産後も着れる授乳口付きパジャマでママも安心!季節別おしゃれでかわいいマタニティパジャマを季節別に厳選

赤ちゃんがいるママなら、パジャマ選びにもこだわりたいもの。妊娠中から着ることができて、肌にやさしく、授乳口付きやウエスト調節が可能なパジャマは、ママにとっても使いやすいはず。当記事では、マタニティパジャマの選び方や、授乳しやすいマタニティパジャマの必要性をチェック。また、春、夏、秋、冬それぞれの季節におすすめのおしゃれなマタニティパジャマをご紹介しましょう。

授乳をしやすいマタニティパジャマは必要?

授乳パジャマ
マタニティ時から出産後も使えるパジャマが便利。

「マタニティパジャマ」とは、お腹が大きくなってきた妊婦さんが着るためのパジャマのこと。一般的には、出産で入院するときに着用するためのものを指します。分娩時には病院着を着ることになりますが、それ以外は病院で過ごすほとんどの時間をパジャマで過ごすことになります。出産を終えて体のあちこちに負担がかかっている状態のときだから、できるだけ快適にリラックスして過ごせるパジャマがやっぱり必要です。それに、赤ちゃんの授乳を2~3時間おきにするほか、医師や助産師の診察を何度も受けたりすることもあります。

普段のパジャマでも問題はありませんが、パンツタイプのものだと何度もパンツを脱いだり着たりする必要があり、面倒と感じるかもしれません。その点、マタニティパジャマは前開きで丈が長いタイプが主流のため、何度も脱ぎ着するような場面でも煩わしさを感じにくくなります。また授乳口がついているタイプや、ウエスト調整ができるタイプも多くあります。

授乳中のママも安心!マタニティパジャマの選び方

妊娠、出産から産後の授乳中まで活躍するマタニティパジャマを選ぶときは、次のポイントをおさえておくと良いでしょう。

授乳口がある

授乳口がないパジャマの場合、パジャマを脱がないと赤ちゃんにおっぱいをあげることができなくなってしまいます。でも、授乳口があるパジャマなら、パジャマを着たまま授乳が可能。特に寒い季節や夜中の授乳時などは、寒さを感じずにすむと楽でしょう。ただ授乳口があるタイプでもさまざまなタイプがあるので、自分の体に合うものを見つけられるとベストです。

ウエスト調整ができる

マタニティパジャマは、妊娠初期から出産直前のお腹が大きくなる時期をへて、出産後も使う方も多いはず。だから、お腹の大きさにあわせてウエストのサイズを調整できるタイプがおすすめです。お腹の大きさがあっていないと、ウエストがきつくて苦しい思いをすることになりかねません。

前開きのデザイン

初めて出産した方は特に授乳に慣れていないので、なかなか上手に赤ちゃんにおっぱいをあげられないこともあります。そんなときは、体の前面を大きく開けられる前開きのデザインがおすすめ。また入院中の診察時などでも脱ぎ着しやすく、横になった状態でも着替えしやすいというポイントもあります。病院によっては、前開きのタイプのパジャマを用意するよう指定されることもあります。

【春】におすすめのおしゃれなマタニティパジャマ

寒かった冬が終わり、だんだんと暖かくなっていく春。春に着るマタニティパジャマのおすすめのものをご紹介しましょう。

春は気温の変化に注意

夏を感じさせるような暖かい日もあれば、冬に逆戻りしたように冷える日もあったり、春は気温の変化が激しい季節です。体をしっかり保温してくれる素材で、なおかつ暖かい日は快適に着られるように、通気性のよいコットン素材がおすすめです。

長袖の「授乳口付きダブルストライプパジャマ」(西松屋KID’s)

膝丈まである長めのトップスが便利な、ストライプタイプのマタニティパジャマです。少し厚めの生地だから、少し肌寒さを感じる日でも大丈夫。


長袖の「帝王切開ママにやさしい授乳対応マタニティ長袖パジャマ」(ベルメゾン)

帝王切開後の傷口に当たらないデザインで、胸部分には当て布がほどこされノーブラでも目立ちにくい仕様。裏スナップボタンをはずせば、前開きできます。キュートなボーダー柄も魅力的。


ワンピースの「マタニティパジャマ」(ワコール)

