スマホで注文⁉アンパンマンの出前&宅配遊びが楽しすぎて、子どもたち大興奮!

こんにちは。4歳のムスメと3歳のムスコを育てている、イラストレーターの「きたがわなつみ」です。残暑やコロナの感染予防からステイホームが続くとおうち遊びってマンネリしてきますよね。そんなときは「めばえ」!ってことで、対象年齢児が2人いるわが家での様子をレポートします。参考にしてみてくださいね。

ふろくは「スマホでちゅうもん! アンパンマン でまえ&たくはいびんあそび」

めばえ10月号は、13種類のおしゃべりをするスマホを使って料理と宅配便を注文し、にもつをトラックにつんで届ける遊びができるふろく。

 

「トラック」「トレイとだんボール」「たくはいびんセンターとおみせ」「たべものやしなもの」「ちゅうもんスマホ」本誌とじ込みの「でまえ おとどけポスター」のセットです。

組み立てポイントは?

こちらトラックの組み立ては結構パーツが多くて時間はかかるものの、作業自体は難しくありませんでした。

丁寧に切り取り、丁寧におりグセをつける、それがポイントです!

子どもたちが寝ている隙に、親向け冊子「めばえwith HugKum」で作り方を確認しながら組み立てました。しかし、私の都合で、すぐには遊ばせられず、いったんは子どもの手の届かないところへ。

ところが、子どもたちにすぐに発見され……。

ムスメ「あのアンパンマンのおもちゃなに?」

す、するどい!

ムスコ「あれ、あそびたい〜」

子どもたちはキラキラした目で私を見つめてきます。さすがアンパンマン、強いオーラが出ちゃっているんでしょうね。

スマホのちゅうもんボタンを押すと?

私の手も空いたのでセッティングし、遊びスタート。

まずは、3歳のムスコと遊びました。

「ピザ、うどん、お子様ランチ、ケーキ、売り切れです、たくはいびん…」

と、スマホのちゅうもんボタン13個を全部押したムスコ。

こんなに頼むんかい!と思うほどたくさん押し、ちゅうもんボタンを押すと……?

「ピザ、うどん、お子様ランチ、ケーキ、たくはいびん…をお届けします!」

わぉ! きっちり復唱してくれるのですね。す、すごい。

さっそく、ムスコは、たべものを乗せてトラックを出発させます!

ムスコ「ぶーん」

乗り物が好きなムスコは、走らせるのが楽しいよう♪

続いて、ムスメとも遊んでみました。

さすが、4歳。自分でさっさとセッティング!

ムスメは、スポンジでできているたべものをみて、水遊びで使えるかな?と思ったようですが、残念ながら今回のふろくはスポンジに紙が付いているので、お水の中はNGのよう。

残念そうにしているのも束の間、ちゅうもんスマホを連打して、DJ風に遊んでいました(笑)

「うどうどん、ケケケケケケーキ、ピザ、ピザ、売り切れです、……」

音が出るふろくはやっぱり楽しいようです。

本誌は「アンパンマン ピカピカ はいしゃさん」がダントツ人気

姉弟は、「アンパンマン ピカピカ はいしゃさん」のしかけページが良かったようです。

カバおくんのお口をあーんとあけて、むし歯を治療したり汚れたところをみがいてあげたり……作業を手分けして、仲良く遊んでくれました!

すごい!たいていどっちが先にやるかでケンカになるのに……(^o^)!

お手入れがすんだ歯は、白い歯のシールをペタリ。

貼って剥がせるシールなので、何回も遊べるところも◎です!

他にも盛りだくさんの内容でした。おもちゃの広告にも食いつき……。

ムスコ「これかって!」

指差す先には「ピッと注文サッとお届け!アンパンマンの宅配便」。なるほど~、今回のふろくと一緒に遊べるもんね〜〜、悩んだ末、クリスマスの時にサンタさんにお願いしようね!といったん保留にしました(;’∀’)

親向けの冊子「めばえwith HugKum」では、ムスコが「これたべたい!」と指差す先にはトルコライス! 夫が夕飯にと頑張って作り、私と子どもたちは美味しくいただきました(≧▽≦)

普段1つのおもちゃで仲良く遊ぶ、というのがなかなかみられない姉弟なのですが、本誌で仲良く遊ぶ姿が見られて感動。ふろく&本誌だけではなく親向けの冊子でも、家族みんなで楽しむことができる『めばえ』10月号。みなさんもぜひおうち遊びに活用してみませんか。

 

発売中|特大号 900円(税込)

『めばえ』10月号のふろくは、「スマホでちゅうもん! アンパンマン でまえ&たくはいびんあそび」。13種類のおしゃべりをするスマホを使って、料理と宅配便を注文。にもつをトラックにつんだらお届けしよう! スマホもトラックに収納できるよ。食べ物はふわふわのスポンジ製です。

© やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

文・イラスト/きたがわなつみ(Twitter : @natsukoma、Instagram : @kitakoma

編集部おすすめ

関連記事