子どもと一緒のクリスマスの過ごし方【2022年版】家族の楽しみ方をランキング発表!

街中が華やかなイルミネーションで彩られるクリスマス。大人も子どももついつい浮き足立ってしまうイベントですが、みなさんは毎年のクリスマスをどのように過ごしていますか? HugKum読者のママパパたちに、クリスマスの過ごし方を聞いてみました。

今年のクリスマスは何をする?ママパパにアンケート!

昨年まではコロナが猛威をふるっており、クリスマスもおうちでご家族だけで過ごすご家庭が大半だったのではないでしょうか。

行動制限のない今年は、それでもまだまだコロナが気になるご家庭もあれば、ぱーっとお出かけしたいご家庭もあるかもしれませんね。

そこで今回は、3〜12歳のお子さんを持つ121人のママパパに、今年のクリスマスは何をして過ごすかをアンケート調査しました。みなさんから寄せられた回答をご紹介していきます。

【調査対象】:男女/20~59歳/全国/3~12歳の子がいる親(121人)

2022年版|クリスマスの過ごし方ランキングを発表!

それではさっそく、みなさんからの回答をランキング形式でご紹介! 以下のような結果になりました。

1位:自宅でご馳走を食べる…72%

もっとも多かったのは、『自宅でご馳走を食べる』でした。

ケーキやクリスマスチキンをはじめとしたクリスマスのご馳走は、自宅でも充分楽しめるものばかり。外はどこも混んでいるクリスマスだからこそ、家族で自宅でご馳走を囲みたい、との声が多数届いています。なかには、コロナの流行を気にされる声も散見されました。

「クリスマスらしい食事で家族団らんしようと思う。」(30代・神奈川県・子ども2人)
「自宅でゆっくりすごせるのが一番だと思います。」(40代・大阪府・子ども2人)
「コロナも流行っているので、自宅で家族でおいしいものを食べて、プレゼントを用意して、遊んでゆっくりとクリスマスからお正月にかけて過ごしたい。」(40代・北海道・子ども1人)

▼関連記事はこちら

クリスマスレシピ64選|子どもが喜ぶ人気のごちそう、前菜、サラダ、チキン、ケーキ、お菓子などの作り方まとめ
子どもが喜ぶ人気のクリスマスごちそうレシピ 【1】バットハンバーグ 飾りで “もみの木” の演出を。野菜もたっぷりIN♪ ◆材...

2位:クリスマスツリーを飾る…60%

クリスマスといえば、やっぱりクリスマスツリー。クリスマスには、お子さんと一緒にお家にツリーを飾る、との声も多く寄せられました。たとえ他に特別なことをできなくても、ツリーをデコレーションするだけでもクリスマス気分に浸れます♪

「クリスマスツリーの飾りつけを毎回楽しみにしているので、一緒に楽しみたい。ご馳走と呼ぶほどではないが、食事を準備。クリスマスケーキも楽しみのひとつなので用意。昨年もプレゼントを朝起きたときに見つけられるように、ツリーのそばに用意して、嬉しそうだったため、そうしようと思っている。」(30代・愛知県・子ども3人)
「今年は受験生がいるので、外食はなく家でツリーを飾ったりプレゼントをしたりするくらい。」(50代・神奈川県・子ども1人)

▼こちらも参考に

クリスマスツリーのおすすめ10選|選び方から飾り方、収納テクまで購入前にチェック!
クリスマスツリーの選び方 まず、クリスマスツリーを選ぶ時のポイントを4つに分けてみました。 ツリーの素材の選び方 ツリーの素材も千差万...

3位:子どものプレゼントを用意する…58%

子どもにとってのクリスマスの最重要イベントとも言えるのが、プレゼント。ママパパからはもちろん、サンタさんからももらえる子も少なくありません。今年はどんなものを用意する予定ですか?

