ボーダーの子供服9選|韓国子供服や男の子&女の子用の人気ブランドのおすすめを厳選

おしゃれで人気のボーダーは大人の服だけでなく、子供服でも大人気。可愛くて人気の韓国子供服や男の子におすすめの人気ブランドのボーダーTシャツ、ボーダーのワンピースなど、幼児用から小学生用まで、ボーダー柄の子供服のおすすめを一挙に紹介します!

おしゃれで人気!ボーダーの韓国子供服

 

【選びのポイント】

大人のトレンドを取り入れるのが上手な韓国ブランドの子供服。少しゆったりめのボーダーTシャツは、着るだけで今っぽい雰囲気に。

【1】『長袖ボーダーTシャツ(90~130cm)』

◆おすすめポイント

袖が少~しふっくらのバルーン袖♪後ろのリボン結びが可愛い、長袖ボーダーTシャツです。定番デザインの中にも女の子らしさがある子供服です。

【2】『半袖ボーダーTシャツ(120~160cm)』

◆おすすめポイント

薄手で着心地の爽やかなコットン素材。コーディネートしやすい定番のボーダー柄Tシャツ。肩幅を広めに取った、トレンドのゆったりシルエットです。
インナーが見えないように襟はベーシックな開きのクルーネック。首まわりはリブ仕様なのですっきり見えます。シンプルな細ボーダー柄でコーディネートしやすいのが魅力。

男の子におすすめ♪人気ブランドのボーダー子供服

【選びのポイント】

刺繍や配色の遊びなど、少しアクセントを効かせたボーダーTシャツが男の子にはおすすめ。ボーダーのピッチが細めや太めでも印象が変わるので、気分に合わせて使い分けするのもおすすめ。

【1】『グラニフ(graniph) 刺繍入り 半袖ボーダーTシャツ(90~130cm)』

◆おすすめポイント

「グラニフ」のキッズ刺繍ボーダーTシャツです。風合いの良いボーダー天竺を使用したベーシック型のTシャツ。タコスマンにハートスケルトン、お豆の三兄弟などなど、様々なキャラクターが一同に集結!力の抜け具合が見事に決まった、ファンキー&ポップテイストの個性的なデザインです。

【2】『ブランシェス(branshes) 長袖ボーダーTシャツ(80~130cm)』

◆おすすめポイント

「ブランシェス」のボーダー長袖Tシャツ。ラウンドにカットした裾デザインでパンツをすっきり見せられ、1枚着でもさまになるTシャツです。インナー使いにも取り入れやすいカラーリングで、1枚は持っておきたいマストアイテム。

【3】『ブランシェス(branshes) マルチボーダー長袖トレーナー(80~150cm)』

◆おすすめポイント

程よい肉感でデイリーにも使いやすいトレーナーです。秋冬らしいシックなカラーで組んだマルチボーダーでコーディネートにアクセントを加えてくれます。

女の子におすすめ!人気ブランドのボーダー子供服

【選びのポイント】

フリルやチュニック、スカッツなど、女の子ならではのディテールやアイテムも、ボーダーなら甘くなりすぎずにヘルシーに普段使いできます。着まわしやすいモノトーンやネイビーベースなどを選ぶのがおすすめです。

【1】『ブランシェス(branshes) 袖リボン長袖ボーダーTシャツ(80~130cm)』

◆おすすめポイント

ブランシェスの袖リボンボーダー長袖Tシャツ。袖にあしらったリボンモチーフがポイントの、女の子らしいボーダー長袖Tシャツです。日々の洗い買えにもおすすめ。

【2】『コドモビームス ボーダー長袖ワンピース(100~140cm)』

◆おすすめポイント

ネイビー×ブラウンのボーダーワンピは、上品な配色とカジュアル感が絶妙。タイツやレギンス、デニムパンツ等とのレイヤードスタイルもおすすめ。

【3】『ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング ポンチボーダー長袖ワンピース(115~135cm)』

◆おすすめポイント

少しハリ感のあるポンチ生地のボーダーワンピース。胸元にタックを入れた、ほんのり広がるシルエット。バックにリボンを並べた女の子らしいデザインでデイリーにもお出掛けにもぴったりです。

【4】『ベビードール(BABYDOLL) ボーダースカッツ(80~140cm)』

◆おすすめポイント

毎日のコーデを楽チンに可愛く♪スカート付ウルトラストレッチパンツです。
360度ストレッチの効いたウルトラストレッチ生地は抜群のフィット感で動きやすく履きやすい!
一体化されたスカートは計算されつくした絶妙の丈で女の子らしくスタイルアップしてくれます。
通園・通学やデイリー使いに、様々なシーンで大活躍!

カジュアルもきれいめもOKなボーダー柄

単調になりがちなコーディネートに、ボーダーのアイテムが入ると、程よいカジュアル感やアクティブさが加わります。モノトーンを選べば、きれいめな着こなしや大人っぽくまとめることもできます。お気に入りのボーダーアイテムを子どものワードローブに加えて、幅のある着こなしを親子で楽しみたいですね。

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事