大人気絵本キャラ「リサとガスパール」と「こねこのプーフー」がパリで出会った♪

日本国内でも大人気、パリの香り漂うおしゃれでかわいい物語「リサとガスパール」。その同作家が手掛ける絵本シリーズ「こねこのプーフー」の新作が登場! それに際して「こねこのプーフー」と「リサとガスパール」のコラボなど、ファン必見の情報をお伝えします。

「こねこのプーフー」って?

「こねこのプーフー」とは、夢見がちな男の子プーフーが毎晩おやすみの前にパパとママに聞かせる、空想の物語を題材にした絵本シリーズ。サンタさんに会ってみたり、夏なのにスキーをしてみたり。夢の中のできごとのようなおはなしは、どれも夜の読み聞かせにぴったりです。

作者は「リサとガスパール」生みの親

「ふわふわでやわらかいやんちゃな男の子」という意味を込め名付けられた「プーフー」は、作者の家族のこねこがモデルなんだとか。その作者とは「リサとガスパール」も手掛けているフランスの作家、アン&ゲオルグ・ハレンスレーベン夫妻。「リサとガスパール」での印象深い独特のタッチやユーモラスな物語は「こねこのプーフー」にも共通しています。

アン&ゲオルグ・ハレンスレーベン夫妻

「こねこのプーフー」新作絵本で、 プーフー、リサとガスパールについに対面!

そんな「こねこのプーフー」シリーズの第9・10弾が刊行されました。 気になるその物語をかんたんにご紹介します。

今回の登場キャラクターは、ドラゴン、そしてリサとガスパール

新作でもこれまでのようにパパとママにたのしいお話を聞かせてくれるプーフー。『こねこのプーフー9巻/ドラゴンにあったよ!』では、保育園にやってきたドラゴンとの交流のお話を、『こねこのプーフー10巻/リサとガスパールにあったよ!』では、なんとパリへと出掛けたプーフーがリサとガスパールに街を案内してもらったお話を聞かせてくれます。

「リサとガスパール」誕生20周年を記念したコラボ

プーフーの絵本の中に、なんとリサ&ガスパールが登場!

 

「リサとガスパール」は2019年に誕生20周年を、2020年には日本語出版20周年を迎えます。プーフー新作絵本への「リサとガスパール」の登場は、そのアニバーサリーを祝したもの。リサとガスパールと出会ったプーフーは、いったいどんな旅をたのしむのでしょうか? ファン必見の一冊です。

リサとガスパール公式HPはこちら≪

特製バッグプレゼントキャンペーンも実施

さらに、「リサとガスパール」日本上陸20周年を記念し、プーフーとのコラボバッグのプレゼントキャンペーンも実施!

新作絵本の表紙がモチーフの2WAYバッグ

新作絵本「こねこのプーフー10巻/リサとガスパールにあったよ!」の表紙がプリントされたとってもレアな特製バッグは、手提げとしても肩掛けとしても使える2WAY式。プーフー&リサとガスパールを、ショッピングやおでかけのおともに連れて行ける便利でかわいいバッグです。

プーフー新作絵本を二冊購入して応募できる

特製バッグは『こねこのプーフー9巻/ドラゴンにあったよ!』『こねこのプーフー10巻/リサとガスパールにあったよ!』の2冊を購入した方から抽選で200名にプレゼントされます。応募券を貼付の上、ご応募ください。キャンペーンの締め切りは2020年2月末。またとないこの機会をお見逃しなく!

プーフーといっしょにゆたかな空想を

寝る前の読み聞かせにぴったりの「こねこのプーフー」の物語。新作絵本ではドラゴンやリサとガスパールも登場し、お子さんの想像力もさらにゆたかに育むことができそう。絵本をいっしょにたのしみながら、ときにはプーフーのパパとママのように、お子さんの空想の世界にも耳を傾けてあげてくださいね。

アン&ゲオルグ・ハレンスレーベン作・ふしみみさお訳 小学館 本体1200円+税
「こねこのプーフー」シリーズ第9弾。毎晩おやすみの前にパパとママにおはなしを聞かせる夢見がちな男の子、プーフー。今回は、なんとドラゴンが保育園にやってきたおはなし。プーフーとドラゴンのユニークな親交をおたのしみください。

「こねこのプーフー10巻/リサとガスパールにあったよ!」
アン&ゲオルグ・ハレンスレーベン作・ふしみみさお訳 小学館 本体1200円+税
シリーズ第10弾は、プーフーがあの大人気キャラクターのリサとガスパールにパリを案内してもらったおはなし。3人ならではの、ついつい笑みがこぼれるようなユニークでかわいいパリツアーが繰り広げられます。

構成・文/羽吹理美

編集部おすすめ

関連記事