画用紙を使った自由研究のまとめ方|レイアウトや書き方綴じ方のコツ

夏休みの宿題の目玉と言えば自由研究。どんな紙にまとめればいいのかママパパも悩みがち。そこで利用したいのが画用紙。大きな模造紙を使うよりも手軽に使えて、まとめやすいのがポイント。今回は画用紙を使った自由研究をご紹介します。

画用紙に向いている自由研究のテーマとは

自由研究には、画用紙でまとめる以外に、大きな模造紙でまとめるというイメージを持つ人も多いのでは。
そんな中、画用紙を使うのに向いているのはどんな研究なのでしょう。

まずは、細かい実験過程があるもの。例えば、卵の殻が溶ける実験や、氷のでき方実験など、結果を辿って細やかな写真やイラストがある場合には、じっくりと見てもらいたいですよね。そんな場合には迷わず画用紙を選びましょう。
また、陶芸やバスボムなど実際に作ったものを添えてまとめる場合にも画用紙は使えます。

自由研究の画用紙へのまとめ方

自由研究を画用紙へまとめる際に、注意することはあるのでしょう? また、どんな方法でまとめるのがいいのかピックアップしました。

レイアウトを別の紙に下書きする

画用紙にいきなり書き始めてしまうと、修正が難しいもの。ノートや落書き帳に、一度どんな流れでつくるか、配置などを下書きしましょう。
その際に注意したいのが、綴じるところを余白として残しておくこと。線を引いておくと間違えずおすすめ。

見せたいところは大きく書く

タイトルはとにかく一番大きく、ほかにも「きっかけ」「実験方法」や見出しなど見せたい部分は大きく分かりやすく書くことが大事。

写真やイラスト多用する

手元でせっかくじっくり見てもらえる画用紙なので、実験方法などの写真やイラストはたくさん使いたいもの。

表紙や裏表紙の書き方

表紙、裏表紙は、何を伝えたいかが分かるようにしたい場合には、つけるのもあり。
できれば本文よりも分厚い紙を選んでつけてあげるようにしましょう。また、表紙だけではなんの研究か分からないのは残念なので、関連するイラストや写真を貼るのがおすすめ

綴じ方

穴あけパンチで開けた穴に紐やリボンなどを通すのが一般的ですが、しっかり留めたい場合にはホチキスで留めるのもいいでしょう。ただあまり分厚いと留めるのに苦労するかも。

自由研究用の画用紙の選び方

自由研究を画用紙で作ると決めたら、どのように作るかをイメージして用紙やまとめ方を考えましょう。

画用紙のサイズ

画用紙のサイズは、八つ切りのスケッチブックサイズがおすすめ。他のサイズでも文章と写真がちょうどよく入りそうなものを選びましょう。

表紙や裏表紙はなるべく厚いものを

表紙や裏表紙は、しっかりした厚さのものを選ぶと、画用紙で作った研究が実際の研究本のようになり、おすすめ。
中面の紙よりも少し厚く、ホチキスなどで留めやすいものを選ぶうようにしましょう。また、中面の色とは変えるのもいいですね。

四角形に限らず選ぶ

自由研究と言うと、四角形というイメージがありますが、例えば卵の実験なら楕円型に丸く切ったり、研究のテーマに沿ったような形に切れるの画用紙ならではのが大きなメリット。でも書き方には注意が必要なので、しっかり下書きをしてから取り組みましょう。

手軽に取り組める画用紙の自由研究

模造紙など普段扱うことのない紙で作るよりも、慣れた画用紙で書くのはメリットが大きいもの。とは言え、つらつら書いてしまっては意味がないので、しっかり研究内容が分かりやすくなるようにサポートしてあげましょう。

あなたにはこの記事もおすすめ

【自由研究のまとめ方】模造紙・日記・アルバム・スクラップブックの使い方のコツやおすすめアイテムをご紹介!
自由研究のまとめ方のコツ 自由研究の「実験研究」「観察研究」「工作研究」「調べ学習」はそれぞれ進め方、やり方が大きく違いますが、まとめ方の...
自由研究の「まとめ」にぴったりな模造紙風ノート発見!小サイズで持ち運びも書き心地もいい♡
自由研究をまとめる時の悩み。「あーあるある」を解決したい! 自由研究はただ実験や調べ物をすればいいだけではありません。その内容を他の人に伝...

夏休みの自由研究
↓↓テーマ探しなら…ここをクリック↓↓

文/ 松川麗 構成/HugKum編集部

夏休み☆自由研究ハック

編集部おすすめ

関連記事