我が子がADHD?絶望から一転、東大合格までの軌跡を語る母親の手記『発達障害で生まれてくれてありがとう』を読んで

はじめに伝えたいことは、この本は発達障害の子どもを東大にいれるためのハウツー本ではありません。時に悩み、そして工夫をしながら子育てをした親子の生活を覗かせてもらうことで、あなた自身の子どもの個性を受け入れることの大切さを知ることがでできる、そんな一冊です。涙なしでは読めない本ですので、おうちでこっそり読書を楽しんでもらえたらと思います。

息子が発達障害という診断を受け、絶望の日々

著者は、秋田県で美容室を経営している菊池ユキさん。2歳(大夢くん)とまだ生後3か月だった二人のお子さんを抱えて、離婚を決意されたそう。

シングルマザーとしての生活

保育園時代の大夢くんは、自分の気持ちを言葉で表現することができず、お友達に手を出してしまったり、外出先で奇声を発して床に寝そべってしまったり、とにかくトラブルが絶えなかったと記されています。

そのたびに、ユキさんは「どうして大夢は、よその子と同じようにできないんだろう」と悩み続ける毎日だったといいます。

医師に相談したところ、大夢くんは発達障害という診断を受けます。

「授業にならない」とクレームも

その当時、地域の人にとっては馴染みのなかった発達障害。

小学校に上がると「大夢くんがいると授業にならない」などといったクレームがきたそうです。

他人から、我が子に対する批判を聞かされるのは、本当にダメージを受けること。批判をしてくる人達から距離を置きたくなってしまいそうな状況ですよね。

「この子が誰かを殺す前に、私が始末しなきゃ」

ユキさんは将来を心配するあまり、どん底に落ちた時期もあったとつづっています。

また、本の「おわりに」には、ユキさんがその当時、思っていた感情が赤裸々に書かれていました。

大夢が小学生のころは、本気で「この子が誰かを殺す前に、私が始末しなきゃ」と思っていましたし。その後も「大学進学なんて、そんな贅沢な夢は見ちゃいけない」と、ずっと思っていました。(本から引用)

周囲からの批判に「負けてたまるか」

一口に発達障害と言っても、その子によってそれぞれ違う特徴があります。大夢くんの場合は、初めての場所、初めてのシーンに弱いところがあります。それが学校でのトラブルの引き金になると気づいたユキさん。

周囲の人間の理解を得ることで、大夢くんが過ごしやすくなるのでは?

そう考えたユキさんは「負けてたまるか」と奮起し、味方を増やしていったそう。

子どもに向き合い続けた姿はまさに強い母ちゃんそのもの。ユキさんが尽力した多数のエピソードは、涙なしでは読めませんでした。

対応できることは先回りを

ユキさんは子どもの弱みを理解し、初めてのシーンに戸惑わないよう、遠足も、運動会も、全て予行演習をしていたといいます。

仕事をしながら子育てをするだけでも大変な中、遠足の練習に行くなんて、本当に頭が下がります!

どうやって、東京大学合格へ?

そんな親子が、どのようにして、東京大学合格というところまでたどり着けたのでしょうか。

勉強禁止!

本では、意外な一文があります。

「テスト前でもなんでも、勉強禁止。勉強して、点数がとれるのは当たり前だし。勉強しないでとった点数が、あなたの素のレベルだべ? だから、もう勉強禁止!」(本から引用)

中学2年生のときに、数学の面白さに目覚める

しかし、大夢くんは数学の面白さに中学2年生のときに目覚めたそう。

そこからは、数学の問題を解くことが日々の喜びとなり、東大を目指すようになったようです。

著者の子育ては、実はシンプルだった

著者のユキさんから、この本の中で、子育てに対する名言と言える一言があります。

子どもは皆、ダイヤモンドの原石。諦めることなく磨き続けたら、キラキラと眩い光を放つに違いないと確信しています」(本から引用)

我が子が発達障害と診断されたとき、どん底と例えたユキさん。きっと、その当時は、将来自分の子が東大に行くなんて、考えることもできなかったはずです。

しかし、ユキさんが大夢くんの弱点をカバーしながら、ダイヤの原石を磨くがごとく育児をしたことで新しい世界が開けたのです。

子育てで親がすることとは

筆者は仕事柄、発達障害の専門医に話を聞くことがありますが、発達障害のお子さんは、日々失敗をして叱られてしまうことが多く、自尊感情が低くなりがちだそうです。これが、鬱などの二次障害を引き起こす原因にもなるので、周囲のサポートがとても重要になります。

ユキさんは、まさにこのサポートが自然にできていた人。丁寧なサポートによって大夢くんは成功体験を増やし、自信をつけていけたのでしょう。

親は、どんなことが起きても「まぁ、それがうちの子だから」と受け止めてあげることが、子どもの個性を最大限良い方向に向かわせる方法なのだなと感じました。

『発達障害で生まれてくれてありがとう』を5名様にプレゼント!

発達障害のお子さんを育てている親御さんだけではなく、子育てに行き詰っている方、前向きに子育てをしたいと思っている方に、ぜひ読んでいただけたらと思い、HugKum編集部から5名様にプレゼントします。

↓↓↓↓↓ご応募はこちらから↓↓↓↓↓

※抽選の結果、当選された方には『発達障害で生まれてくれてありがとう』 をプレゼントします。
※こちらのプレゼントに応募される場合、事前に発送先となる個人情報の入力と、アンケートへの回答が必要となります(応募時に賞品送付先ご登録フォームとアンケートフォームのご案内があります)。

■応募締切日:8月29日(月)23:59まで

■抽選方法:ご応募いただいた月の翌月以降、HugKum編集部にて抽選を行います。
■発送方法:日本郵便・ヤマト運輸・佐川急便などの配送業者より発送させていただきます。配送希望日時はご指定いただけません。
■個人情報および特定個人情報の適正な取り扱いに関する基本方針:こちらをご覧ください。

<注意事項>
※当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。落選の方へのご連絡はいたしておりません、ご了承ください。
※応募はお1人様1回とさせていただきます。
※お届け先住所をご登録いただけなかった場合や、ご登録内容に誤り等があった場合には、抽選対象から除外させていただきます。
※抽選に当選された場合、賞品はご応募いただいた日の翌月以降の発送となります。
※賞品の発送は日本国内に限らせていただきます。

あなたにはこちらもおすすめ!

現役東大生が「本嫌いの子ども」のために起業!AI司書がお気に入りの本を探してくれるオンライン習い事とは?
うちの子、「本読まない」⇒「本に夢中!」に変わるオンライン習い事があった! 動画やSNSであらゆる遊びや勉強ができるようになった今...
東大卒ママに聞いてみた!子どもの勉強、マンガやアニメキャラクター付きの学習アイテムってどうなの?
子どもの勉強、マンガやアニメキャラクター付きのものってどうなの? 「ずっーとテレビを観てる」「マンガばっかり読んで…」子どもの学習とマンガ...

 編集/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事