「子供がサンタクロースの存在を信じているからプレゼントを用意してあげたい」(30代・神奈川県・子ども2人)
「実家に帰りパーティをしたあと子供らにプレゼントを渡したいから」(30代・鹿児島県・子ども3人)

▼こちらもおすすめ

「おもちゃ屋が選んだクリスマスおもちゃ2022」今年の本命はコレ! すぐ買える購入リンクつき全リスト
さっそく受賞した8部門のおもちゃ、各ベスト3を見ていきましょう! 幼児・知育玩具部門 パウ・パトロール にほんご・えいご・クイズも!...

4位:イルミネーションを見に行く…18%

イルミネーションを見に行って、クリスマスの街のムードを楽しむご家庭も多数。昨年まではイルミネーションを休止していたスポットが、今年から再開するパターンも見受けられます。ご家族で久しぶりにクリスマスの街並みを楽しんでみては?

「イルミネーションを見に行きたい」(50代・神奈川県・子ども3人)
「コロナウイルスの影響で2年程クリスマスに外出していないから。」(30代・神奈川県・子ども1人)

▼参考記事はこちら

【2022イルミネーション情報】ミッドタウンのクリスマス♡都内最大級のスケートリンクもイルミネーションも思い切り楽しもう!
イルミネーションも、スケートも超充実のミッドタウンはファミリーにおすすめ! 今年は“Meets Christmas”をコンセプトに、「大人...

5位:ホームパーティーをする(参加する)…12%

ご家族や親族で集まって、ホームパーティをするとの声も。ご自宅で、クリスマスならではのご馳走やレクリエーションを楽しんでいるようです!

「家で家族のみでクリスマスパーティをしようとおもっている」(30代・高知県・子ども2人)
「毎年、家族でクリスマスパーティーをするから」(30代・北海道・子ども2人)

▼参考記事はこちら

プロが教える!今年の手作りクリスマスパーティーに取り入れたいテクニック
今年のクリスマスのテーマカラーには、「ホワイト」「アイシーカラー」を お母さんたちに大人気のアニヴァーサリー・プランナー辰元草子さんから、...

6位:自宅でゲームをする…9%

クリスマスのレクリエーションとして、『自宅でゲームをする』ご家庭も。Nintendo Switchや、アナログなボードゲーム等々、ジャンルにかかわらず、家族でゲームをすればきっと大盛り上がり間違いなし!

「子どもたちが喜ぶので楽しく過ごしたいから。。」(40代・千葉県・子ども3人)
「恒例のイベントだから」(40代・愛媛県・子ども3人)

▼関連記事はこちら

【みんなで遊べるゲーム15選】友達や家族で盛り上がる♪子どもの成長にも◎パーティーゲームやアプリをご紹介!
子どもが小さな頃は車や人形などのごっこ遊びが多いですよね。もう少し成長し、ルールが理解できるようになるとゲームが楽しくなるもの。勝った負けた...

7位(同率):外食する…5%

『外食する』派のご家庭も、もちろん珍しくはありません。クリスマスのご馳走は、お家で準備をしようとすると、手間暇がかかり、片付けも結構大変。外でちょっと特別な食事をすることで、楽に、美味しくクリスマス気分を楽しめます。

「片付けが大変なので外出したい いつもと違うことをしたい」(40代・岩手県・子ども1人)

7位(同率):絵本を読んで過ごす…5%

なかには『絵本を読んで過ごす』との声も散見されました。クリスマスをモチーフにした絵本って、意外とたくさん存在します。クリスマスだからこそ味わいも深まる絵本の数々を読んであげながら、気分を盛り上げてみては。

「毎年、そのように過ごしているから。落ち着いてゆっくり家族で過ごしたい。」(40代・東京都・子ども1人)
「毎年自宅でゆっくりするのが習慣なので」(40代・福岡県・子ども2人)

▼こちらも参考に

クリスマスに読みたい人気絵本19選|プレゼント、幼児向け、大人も一緒に楽しめるものなどプロが厳選
プロが厳選!クリスマスに読みたい絵本19選 子どもの頃、クリスマスが近づくとワクワクドキドキするあの気持ちは、大人になっても少なからず残っ...

