集部

カテゴリから探す

学年から探す

かかる日数から探す

編集部おすすめ

関連記事