先生と子供へ贈る「卒園メッセージ」書き方&例文と手作りカードアイデア

保育園や幼稚園の卒業が近づいてくると、親や子供は卒園メッセージを書くようにお願いされることが多いもの。そこで親(ママ&パパ)から子供へ、子供から先生へ、ママ友へ卒園メッセージを贈るとき、どんな書き方をすればいいのか、例文とともにご紹介します。

また、手作りの卒園メッセージカードや卒園文集のレイアウトのアイデア、市販されているおすすめメッセージカードもチェックしてみました。

保育園・幼稚園の卒園メッセージを贈ろう!

卒園、メッセージ
卒園メッセージは例文を参考に作ってみましょう

子供が保育園や幼稚園を卒園することになると、親や子供に卒園メッセージを書くことをお願いされる場面もきっと多いことでしょう。卒園アルバムや卒園文集、メッセージカードなどを作って、そこにそれぞれのメッセージを書くこともあります。

子供が卒園を迎えるにあたって、親にはさまざまな思いがあふれるでしょうし、感謝の気持ちもいっぱいになって、どんなことを書けばいいのかわからなくなってしまう方もいるかもしれません。

そんなときは、子供が保育園や幼稚園でどんな毎日を送っていたのか、どんなことが好きだったのかなど、素直に感じるままに書いていくとよいでしょう。子供が大きくなったときに親子で読み返してみると、きっと素敵な思い出がよみがえってくると思いますよ。

親(ママパパ)から子供への卒園メッセージの書き方・例文

毎日の生活の中でいつも一緒にいるママ&パパだからこそ、子供が保育園や幼稚園に行ってどんな変化があったか、どんな経験を積んできたか、一番近くで見てきたはず。保育園や幼稚園でどんな楽しいことがあったのか、これからどんな風に成長していってほしいかを書いてみましょう。

書き方のポイント

メッセージは、子供にも自分で読んでもらうことが大切。ですので、親から子供へ贈るメッセージは、子供でも読みやすいようにひらがなを使うか、漢字にはふりがなを振って、一字一字丁寧に書くようにしましょう。

子供がメッセージを読み返して、ママやパパの愛情をたくさん感じられるように、親のやさしさをたっぷり込めて書くようにするといいですね。

また保育園や幼稚園で、親子で一緒に撮影した写真や、子供が好きだったキャラクターのイラストを入れるなど、子供が喜ぶ工夫をプラスするのもおすすめです。

例文1

「入園する前は体が弱くて、よく風邪をひいていたけれど、保育園に入ったらお友達と元気にたくさん遊ぶようになったね。かけっこや鉄棒も上手にできるようになったね」

保育園や幼稚園に入る前まではできなかったことでも、入園後にいつの間にかできるようになったことがあれば、それをピックアップしてメッセージに書いてみましょう。子供も親も「昔は〇〇がまだできないくらい小さかったんだね、今は大きくなったね」と、成長をより感じられるようになります。

例文2

「〇〇、卒園おめでとう。お友達といつも仲良く遊んでいたね。小学校でも新しい友達がたくさんできるといいね」

園で過ごした生活の思い出に加えて、これから始まる小学校での生活のワクワク感がつのるようなメッセージも◎。子供も小学校入学への期待感が高まっていくでしょう。

子供から先生への卒園メッセージの書き方・例文

保育園や幼稚園にいる時間、ずっと一緒に過ごしてきた先生は、子供にとって大きな存在であることは間違いありません。卒園で大好きだった先生と離れてしまうことは、子供にとっても残念で寂しい経験となるはずです。そんな先生に、子供の素直な気持ちをありのまま伝えてみましょう。

書き方のポイント

子供にとってその先生との思い出深い出来事があれば、その出来事を思い出してみるといいでしょう。そのときに子供がどんな風に感じていたのか、「うれしかった」「楽しかった」「おかしかった」など、気持ちを言葉で伝えてみましょう。

例文1

「〇〇せんせいへ、うんどうかいで1いになったとき、ほめてくれてうれしかった。せんせいいつもありがとう」

先生にほめてもらったり、応援してもらったりした思い出は、子供にとってうれしい出来事だったはず。そんな気持ちを書いてみましょう。

例文2

「〇〇せんせいへ、げきのれんしゅうを、いつもいっしょにてつだってくれて、ありがとう。せんせいがてつだってくれたから、げきもうまくいったよ」

子供が先生に「ありがとう」と伝えたい言葉を、そのまま素直に伝えましょう。

子供も先生も喜ぶ「卒園記念品」の選び方や贈り方、おすすめのプレゼントや手作りアイデアを大公開!
幼稚園や保育園の卒園式は、子供の成長を喜ぶ一大イベント。また、卒園記念品も卒園式の楽しみのひとつですね。卒園記念品は、幼稚園や保育園から子供...

