フランス発のブランド子供服10選|おしゃれな人気ブランドのキッズウェアを厳選

フランス発の子ども服ブランドは、シンプルで洗練されたデザインや上質さが人気です。今回は、フランス発の老舗ブランドの人気アイテムを女の子用と男の子用に分けてご紹介します。センスのいい方へのギフト用にもおすすめです。

おすすめのフランスブランド子供服【女の子用】

 

★ココに注目!

リバティ柄やフリル使い、繊細な刺繍など、フランス発のブランドらしいハイセンスなアイテムは、どれも主張の強いデザインではありません。それでもシルエットが洗練されているから、袖を通すとドラマティックに映えるのです。

【1】『ボンポワン(bonpoint) チェリー柄セットアップ』

◆おすすめポイント

フランスを代表する老舗子供服ブランド「ボンポワン(bonpoint)」から、チェリー柄が可愛いセットアップです。プレゼントにも最適。

 

【2】『ボンポワン(bonpoint) デニムワンピース』

◆おすすめポイント

前身頃全てボタンのデニムワンピース。ウエストもシェイプされていて、とても形の綺麗なワンピースで、ストレッチも効いてます。

 

【3】『ボントン(BONTON) フリル ブラウス』

◆おすすめポイント

コットンボイルのフリルブラウス。秋冬らしいフンワリした素材感のコットンボイルとフリルの雰囲気がよりファジーで甘く柔らかい着こなしを演出してくれます。

 

【4】『プチバトー(PETIT BATEAU) デニムジャンパースカート』

◆おすすめポイント

しっかりとした生地感の中にも伸縮性を備えた、ストレッチデニム素材を使用したデニムジャンパースカート。カジュアルながらも、ショルダーストラップに配したフリルのあしらいで女の子らしさを表現しています。肩口とウエストの両脇にはメタルボタンを配置。

 

【5】『プチバトー(PETIT BATEAU) マリニエール半袖Tシャツ』

◆おすすめポイント

定番のマリニエール柄を、ピーターパンカラーと袖山ギャザーで女の子らしく。第二の肌とも呼ばれるやわらかな手触りでキッズたちを優しく包む、1×1リブ編み素材を使用。首後ろにはスナップボタンを配し、お着替えも楽々。爽やかなマリンテイストの佇まいで、春夏シーズンにピッタリな半袖Tシャツです。

 

【6】『ボヌールデュジュール(BONHEUR DU JOUR) 胸元刺繍ワンピース』

◆おすすめポイント

胸元の刺繍がとってもキュートなワンピース。柔らかな綿100%で肌触りが良く、裏地付きなので透け感も気にせず着ていただける一着です。寒い季節にはカーディガンやタイツと合わせるのがオススメで、秋冬のお出掛けにぴったりな可愛いデザイン。出産祝いをはじめとした贈り物にも喜ばれます。

 

おすすめのフランスブランド子供服【男の子用】

 

★ココに注目!

男の子用の服なら、ボントン、プチバトーのボーダーニットやポロシャツ、鮮やかな色のアウターがおすすめ。着こなしの核になるアイテムを1点投入するだけで、ぐっと着こなし全体がおしゃれに仕上がります。

【1】『ボントン(BONTON) ミラノリブニット』

◆おすすめポイント

コットン素材のミラノリブニットはしっかりとした編み地にも関わらず、柔らかな肌触り&程よい伸縮性がとっても便利な一着です。シルエットはミラノリブ独特の身体にフィットするタイトなラインが特徴。伸縮する為、ストレスなく着用できます。

 

【2】『プチバトー(PETIT BATEAU) ヨットパーカ』

◆おすすめポイント

「プチバトー」を代表するアイテムのひとつ、ヨットパーカ。裏地には極細ボーダーのやわらかなミラレ素材を採用。袖口はリブ編み、フロントはファスナーと比翼の二重仕立て。雨の日やアウトドアにも重宝します。

 

【3】『プチバトー(PETIT BATEAU) プリント半袖Tシャツ』

◆おすすめポイント

淡いトーンのベースカラーに配色の首・袖リブをあしらった、爽やかなラグランスリーブTシャツ。ネックの後ろはスナップボタン仕様で、お着替えも楽々です。

 

【4】『プチバトー(PETIT BATEAU) カラーバミューダパンツ』

◆おすすめポイント

春夏キッズスタイルをスポーティに彩る、デイリーユースにおすすめのバミューダショーツ。シンプルなデザインのボトムスはどんなアイテムとも合わせやすく、デイリーに大活躍します。

どことなくおしゃれにキマる、フランス発の子ども服

フランス発の子ども服を紹介してきました。ボーダーのニットやトップス自体は見慣れたアイテムですが、今回紹介したプチバトーやボントンのトップスは、おしゃれ感が一味違います。普段の着こなしに1点投入するだけで、ぐっとおしゃれにキマりますよ!
文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事