キッズ用おすすめトレーナー10選!人気の無地スウェットやスポーツブランドをご紹介

普段のおしゃれ着からスポーツ用まで、幅広く重宝するキッズ用トレーナーをピックアップ。おしゃれな無地スウェットやスポーツブランドの裏起毛トレーナーなど。おすすめのキッズトレーナーを厳選してご紹介!

どんなコーデにもおすすめ!キッズ用無地トレーナー

 

★選びのポイント

シンプルな無地のトレーナーはどんなコーディネートとも合わせやすく、持っていて損はないアイテムです。生地がしっかりしていてへたりにくいものがおすすめ! スポーツブランドやアウトドアブランドが人気です。

 

【1】『チャンピオン(Champion) クルーネックスウェットシャツ』

◆おすすめポイント

定番ワンポイントロゴのシンプルなデザイン。
裏地は裏毛(パイル)仕様で、生地もしっかりとしており、ロングシーズン活躍してくれる一着です。

 

 

【2】『ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) フロントビュークルー』

◆おすすめポイント

肌寒い季節の遊び着として活躍する、厚手裏起毛のキッズ用スウェットクルー。
コットンとポリエステルの混紡素材で、左胸にはチェーンロゴ刺繍が施されています。

 

 

【3】『トミーヒルフィガー(TOMMY HILFIGER) ベーシックスウェット』

◆おすすめポイント

ワードローブの定番になってくれるベーシックなスウェットプルオーバー。胸元のフラッグロゴ刺しゅうがさりげないアクセントに。袖口、裾のリブは長めに設定し、シルエットを邪魔しない適度なフィット感を実現しています。

 

 

【4】『プリントスター(Printstar) 裏毛クルーネックトレーナー』

◆おすすめポイント

クルーネックと薄くて軽い着心地がポイントのトレーナー。少し細身のスタイリッシュなシルエットは幅広いシーンで活躍出来る人気のアイテムです。豊富なカラー&サイズ展開で、性別・年代問わず重宝します。

 

 

【5】『クリフメイヤー(KRIFF MAYER) ロゴクルースウェット』

◆おすすめポイント

胸のブランドロゴ刺繍がアクセントに♪ふわふわで、着心地の良い裏起毛が魅力のキッズトレーナーです。
着回しやすさ抜群で、幅広く活躍してくれること間違いなし!

 

 

スポーツ用に人気!キッズ用ブランドトレーナー

【1】『ナイキ(NIKE) スウェットトレーナー』

◆おすすめポイント

柔らかいフリース素材を使用して暖かく、快適性が一日中持続。
胸元に立体的なパフインクで「NIKE AIR」グラフィックをプリント。見た目も手触りも楽しめるキッズスウェットです。

 

 

【2】『アディダス(adidas) フレンチテリー スウェットクルーネックトレーナー』

◆おすすめポイント

素材には柔らかな“フレンチテリー裏毛”を使い、ぴったりフィットするスリムなカッティングが魅力です。
運動中も着崩れを抑えてくれるリブ仕上げのカフと裾を装備。
フロントには大きなロゴをあしらい、スポーティーにまとめられています。

 

 

【3】『プーマ(PUMA) クルースウェット』

◆おすすめポイント

胸元に定番の「プーマ」ロゴを配した、レギュラーフィットの裏毛クルースウェット。
吸水速乾の高機能素材により、衣服内の湿気を衣服外に運び出し、プレーヤーの肌面をドライに保ちます。
運動中でもドライな快適さを持続してくれます。

 

 

【4】『アシックス(asics) 裏起毛ニットクルー』

◆おすすめポイント

薄手のフリーストリコット素材を使用した、ジュニア用のストレッチニットクルー。
適度な保温性と通気性を併せ持つ、機能的な生地をシンプルなデザインに仕上げ、運動ウェアとしてはもちろん、日常の幅広いシーンで活用できる汎用性の高さが特徴のアイテムです。

 

 

【5】『フィラ(FILA) クルーネックスウェット』

◆おすすめポイント

スポーツブランド「FILA」から、おしゃれな切替が印象的なトレーナー。ドロップショルダー仕様で、ルーズな着こなしが今っぽい!スキニーパンツとスニーカーを合わせたカジュアルコーデや、スカートと合わせた女の子らしいスポーツミックスコーデもおすすめです。

 

 

おしゃれなキッズ用パーカー10選!女の子・男の子別におすすめアイテムをご紹介
おしゃれ着からタウンユース、スポーツ用まで、シーンレスに重宝するキッズの洋服といえば、パーカーです。 今回は、女の子におすすめ...

3シーズン使えるトレーナーは万能アイテム

着心地がよく使いやすいトレーナーは何枚あっても便利!無地のシンプルなものから、ブランドロゴがアクセントになったおしゃれなタイプまで色々あるのでぜひチェックしてみてください。

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事