ママ友への卒園メッセージの書き方・例文

子供が同じ保育園や幼稚園に通っているママ同士も、それぞれに繋がりが生まれるもの。保育園や幼稚園のことから、子育てのことなど、さまざまな相談をし合う仲になったママ友もいるかもしれません。そんなママ友にも、卒園でメッセージを贈るのも素敵です。特に子供がそれぞれ別の小学校に入学する場合は、感謝の気持ちをきちんと伝えておきたいものです。

書き方のポイント

まずは、ママ友のお子さんに卒園メッセージを綴りましょう。ママ友の子供が、自分の子供と仲良くしていたら、そのことに対して感謝する気持ちを伝えるのが大切です。また、ママ友同士も「お互いの存在があったから、いろいろと楽しく過ごせました」ということを伝えるといいでしょう。

例文1

「〇〇ちゃん(〇〇くん)、卒園おめでとう。いつも〇〇と一緒に仲良く遊んでくれて、楽しい保育園生活を送ることができました。小学校も〇〇と一緒に遊んでね。また、〇〇ちゃん(〇〇くん)ママと過ごすことができたのも、とてもいい思い出です。ありがとうございました。これからもよろしくお願い申し上げます。」

ママ友の子供が自分の子供と仲良く遊んでくれたことを感謝して、これからも仲良くしてほしいということを伝えましょう。

例文2

「〇〇ちゃん(〇〇くん)、卒園おめでとう。いつも〇〇と仲良く遊んでくれてありがとう。〇〇ちゃん(〇〇くん)ママ、子供たちが小学校に行っても、ときどきお茶でもしましょうね」

仲の良いママ友なら「これからもお茶しようね」などのメッセージを添えてもいいかもしれません。

卒園対策委員必見、卒園式で作ってみよう!思いを込めた「壁画飾り」
卒園式や園イベントを保護者が担当するとき、園の思い出や小学1年生への夢を込めて、最後を彩る壁面飾りを作ってみませんか。 夢と思い出を詰め込...

卒園メッセージカードの手作りアイデア

子供や先生、ママ&パパたちみんなの卒園メッセージを集めて、手作りのメッセージカードを作る保育園や幼稚園も多くあります。どんなアイテムを使ってメッセージカードを作っているのか、アイデアをご紹介しましょう。

ランドセル型の卒園メッセージカード

ランドセルの形にカットしたメッセージカードを作っている例も。こちらの方は、手作りカード作家の鈴木孝美さんの作品集を参考にして作成されたそう。小学校生活への楽しみがさらにふくらんでいきそうです。

View this post on Instagram

 

A post shared by くろやぎ母さん (@kazumi_fu) on

卒園文集のレイアウトアイデア

卒園文集では、子供たちが書いたメッセージをどうやって集めてひとつにするのかが、アイデアの見せ所です。

ノートタイプの卒園文集のレイアウト

一番オーソドックスなレイアウトアイデアのひとつ、ノートタイプ。子供1人につき1~2ページが与えられて、それを全員分集めて1冊にします。

View this post on Instagram

 

A post shared by p♡ (@pitochaan) on

1枚の画用紙に全員のメッセージを集めた卒園文集のレイアウト

画用紙1枚に、子供たち一人ひとりのメッセージを書いた小さな紙を貼って、全員のメッセージを一度に見れるようにレイアウトすることもできます。

View this post on Instagram

 

A post shared by 保育教材 保育のおしごと⌣̈⃝ (@babyandkidssou_hoiku) on

卒園メッセージカードのおすすめ

市販されている卒園メッセージカードを使えば、簡単に楽しくて可愛らしいメッセージカードを作ることもできます。

「お家なよせがきカード」

キュートなうさぎが描かれたメッセージカードに子供がそれぞれメッセージを書いて、それをお家の形のボックスの中で保存することができます。


「写真を贈る色紙 ハート メッセージ」

写真を貼るほか、付属のハートや丸型のカードにメッセージを書いて貼れば、それだけで華やかで可愛らしい雰囲気のメッセージ集が完成。表紙部分の窓に写真を入れることもできます。


卒園メッセージは宝物

卒園は、子供が成長していく過程でひとつの区切りとなるもの。それまでお世話になった保育園や幼稚園の先生に感謝の気持ちを伝えるほか、ママやパパが子供にメッセージを残すなど、そのときに感じた気持ちを文字として残しておくと、きっと何にも代えがたい宝物になるはずですよ。

フォーマルシーンにおすすめの子供靴8選|西松屋の男の子&女の子用などを厳選
卒園式・入学式・結婚式など、フォーマルなシーンで意外に困るのが靴!「いつものスニーカーではコーディネートに合わないし」と悩むママパパも多いん...

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事