お友達を叩いた!? 「なんでそんなことするの!」は言ってはいけないNGワード?【井桁容子先生監修/口グセ言い換えノート】

「ケガにつながることは反則!」 がOK!

「絶対禁止」を言い渡すときは理由を伝えて

お友達を叩いたり、かみついたりなどの行動をしたときは、頭ごなしに叱るだけではなく、「なぜいけないのか」を伝える必要があります。「相手が痛い思いをすることはやめて」「イヤなことがあるなら、お話しして」など、子どもがわかる言葉で説明を。
以前園で、赤ちゃんの頭を叩いた年上の男の子がいました。「自分より弱い子に手を出すのは、カッコ悪いよ」と注意をするとすぐにハッとして、「いい子いい子」をしてくれましたよ。

記事監修

乳幼児教育保育実践研究家、非営利団体コドモノミカタ代表理事。
井桁容子先生

乳幼児教育保育実践研究家、非営利団体コドモノミカタ代表理事。東京家政大学短期大学部保育科を卒業。東京家政大学ナースリールーム主任、東京家政大学・同短期大学部非常勤講師を42年務める。著書に「保育でつむぐ 子どもと親のいい関係」(小学館)など。

『イライラをぶつけない ママの口グセ言い換えBOOK』edu 別冊ふろく
取材・文/井尾淳子、齋藤美和 編集/井尾淳子 再構成/HugKum編集部

【井桁容子先生監修/口グセ言い換えノート】バックナンバ一覧
子育て中のパパママは家事に育児に仕事にフル回転。そんなめいっぱいの精神状態の日々で、子どものあんな言葉やこんな態度に、つい口グセとな...

編集部おすすめ

関連記事