2億3000万年前にタイムスリップ!? 恐竜ぼうしでストレスを吹き飛ばそう!【 KITTE OTTE 】

最強の恐竜をつくってみよう!

自粛要請が緩和されてやっと外に出かけやすくなったと思ったら、今度は梅雨入り…。外遊びを思い切り楽しめない日が続きますね。そんなモヤモヤした気持ちを吹き飛ばすには、大声を出すのがいちばん。子どもたちが大好きな恐竜になりきって遊べる「恐竜ぼうし」を作ってみてはいかがでしょう。

恐竜といえば2億年以上も前に誕生し、16千万年もの長い期間生息し栄えていた、地球史上でも最強の陸生動物。その人気の高さは子どもはもちろん、大人たちも魅了するまさに古生物界の大スター。でも実際の生態はもちろん、進化の過程など、恐竜の研究はまだまだ発展途中。いまだ謎に包まれたミステリアスな存在なのです…。

かぶって、叫んで、盛り上がろう

恐竜ぼうしで本物になりきって、大声で「ガオーッ」と叫んでみると、溜まっていたストレスも退散!  目を大きくしたり、キバをつけたりなど、誰が一番強そうな恐竜を作れるか、兄弟、姉妹や友達と競ってみるのも楽しそうですね。

恐竜ぼうしの作り方

用意するもの

はさみとのりだけ。

作り方

キッテオッテのサイトから「恐竜ぼうし」の台紙をダウンロードできます。お家のプリンターやコンビニのネットプリントなどで出力してください。

↓ 台紙や詳しい作り方はこちらから

1)ピンクの切り取り線にそって切ります。

2)頭のてっぺんのパーツは、点線を谷折りにして、折り目をつけます。カッターの背や定規を使うと、折り目をつけやすいです。

3)側面のパーツとてっぺんのパーツをのりで貼って、完成!

4)内側に、テープでゴムをつけるとかぶった時にずれにくいです。

 

色やパーツを足してオリジナルの恐竜にアレンジ!

TVや本で見る恐竜は茶系で描かれることが多いのですが、実はからだの色は、まだはっきりとはわかっていません。羽毛が生えていたという説が出てきたのも最近のこと。
台紙には自由にアレンジできる真っ白のテンプレートもついているので、「本当はこんな色だったかも」と想像を巡らせながら色を塗ったり、毛糸を使って羽毛を生やしたりして、自分だけのオリジナル恐竜をつくってみてください。
かっこいい恐竜、コワい恐竜、不思議な模様の恐竜など、いろんな恐竜をつくって、それぞれに動きや鳴き声をつけると、恐竜の世界感をもっと楽しめますよ。

ナゾだらけな恐竜の世界を学べる!

台紙と一緒にダウンロードできるミッションシートでは「恐竜の牙の大きさはどれくらい?」など恐竜について学べる豆知識も紹介しています。

作るだけではなく、どの時代にどんな恐竜がいたのか、実際の大きさや住んでいた場所、走る速さなどを調べてみると色んな発見があっておもしろいですよ。

お家の中を森や岩場など、恐竜がいそうな場所に見立てて、本物になりきってみませんか。

 


KITTE  OTTE(キッテオッテ)

10分でつくる、創造力」をコンセプトに、つくることが大好きなクリエイターではじめた子ども向けの工作×学びのサイト。「つくること」を「考えること」の入口として、科学や生き物、宇宙など、いろんなことに興味を持ち、考えたり、工夫したり、失敗したりなど、すべての根っこになる「創造する力」を磨くことをめざしています。

【キッズデザイン賞受賞!】Instagram @kitteotte
Twitter @kitteotte
Facebook @kitteotte

暑い季節に食べたくなるアイスの“棒”で、オリジナルブレスレット作り!【 KITTE OTTE 】
アイスを食べたら、かんたんブレスレット作り! GWも終わり、気がつけばもう6月。ますます気温も上がってきて、いよいよ夏本番です。こ...
手作りのアトラクション「忍者のマト当て」で、子どもと遊園地気分を満喫しよう ! 【 KITTE OTTE 】
作り方も遊び方もシンプル! 折り紙の手裏剣で遊べる「忍者のマトあて」 暗闇の中を走り抜け、ササッと手裏剣を投げて敵を討つ。ご存知、忍者...
おでかけ自粛のGWは「おウチdeプラネタリウム」で満天の星空を満喫【 KITTE OTTE 】
ダンボールを使ったアイデアプラネタリウムづくりに挑戦! 春夏の人気のお出かけスポットと言えば「プラネタリウム」。大きなスクリーンに...

編集部おすすめ

関連記事