8割のママが子育てで落ち込み、9割以上が幸せを実感!母の日目前、幸福感の実態は?

明日は母の日。毎日多忙なママたちが一年に一度、お子さんから感謝を伝えられる日でもあります。家族・子ども向け出張撮影プラットフォーム「fotowa(フォトワ)」が、0歳〜7歳の子どもを持つ母親430人を対象に「母親としての幸福感と子育てに関する調査」を行いました。 その結果見えてきた母親心情のリアルをお届けします。

母親であることの幸せを実感する時が「ある」93.9%

0歳〜7歳の子どもがいる母親を対象に「母親であることの幸せを実感することがありますか?」と問うと、93.9%が「ある」と回答し、実感する時は「子どもの笑顔を見たとき」(75.5%)、「子どもの成長を感じられた時」(71.0%)、「子どもが自分への愛情や信頼を寄せていると感じられたとき」(70.8%)という結果になりました。

また、子どもの成長を実感するときはどんなときかを尋ねると、「今までにない言葉や言い回しを使ったとき」(76.3%)、「小さい頃の写真を見返しているとき」(73.5%)、「今までできなかったことができるようになったとき」(73.5%)が上位を占めました。

<調査概要>
調査名:母親としての幸福感と子育てに関する調査
調査対象:0〜7歳の子どもがいる母親430名(0−1歳:107名/2−3歳:110名/4−5歳107名/6−7歳:106名)
調査期間:2022年4月14日〜4月16日
調査方法:インターネット調査
調査元:fotowa家族フォト総研

8割以上の母親が、子育てについて落ち込むことが「ある」

一方で、「子育てについて落ち込むこと」について問うと、「落ち込むことがある」と回答した人は、83.5%にのぼり、多くの人が子育てに悩み、落ち込みながらの日々を過ごしていることがわかりました。

落ち込む理由の1位は「必要以上に叱ってしまった時」

また「子育てで落ち込むのはどんな時か」を尋ねると、75.5%の人が「イライラして子どもを必要以上に叱ってしまったとき」と回答し、最も多い落ち込み要因となっていることがわかりました。

なかなか言うことを聞いてくれない子どもを相手に、もっと優しく言えたはず、なんでうまく諭せなかったんだろう……などと、つい自己嫌悪に陥ってしまう様子がうかがえます。

  • 「子どもの自然な笑顔の写真」はいつでも元気をチャージできる回復薬!?

  • ©fotowa / 青柳理沙
  • 子どもの写真や子どもを含めた家族写真と子育てについて問う質問では、92.1%の人が「子どもや子どもを含めた家族写真を見て元気をもらうことがある」と回答しました。

【元気をもらえる理由上位3つ】

・子どもの成長を感じて、自分も頑張ってきたと思えるから(57.8%)
・子どもの笑顔を見ると自分の育児に対して肯定的な気持ちになれるから(50.0%)
・この子がうまれてきてくれてよかったと思うから(46.2%)

これらの結果から、育児でなにかと自己嫌悪に陥ることがあっても、子どもや子どもを含む家族写真を見ることで、自己肯定感の一定の回復に期待ができると考えられます。

また、具体的に「幸せな気分になれる子どもの写真はどんな写真か」を問うと「子どもの自然な笑顔の写真」(71.9%)で最も多く、次いで「子どもが赤ちゃんのときの写真」(54.9%)、「家族の思い出の日の我が家らしさを感じる写真」(45.8%)が続きました。

たまには「子どもの写真や家族写真」を見返して

©fotowa / meganecco Photography

5月の第2日曜日は母の日。たまにはご家族でゆっくり「子どもの写真や家族写真」を見返してみるのはいかがでしょうか?

「fotowa」は、撮影して欲しい人とカメラマン(以下、フォトグラファー)をつなぐ、家族・子ども向けの出張撮影プラットフォームです。

シンプルな料金設計と、好きな場所に好きなフォトグラファーを指名して撮影予約ができるのが特徴。マタニティ、ニューボーン(新生児)、お宮参り、誕生日、七五三、卒入園・卒入学、成人式、結婚式の前撮り・後撮り、長寿祝いなど、家族の記念日をキレイな思い出に残すことができます。

fotowaサービス概要

依頼料金:
[平日]19,800円(税込21,780円)
[土日祝]23,800円(税込26,180円)
[ギフト券]26,180円 ※課税対象外
指名料、出張料、撮影料、データ納品料を含みます

納品枚数:原則、75枚以上データ納品(ニューボーンフォトのみ40枚以上の納品)※撮影時の状況または天候等により、当該枚数に達しない場合もあります。

撮影時間:60分

URL:https://fotowa.com/

編集部おすすめ

関連記事