ルームウェアとしても着られる、おしゃれな長めのマキシ丈ワンピース。胸元には、授乳時に便利な開きがあります。


【夏】におすすめのかわいいマタニティパジャマ

1年のうち最も暑い季節に着るマタニティパジャマは、暑さをしのぎやすい素材やデザインであることがやっぱり大切です。

夏は吸湿性&通気性に注意

汗をたくさんかく季節だから、吸湿性や通気性のよい素材であることが基本。おすすめはコットン100%の素材です。ノースリーブタイプのものもありますが、寒がりの方の場合、冷房のきき具合によって肌寒さを感じないように注意が必要でしょう。

半袖の「マタニティ パジャマ」(ベルメゾン)

半袖のトップスとパンツの2点がセットになったタイプで、首まわりや袖口、パンツのサイドのシフォン生地がオシャレな印象。パンツのウエストは伸びの良いストレッチ天竺素材を使用し、トップスには授乳口が付いています。


長袖の「授乳口付き天竺ストレッチドット長袖パジャマ」(西松屋KID’s)

やわらかな手触りとストレッチがきいた素材のドット柄マタニティパジャマ。授乳口とウエスト調節ゴムが付いています。


ワンピースの「ドルマンナイティ 竹繊維7分丈レギンス付」(スウィートマミー)

ストレッチ性抜群の7分丈竹繊維レギンスが付いたワンピースタイプ。レギンス無しでワンピースとして着ても、レギンスを合わせて着てもOK。両サイドのリボンでウエスト調整ができ、タンクトップ型の授乳レイヤーがセットになっています。


【秋】におすすめのオシャレなマタニティパジャマ

少しずつ肌寒くなってくる秋。授乳で肩を出したり裾をまくったりするのが、少しずつつらくなってくる季節です。

秋は授乳時の寒さに注意

寒くなってきたときでも授乳しやすいのは、授乳口がついたタイプのマタニティパジャマです。使い勝手のいい授乳口がついていることは、マストとして考えましょう。

カーディガン付きの「マタニティ長袖パジャマ3点セット」(ベルメゾン)

ワンピース風に着られるロング丈のトップスと、カーディガン、パンツの3点セット。トップスは前開きできるタイプです。その日の気温にあわせてカーディンガンを活用できます。


長袖の「授乳口付きダンボールボーダー切替柄パジャマ」(西松屋KID’s)

ボーダー柄の切り替え付きデザインが可愛らしいマタニティパジャマ。授乳口がついて、ウエストはゴムで調整可能です。


ワンピースの「マタニティワンピース」(スウィートマミー)

タンクトップ型授乳レイヤーとワンピース、パンツの3点がセットになったタイプです。ほどよく厚みがあり保温性のあるコットン100%で気持ちいい肌触り。パジャマっぽく見えないデザインも◎。


【冬】におすすめの可愛いマタニティパジャマ

寒さが厳しくなり、日中の授乳はもちろん、特に夜中の授乳が大変になるのが、冬。ママの体を冷やさない温かい素材のマタニティパジャマがおすすめです。

冬はあったか素材を選ぼう

冬のパジャマなら裏起毛タイプのような、温かい素材のものが断然おすすめ。授乳口がついているタイプはもちろんですが、それでも肌寒さを感じる季節なので、体を冷やさないように注意しましょう。

裏起毛の「授乳口付き裏起毛ドット柄長袖パジャマ」(西松屋KID’s)

温かい裏起毛タイプのマタニティパジャマ。左右両方に授乳口があり、伸縮性の良いウエスト部分でお腹をしめつけません。


長袖の「超あったかい!マタニティパジャマ」

2色の糸を織り込んだメランジ加工で、あたたかいモコモコとした素材のパジャマ。開閉スムーズなバインダータイプの授乳口が付いて、ウエストは調節可能です。


ワンピースの「授乳対応マタニティ長袖裏起毛ワンピースパジャマ」(ベルメゾン)

表地側はカットソータイプで、裏地側は起毛タイプのため、あたたかく気持ちの良い肌あたり。左右にスリットの授乳口があり、ウエストの紐で調整可能です。


産前から産後まで長く使えるものを選ぼう

妊娠から出産まで女性の体は大きく変化していくもの。マタニティパジャマには、そんな大事な時期をサポートしてくれる便利な機能がたくさんついています。妊娠中も出産後も快適に過ごせるように、自分に合って長く使えるマタニティパジャマを探してみましょう。

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事