入園式ネイルは清潔感&上品がキーワード!カラーやデザインなど実例を交えて徹底レクチャー!

幼稚園・保育園の入園シーズンがやってきましたね。子どもの晴れの日を迎えるママたちも多いはず。そんな晴れの日の服装やアクセサリーに迷う人も多いもの。そして、普段からネイルに気を使っているママはどんなネイルにしようかあれこれ考えを巡らせているのでは。お祝いの日なので気合が入ってしまうという人も少なくないかもしれないですね。今回は、入学式にどんなネイルがいいのか、マナーやポイント、おすすめのネイルまでご紹介。7歳〜9歳の子を持つママの体験談もあるのでぜひ参考にして。

入園式は指先にも好印象なネイルを

初めて学校に行く入学式では、記帳をしたり配布物を受け取ったりと、意外と手元は見られることが多いもの。指先も、初めましての先生や他のママ・パパたちに好印象を持ってもらえるようなネイルにしておきたいですね。また、ネイルは仕事の事情でマニキュアができないなど、そもそも塗っていない人もいるのでより気をつけたいポイントです。

入園式にぴったりなネイルのポイント

ついついお祝いの日だからと張り切ってしまいがちなネイルですが、入園式にぴったりなネイルをポイントごとにまとめました。

ナチュラルカラーなもの

指先に鮮やかな色が乗ってしまっていると、自ずと指先ばかりに目が行ってしまいます。奇抜な色味だと、服装以上にその人の印象が決まってしまいがち。清潔さをアピールできるよう、淡いピンクやベージュなど肌になじむ色をセレクトしましょう。

派手にならないもの

いつもはストーンやラメでアレンジしたりと華やかなネイルが好きな人も、入園式では控えめなデザインを心がけて。また、あまりに長いネイルだときちんと育児をしているのか不安に感じられてしまうことも。清潔感のある長さに揃えておきましょう。

卒園式・入園式におすすめのコサージュ8選|簡単手作りキットやママ用&子供用を厳選
卒園式や入学式など、フォーマルなドレスシーンに便利なコサージュをピックアップ!簡単に作れる手作りキットや、ママ用に人気のおしゃれなローズコサ...

先輩ママの体験談&アドバイス

先輩ママたちの体験談や、アドバイスを聞いてみました。リアルな声なので、ぜひ参考にしながら入園式ネイルに活かして!

シンプルで清潔感があるデザインに

ネイルはしてもしなくても清潔感があればOKという声も。シンプルなデザインで指先がきれいに見えるということがポイントですね。

「シンプルに清潔感があるように」(30代・愛知県・子ども1人)
「指先を綺麗に見せつつ、目立ち過ぎないようにする」(30代・神奈川県・子ども3人)
「ネイルはしてもしなくても、清潔感があれば入園式ではOKなのではないかと思います。あくまで主役は子供だと思うので」(30代・神奈川県・子ども2人)

色はナチュラルカラーを

服装の選び方とも共通しますが、子どもを引き立てるためにも、ママのネイルはナチュラルなカラーで浮いてしまわないように注意が必要なよう。

「入園式の主役は子供たちなので、悪目立ちしない上品なカラーがいいと思います」(40代・兵庫県・子ども2人)
「シンプルなピンクやベージュ系など目立たない色を使う」(30代・奈良県・子ども2人)

凝ったデザインや長さにも注意する

他のママ・パパたちや先生とも初めましての日。第一印象がネイルで損なわれてしまったら残念ですよね。目立ちすぎないデザインや長さを意識しましょう。

「スカルプなどで長さを出したり、あんまり華美だと、『あのお母さん料理や家事をしてなさそ~』と園の先生や他のお母さんから思われそう」(40代・茨城県・子ども2人)
「派手すぎず、長すぎなければいいと思う」(30代・静岡県・子ども4人)
「悪目立ちしない、季節感のある華やかな色合いがいいのではないでしょうか。凝りすぎなくていいと思います」(40代・大阪府・子ども1人)

入園式ネイルは清潔感のある品のよさがマスト

入園式ネイルの一番のポイントは清潔感。華美なネイルだと、せっかく服装を上品にまとめていても、第一印象が大きく変わってしまうもの。ママらしさを失わない品のいいネイルデザインで晴れの日を迎えてくださいね。

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事