ジャガイモからでんぷんを取り出してみよう【小学8年生発・自由研究実験アイデア】

ジャガイモでんぷんを取り出してみよう

料理のとろみをつけるときに使われるでんぷんを、ジャガイモから取り出してみよう!取り出したでんぷんを料理に使う場合は、きれいな道具で、手を洗ってから行ってね。
(道具を使うときは、必ず大人と一緒に行ってください)

用意する物

作り方

1ジャガイモをすりおろす。

ジャガイモの皮をむいてから、おろしがねでする。手を切らないように注意しよう!

2ガーゼに包む。

すりおろしたジャガイモをガーゼに包み、口を輪ゴムでしばる。

3水の中でしぼる。

ボウルに水をはり、その中で約15分間、ガーゼに包んだジャガイモをもみほぐすようにしてしぼる。

4上ずみを捨てる

ボウルからガーゼを取り出してボウルの水を約20分置いたあと、上ずみを静かに捨てる。ボウルの底に白いかたまりが残るので、そこに新しい水を注いでよく混ぜ、さらに20分間置いたあと、ボウルの上ずみを静かに捨てる。これをもう一度くり返す。

5かたまりをほぐす。

3回上ずみを捨てたあとは、ボウルの底の白いかたまりをほぐしてトレーに広げる。

6冷蔵庫でかわかして完成!

ジャガイモ1個から約10gのでんぷんが取り出せるよ。

解説 でんぷんは「片栗粉」と同じ!

片栗粉は、本来はカタクリという植物からでんぷんを取り出したものをさすけれど、現在は市販の片栗粉はジャガイモのでんぷんを原材料として作られているんだ。

ミルクもちを作ろう!

取り出したでんぷんで、簡単スイーツを作ろう!

材料 ミルクもち(2人分)

●でんぷん…30g
●牛乳(または豆乳)…200㎖
●砂糖…大さじ1
●まっ茶シュガー…小さじ2
(またはまっ茶小さじ1/3と、砂糖小さじ2を合わせたもの)

作り方

1でんぷん、砂糖、牛乳をなべに入れ、泡だて器でよく混ぜる。

2弱火で、ムラができないように混ぜながら加熱する。とろみがついてきたらゴムべらで、もったりするまでかき混ぜる。

3水でぬらした容器(トレーやお弁当箱など)に2を流し入れ、冷蔵庫で約20分間冷やす。

4食べやすい大きさに切り分けてまっ茶シュガーをかければ、できあがり! まっ茶シュガーでなく、ココアやチョコレートでもOK!

『小学8年生』2017年3号 料理指導●神みよ子 構成・文●丹羽 毅 撮影●花田真知子 デザイン●高橋明優+ベイブリッジ・スタジオ

 

カテゴリから探す

学年から探す

かかる日数から探す

編集部おすすめ

関連記事