5人に1人が悩んでるデリケートゾーン問題!あなたは「膣内環境」大丈夫?かゆみ、ニオイ、性交痛を我慢しないで【産婦人科医監修】

疲れがたまってきたり、寝不足が続いたりすると、デリケートゾーンににおいやかゆみ、おりものの変化を感じることはありませんか? 免疫が落ちると風邪をひきやすいように、膣内も菌が繁殖しやすくなるそうです。デリケートゾーンは健康のバロメーター。膣内環境を整える方法を、デリケートゾーン専門医療品の開発に関わった、産婦人科医・丹羽咲江先生に教えてもらいました。

 

 

デリケートゾーンの悩みを抱える女性は5人に1人

家事や仕事、そして育児に追われるママは、自分の体が悲鳴をあげていることに気づかず、無理を重ねがちです。すると、生理前におりものが増えたり、かゆくなったり、さらにはニオイが気になる‥‥などのトラブルを抱えることがあります。デリケートゾーンの悩みは人にも相談しにくいうえに、病院に行くほどでもないかなと我慢しがちで、さらに不調がストレスになりやすくなります。

咲江レディスクリニック院長の産婦人科医、丹羽咲江先生によると「デリケートゾーンに関する悩みは、実は5人に1人の女性が抱えています(*1)。デリケートゾーンは石鹸で洗いすぎると菌バランスが崩れると言われています。健康な女性の膣の中にはデーデルライン桿菌という雑菌を抑えるいい菌がいて、自浄作用といって、膣内で雑菌が繁殖しないように調整しています。しかし、今はストレスや忙しさで、自浄作用が低下している女性が多く、膣内の菌バランスが崩れて、かゆみみやニオイなどのトラブルが増えています。忙しいママは病院に行く時間を作るのも大変で、ひとりで悩んでいるケースもあります」とのこと。

*1 2012年持田ヘルスケアによるインターネット調査(対象2050代女性412名)

 

韓国で行われている「乳酸ケア」に注目

最近ではオイルを使った「会陰マッサージ」などが話題になりましたが、デリケートゾーンのケアについて、日本では学ぶ機会がほぼありません。海外では、デリケートゾーンの蒸れやニオイ対策の陰毛ケアがあたりまえ。お隣の韓国では「乳酸がニオイを取る」という教えが昔からあり、産後を過ごす産後院では、膣内ケアに乳酸を注入するそうです。

「健康な女性の膣の中は、ph3.84.5くらいの酸性よりに保たれています。健康なおりものは少しすっぱいニオイがしますが、炎症を伴うおりものは生臭いニオイがします。自浄作用が低下した膣の中は、アルカリ性に傾きやすく、膣内に雑菌が繁殖しやすくなります」と丹羽先生。膣内のペーハーバランスを保つことが、膣内環境を整えるポイントなのです。

 

かゆみやニオイを押さえ、膣内環境を酸性に保つことが大事

膣のかゆみやニオイなどで病院を受診すると、膣剤が処方されますが、膣剤は苦味があったり白い液体で下着が汚れるなどして不快。また外陰部に塗る軟膏の市販薬もありますが、対症療法であり、根本的な治療にはなりません。

できればトラブルを未然に防ぎたいですが、疲れないようにするなどのセルフケアは忙しいママにとっては、なかなか難しいものです。そこで、丹羽先生は「膣内の菌を抑えないと、ニオイやかぶれは治りません。それには膣内を酸性に保つことが大事。いまは乳酸配合の専用ジェルがあるので、生理の前後や、性交の前後などに、予防的にケアしておくと、膣内のペーハーバランスを保つことに役立ちます」とアドバイス。忙しくて病院に行く時間がない人や、産婦人科の診察に抵抗感がある人は多いですが、自分でセルフケアできるのは助かりますね。

産後ママに多い「性交痛」も膣内環境の乱れが原因

なかなか人に相談しずらいことですが、産後のママの中には「性交痛」に悩む人も少なくありません。ふたり目がほしいけれど、痛みが怖くて、セックスするのが怖いという声も。丹羽先生によると「授乳中は女性ホルモンが低下するため、膣内の粘膜も薄くなり、痛みが出やすくなります。また、育児疲れなどで膣内環境が乱れ、外陰部が荒れて痛みにつながることもあります」とのこと。「性交痛」のケアのためにも、膣内環境を整えることが大切だそうです。

 

膣内環境を整えるセルフケアを、毎日の習慣に

実は男性たちの中には女性のデリケートゾーンのニオイを気にする人も多いそうです。優しさから言葉にしない男性がほとんどですが、パートナーのためにもケアをしておきたいですね。「膣内に挿入する乳酸ジェルと合わせて、普段から専用ソープで外陰部を清潔に保つといいでしょう。制汗スプレーのように、ニオイや蒸れ対策にシュッと吹きかけられる専用スプレーもあります。膣内や外陰部の皮膚や粘膜は、顔の皮膚と同じくらいデリケート。肌をお手入れするように、デリケートゾーンのケアを習慣にしてください」と丹羽先生。

家族が幸せで過ごせるためにも、膣内環境を整えるセルフケアを、毎日の習慣にしたいですね。

 

★産婦人科医・丹羽咲江先生が開発に関わったデリケートゾーン対策医療品★

phバランスを保ち膣内環境を整える専用ジェル「インクリア」

https://hanamisui.jp/lineup/inclear.html

デリケートゾーンのお肌をいたわりながら清潔に保つ専用ソープ・スプレー「アウトクリア」


https://hanamisui.jp/lineup/outclear.html

 

教えていただいたのは

産婦人科医 丹羽咲江先生

咲江レディスクリニック院長。日本産婦人科学科会員。日本性科学会認定セックス・セラピスト 日本性科学会幹事。名古屋医療センターなどに勤務したのち、平成14年にクリニックを開院。平成22年より思春期外来も開設。中高大学生向けの「性教育」、一般女性向けの「女性の健康」に関する講演活動などでも活躍

 

 取材・構成/江頭恵子

デリケートゾーン、お手入れしてる?ママ起業家が子どもと使えるケア商品を開発した理由。
HugKum編集部で定期的に行っているライター編集会議で、ある日話題になったのが「デリケートゾーンのケア」の話です。ママであるメンバーの中で...

編集部おすすめ

関連記事