しまおまほが、今どきの小学生36人にインタビュー!そこから見えてきた子どもの「今」とは!?

ファッションサイト『Web Domani』で連載されていた、漫画家・エッセイストのしまおまほさんが小学生へのインタビューを通して子どもの“今”を探る、大人気ルポエッセイ『おしえてコドモNOW!』が待望の単行本化!気になる本の内容を紹介します。

しまおまほさんの新作ルポエッセイ、インタビュー相手はコドモ!?

漫画家・エッセイストのしまおまほさんの新作は〝普通〟の子どもたちへインタビューしたルポエッセイ、その名も『おしえてコドモNOW!』。こちらは2017年から今年の6月まで5年間、Web Domaniにて連載していたもの。


連載を通して36人の小学生と対話する中で見出した「コドモの今どき」を、しまおさんならではのやさしいタッチの描きおろしイラストとともに描いた本作。さらに、幼児教育学者・小川博久先生へのインタビューと、しまおさんが長年ラジオで共演しているRHYMESTER(ライムスター)宇多丸さんとの“おしえてコドモ対談”も加えて書籍化されました!

しまおまほ目線だから引き出せる!子どもの「今」とは

小学生ひとりずつ、加えてご家族にもインタビューを行った今作。はじめは人見知りをしたり緊張していた子も、親目線でもなく子ども目線でもない、しまおさんに心を開いて、今の自分の状況について話し始めます。

「ママ、オレの完璧無敵装置!どこ??」

塾特待生の9歳男子、あおぺは毛布にくるまると落ち着くらしい。勉強は得意だけど運動が苦手なあおぺは、鬼ごっこが好き。走るのが遅かったら鬼ごっこが嫌いになりそうなものだけど…

「カンタンじゃないから、楽しい」

と、意外な答えが。お友だちとは、イケメンコールで遊んだり子どもらしい一面もちゃんとあって、子どもたちの会話は読んでいるだけでおもしろい。


10歳の双子のアヤタくん、ハルタくんはザ・たっちの幽体離脱をしたところをお父さんが撮影してくれた動画を披露。

「なんかさーコイツ(アヤタ)が、もうお兄ちゃん飽きたからあげるよって言いだしてさー」

どっちがお兄ちゃんなのかの権利を500円で売ることを提案したり、じゃんけんで決めたりしているという双子ならではもエピソードも。


8歳のはるちゃんは、対談の間も大好きな犬種図鑑を眺めながら犬に名前を付ける遊びをしています。お絵描きが得意なはるちゃんは、しまおさんに突然

「ねえ、ねえ、絵、描いてみて」

と言って、お絵描きから始まった4コマ『遅刻』(2,4コマ目をはるちゃんが担当)を2人で作成。

個性豊かな子どもたちの「今」

寄生虫にものすごく詳しい女の子や、昭和好きの男の子、町中華巡りが趣味で玉袋筋太郎さんが大好きな男の子など…個性豊かな子どもたちがたくさん登場して、マニアックすぎるトークがまた、おもしろい!
学校に行かない小学6年生の男の子が、

「義務教育って“学校へ行く義務”じゃないんだよ。“親が子に学校教育を受けさせる義務”だから。そこをはき違えてるんじゃないかな?と思う」

と言ってみたり。子どもたちが自分で「今」を考えている姿もインタビューの中で、垣間見ることができます。

スペシャル企画の書下ろしも見逃せない!

幼児教育学者・小川博久先生へのインタビューは、こたつに入りながらゆるやかにスタート。

「関心を持ちながら同時に放っておく」

先生は、子どもを束縛しすぎないことも大切だと教えてくれます。

そして、TBSラジオでお馴染みの宇多丸さんとのトークでは、企画の裏話も!?しまおさんが子どもの大好きなアイドルやアニメについていけない…なんてことがインタビューの中でも多々ありましたが、

「子どものときに、こんなに面白いものがあるのに大人ってつまんねぇなと思っていたけど、本当にこの断絶は起こるんだと実感するよね」

と宇多丸さん。

この本は、自分の子どもと重ねて親目線で読んだり、自分の子ども時代と重ねてみたり、いろいろな角度から読めるから、発見もたくさんあります。当時インタビューした子どもたちの気になる近況も必読です♪

子どもには大人が知らない世界がある

学生時代に漫画『女子高生ゴリコ』を読んでいた筆者は、しまおさんが子どもたちにインタビューするなんてそれだけでおもしろそう!と読みはじめたのですが、小学4年生の息子と同じくらいの歳の子が登場するとやっぱり母目線で読んでしまう。しまおさんだから聞き出せた子どもたちの「今」。子どもの頭の中には、親が知らない(教えない)世界があってそれをのぞき見したような気分になりました。
読み終わったあと息子に「同じ世代の子たちのインタビュー読んでみる?」と本を勧めてみたところ、笑いながら楽しそうに読んでいました。大人だけではなく子ども目線でも楽しめる本です!

 

著/しまおまほ|1760円(税込)

漫画家、エッセイストといった肩書きのみならず、ラジオパーソナリティなど多方面で活躍するしまおまほ。そんな彼女が、ファッションサイト『Web Domani』で連載していた企画『おしえてコドモNOW!』がこの度待望の単行本に。
「子どもの目線」に下りるでもなく、「大人の目線」で分析するでもない、唯一無二の「しまお目線」で、“普通”の子どもたち36人にインタビュー。彼ら彼女との対話を通じて見えた「コドモの今どき」を、書き下ろしのイラストを交えながらお届けする、新感覚?新境地?なルポルタージュエッセイです。

【しまおまほ プロフィール】


漫画家・エッセイスト。1978年生まれ、多摩美術大学美術学部二部芸術学科卒業。1997年、高校生の時に描いた漫画『女子高生ゴリコ』でデビュー。雑誌や文芸誌でエッセイや小説を発表するほか、ラジオのパーソナリティとしても活躍。2015年に第一子を出産。著書に『まほちゃんの家』『マイ・リトル・世田谷』『ガールフレンド』『スーベニア』『家族って』などがある。写真は本書にちなみ、6歳当時のまほちゃん。

文/やまさきけいこ

編集部おすすめ

関連記事