暑い季節に食べたくなるアイスの“棒”で、オリジナルブレスレット作り!【 KITTE OTTE 】

アイスを食べたら、かんたんブレスレット作り!

GWも終わり、気がつけばもう6月。ますます気温も上がってきて、いよいよ夏本番です。この時期になると食べたくなるのが、そう、アイス!  あの甘さとひんやり感がたまりませんよね。

そこで今回注目するのが、「アイスの棒」。ふつうは食べ終わったら捨ててしまう「アイスの棒」にひと手間加えるだけで、かわいいオリジナルブレスレットを作ることができるんです。

 アイスの棒ブレスレットの作り方

用意するもの

使うのはアイスの棒と、型をつけるためのグラス。そして柄や模様をつけるためのペン(ポスカなど油性のもの)や、飾りに使うためのビーズなど。

作り方

食べ終わったアイスの棒を30分ほど茹でてやわらかくしたら、棒を手首より少し大きめのグラスに入れて、丸く型がつくように、一晩そのままにしておきます。あとは棒が固まってから、模様を描いたり、ビーズなどでデコレーションすれば完成!

↓ 詳しい作り方はこちらから

1)アイスの棒を30分間茹でてやわらかくしてから、取り出します。
 ※このとき、ヤケドをしないように注意してください。

 

2)手首より少し大きめのグラスに入れて、一晩そのままにしておきましょう。写真のように丸く固まればOK

 

3)色を塗ったり、ビーズを貼ったり。好きなデザインに仕上げれば完成!

 

工夫次第で、いろいろアレンジできるのが楽しい!

アイスの棒で作る、オリジナルブレスレット。作り方はシンプルですが、リボンやマスキングテープなどを使うことで、とってもオシャレに仕上げることができます。

キラキラのビーズや、お花を飾れば、豪華な見た目に

 

色や柄ちがいのブレスレットを組み合わせてもオシャレ

アイスの棒を何本かためておいて、たくさんブレスレットを作るのもいいですね。いくつか組み合わせたり、ブレスレットに合う服や靴を自分で選んだりすることで、コーディネートの勉強にもなります。お友達にプレゼントするのも、きっと素敵な思い出になるはず!

また、デザイン違いのブレスレットを作るときには、身近なものがヒントに。チェック柄の服や水玉のカーテン、花が描かれたお皿などが、新しいデザインの参考になるはず。好きな色や模様について話をしながら、親子で一緒に、ブレスレット作りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 


KITTE  OTTE(キッテオッテ)

10分でつくる、創造力」をコンセプトに、つくることが大好きなクリエイターではじめた子ども向けの工作×学びのサイト。「つくること」を「考えること」の入口として、科学や生き物、宇宙など、いろんなことに興味を持ち、考えたり、工夫したり、失敗したりなど、すべての根っこになる「創造する力」を磨くことをめざしています。

【キッズデザイン賞受賞!】Instagram @kitteotte
Twitter @kitteotte
Facebook @kitteotte

手作りのアトラクション「忍者のマト当て」で、子どもと遊園地気分を満喫しよう ! 【 KITTE OTTE 】
作り方も遊び方もシンプル! 折り紙の手裏剣で遊べる「忍者のマトあて」 暗闇の中を走り抜け、ササッと手裏剣を投げて敵を討つ。ご存知、忍者...
おでかけ自粛のGWは「おウチdeプラネタリウム」で満天の星空を満喫【 KITTE OTTE 】
ダンボールを使ったアイデアプラネタリウムづくりに挑戦! 春夏の人気のお出かけスポットと言えば「プラネタリウム」。大きなスクリーンに...

編集部おすすめ

関連記事