「見る・書く・音読」で運気が上がる!? アンミカさんプロデュースのポジティブ手帳がスゴイ理由

今年も残すところあとわずか。 書店などでは来年の手帳が早くも並んでいます。 スマホでスケジュール管理しているあなたも、来年は紙の手帳で「自己実現」の一歩を踏み出してみませんか? なりたい自分になれるかも!?

開運ポイントは、書く、そしてポジティブ言葉を音読する!

書類はPCのキーボードで打ったり、メールは携帯で打ち込んだり、はたまた音声入力したり、と文字を実際に書くことが減っている現代人。いざというときに漢字が書けない! そんなことありませんか? だからこそ、文字を書く習慣を持っておきたいもの。
紙の手帳の良いところは、限られたスペースに自分で文字を書く、というプロセスです。

“書く”という手を動かす動作、そして直筆の文字なので、画面に打ち込んだ文字より脳に記憶されやすいのです。ちょっとした脳トレにもなりますね。そして直筆は、その時の自分の気持ちが表れたりもします。楽しいときは丸っこい文字に、イラついているときは解読できないほど乱れていたり、とか、なかなか味わい深いもの。

昨年、芸能人初の手帳をプロデュース、と話題になったアンミカさんの『ポジティブ手帳』が2023年版を9月29日に発売
この手帳はアンミカさんがこれまで励まされたり、気づかされたり、鼓舞してくれた“ポジティブ言葉”が週ごとに記載。これを見て、音読するのがポイントです。

目から、耳から、口から良い言葉を!

これがアンミカさんおすすめの開運のポイントのひとつ。
ちょっとイラッとしたことが起こったとき、あるいは仕事のトラブルのまっただ中のときに、この“ポジティブ言葉”を読むと、視野が狭かった自分に気づき、物事を少し俯瞰で見られて、ディープブレス(深呼吸)をしたかのような、目の前がひらけた心地になるから不思議です。

今日あった良いことを書き留めると・・・

『ポジティブ手帳』のもうひとつの特徴は、“Today’s Good & Happy ”と名付けられた欄がひっそりあり、今日あった“良いこと”を書き込むスペースとなっています。

「隣の若い女子から髪型を褒められた」
「虹がきれいだった」
「美味しいコーヒーを見つけた」など些細なことでOK

日常の中で小さな幸せを見つけられると、それが習慣化していきます。文句ばかり言っていると毒吐き人になってしまうのと同じ(周りにいませんか??)。良いこと、楽しいことを見つけていけると、自ずと明るい方に目が向いていきます。
良いこと、楽しいことを日々探し、それを手帳に書き留めてみましょう。
時々読み返してみても、楽しいものです。

実際、こんなことが起こりました…

さて、かくいう私も、今年の『ポジティブ手帳』を使っています。効果は予想以上にスゴく、誇大広告になってしまいそうですが「今週のポジティブ言葉」がコワいくらいに当たっているときがあります 。(アンミカさん、もしや私が見えている?と思うこともw)。

たとえば同窓会帰り、同級生の社会的な活躍を知り、どうして自分はここにいるのだろう、こんなはずではなかったのでは?…とかなり気持ちがネガに入った時に、『ポジティブ手帳』のその週を見ると・・・・・・

「比較するなら他人とではなく、過去の自分と」と、あるではありませんか!

「そうだ、人と比べても仕方がない、彼女もラクしてそのポジションを手にしたわけではない、苦労や人一倍がんばってきたはず」とネガすぎた自分の気持ちを切り替えることができ、ならば「自分の人生、今後どうしたいのか?」と前向きに考えることができました。

そんなミラクルなことが毎週あるわけではありませんが、モヤモヤして釈然としないときに、仕事で忙殺されているときに「ポジティブ言葉」に気づかされ、気持ちを切り替えが早くできるようになりました。
前へ前へと進んでいけます!

0円アクションで、2023年、幸運を掴む!

ほかにもこの手帳ならでは、というのが、「大安」など六曜が書いてあることはもちろん、「一粒万倍日、天赦日」といった吉日、「魚座 満月」「水星逆行」という天体の動きも1冊にまとまっているので便利です。

そしてアンミカさんが特に気にされているという土用! 夏の土用のうなぎ、しか知らない人も多いはず(私です)。年に4回ある土用、そしてその過ごし方は勉強になりますよ(詳しくは手帳に)。
いろんなことを知ってそれに振り回されるのはイヤですが、知らないよりは、知っているほうが人生得をすることもあります。できる範囲でいいと思いますので、これらの吉日などの運を味方に行動してみてはどうでしょう?

  “見る、書き込む、声に出して読む”、そんな0円のアクションで、自分が変わっていくのを実感してきます。

『ポジティブ手帳』は大人の心と行動のドリル。
なんか自分を変えたいな、とゆる~く思う人も、運を掴みたい!とアグレッシブな人にもオススメですよ。
ぜひ2023年、この『ポジティブ手帳』という大人ドリル完遂をめざしてください。

 

ポジティブ手帳2023 365日、アンミカ思考で幸運体質!

著・アン ミカ|小学館|1,980円(税込)

持ち歩くのに大きすぎず、書き込むのに小さすぎないサイズのB6判。スケジュール管理帳としてもちろん、日記のような使い方も。手帳本体が角丸に、また、ビニールカバーにポケットが付いて、より使い勝手よくなってます。カバーの色は2023年のラッキーカラーのグリーン。

 

 

あなたにはこの記事もおすすめ

アン ミカさん発!ポジティブマインドで幸せ発見上手になる方法
アン ミカさんがハッピー&ポジティブになれる魔法の手帳をプロデュース!  芸能人として初の手帳をプロデュースすることになったアンミカさ...
アン ミカ流 HAPPYポジティブアドバイス vol.2|お悩み「自分の時間が欲しい」
【お悩み】仕事と家事と子どもの世話に追われて、毎日疲れ切っています。正直、自分の時間が欲しい。 自分の時間を作るためには、どうしたらいいで...

 文・構成/小学館出版局生活編集室

 

編集部おすすめ

関連記事