「お母さん、くさい、気持ち悪い!」を連発する小1の娘。憎たらしくなってしまい…【愛子先生の子育てお悩み相談室】

子育ては日々悩みの連続ですね。保育者歴47年、常に子どもに寄り添い、ママたちからの信頼も厚い自主幼稚園「りんごの木」の柴田愛子さんが、豊富な経験を元に、悩めるお母さんにアドバイス。

私に「くさい」「気持ち悪い」と言ってくる娘。下の子までがマネするようになってしまい…

最近、娘が私に対して「お母さん臭い」「気持ち悪い」などと言ってきます。「そんなこと言っちゃダメ!」と注意するのですがやめません。とくに自分の思い通りにいかないときに言います。主人がきつく叱ったこともありますが、主人がいないところで言ったりします。相手にしないで聞き流したり、笑いに変えたりもしたのですが効果なし! 3歳の下の子までマネするようになりました。そんな娘のことが最近、憎たらしく、かわいくなくて! どうしたらいいでしょうか。(小1の女の子のママ)

 

母親への嫌がらせは、女の子の場合「かまって!」のサインです

確かに「お母さん臭い」「気持ち悪い」なんて言われたら、嫌ですよね。でも、お母さんに嫌われたいと思っている子は一人もいません! お母さんに対して嫌がらせをするのは、「かまって!」「私のこと見て!」のサインです。そうした気持ちを素直に表現できず、お母さんを怒らせることで“かまってもうおう”とするのです。

ダメなことは注意しつつも、娘さんと触れ合う時間を増やしてあげて

「最近、言い出した」とありますが、娘さんが不安になったり、イライラしたりするような原因はありませんか? 娘さんは1年生ですが、小学校での生活はどうでしょう? 下の子との関係は、うまくいっていますか?

原因は何であれ、お母さんへの悪態は直したほうがいいので、これまで通り注意したり、聞き流したりは続けてください。その一方で、一緒におふろに入ったり、夜、一緒に寝たり、寝る前に絵本を読んであげたりして、娘さんと触れ合う時間を意識して増やしましょう。

子どもは、自分の思いを素直に表現しません。親が嫌がるようなことをいくら言っても、お母さんのことが本当に大好きです。その気持ちはわかってあげてくださいね。

「お母さん、いい匂いにしたよ!」って香水でもつけてみたらいかがですか?

 

柴田愛子 しばた・あいこ

保育者。自主幼稚園「りんごの木」代表。子供の気持ち、保護者の気持ちによりそう保育をつづけて36年。小学生ママ向けの講演も人気を博している。ロングセラー絵本『けんかのきもち』(ポプラ社)、『こどものみかた』(福音館書店)、『あなたが自分らしく生きれば、子どもは幸せに育ちます』(小学館)など、多数。

イラスト/海谷泰水

編集部おすすめ

関連記事