9位(同率):レジャー施設に行く…3%

『レジャー施設に行く』ご家庭も。今年は24日・25日がちょうど土日! ママパパの仕事休みも取りやすく、例年よりも、お子さんとレジャー施設に行きやすいご家庭が多いのではないでしょうか。

「楽しく過ごす」(20代・千葉県・子ども2人)

9位(同率):クリスマスの仮装・コスプレをする…3%

せっかくのクリスマスなら、サンタコスやクリスマスにちなんだ仮装をするという声も見受けられました。子どもたちの仮装って、イベントに関わらずとっても可愛らしいですよね。記念撮影にもうってつけ!

「楽しいので」(40代・山口県・子ども1人)

▼こちらも要チェック!

クリスマスの子どもの服装はどうする? 映えるコスプレやおしゃれなキッズコーデで楽しもう!
クリスマスのキッズコーデの楽しみ方アイディア クリスマスのキッズコーデについて、どんな形で楽しんでいるのか、ママ・パパにそのアイディアを聞...

9位(同率):旅行に行く…3%

クリスマスには『旅行に行く』ご家庭もあるようです♪  せっかくのクリスマス。ご家族の思い出づくりが存分にできると良いですね。

「家族全員が揃うのが丁度クリスマスだから」(40代・愛知県・子ども3人)

番外編|忘れられないクリスマスのエピソード集

ここからは、おなじくHugKum読者のママパパたちから寄せられた、『クリスマスに起きた忘れられないエピソード』をご紹介! 子どもと過ごすクリスマスならではの、さまざまなエピソードが寄せられました。

出産と、SNSに寄せられた500件もの「いいね!」

「12月25日に次男が生まれ、ちょうどSNSで『今までで一番うれしかったクリスマスプレゼントは?』というお題で盛り上がっていて、『さっき出産しました』と投稿したら、500件の『いいね』と30件の『おめでとう』コメントをいただいたこと」(40代・神奈川県・子ども2人)

クリスマスに赤ちゃんが生まれたことに加えて、SNSで多くの人たちから「いいね!」やコメントで祝福されたという、素敵なエピソード。顔の見えないSNSでも、こうしたコミュニケーションに触れると、人の温かさを感じますね。

[職業:保育士]ママによるレクリエーションがプロすぎる

「持ち寄りクリスマスパーティーで、一緒にピザを作ったり、保育士さんママが多くいるパーティーに参加した時には、歌、ダンス、工作、と催しものを考えられていて、さすが!と驚きました。」(40代・千葉県・子ども1人)

持ち寄りのクリスマスパーティーに、プロ保育士のママが多数参戦! 子どものツボを掴んだレクリエーションの数々に圧倒させられたという、驚きのエピソードです。

冷凍食品でもOK!家族でのクリスマスパーティーは至福♪

「昨年は下の子どもが生まれて数ヶ月だったので、クリスマスはパーティーは難しいかなと思ったんですが、どうにか冷凍食品を活用してそれっぽい食卓にしてお祝いしました。家族でお祝いは幸せなひとときです」(30代・千葉県・子ども2人)

まだお子さんが小さいと、日々の生活が大忙し! クリスマスパーティーどころじゃない、と感じるママパパが多いことと思いますが、こちらは「冷凍食品でそれっぽくお祝い!」との声。たとえ冷凍食品でも、家族で食卓を囲むクリスマスは至福の時ですよね。

クリスマスと誕生日を一緒に祝ったら号泣…

「誕生日とすごく近いため、 まだ誕生日やクリスマスの意味がよくわからない息子に誕生日とクリスマスを一緒にしたら号泣された」(40代・東京都・子ども1人)

誕生日とクリスマスが近いと、親としてはどちらも同時に祝ってしまいたくなるもの。ですが、子どもにとってはどちらも重要イベント…! 来年からは、「重要イベントが立て続けにやってくる最高のシーズン」として捉えてもらえるようにしたいですね…!

クリスマスはご家族と温かな気分で過ごして

今回は、アンケートに寄せられたみなさんのクリスマスの過ごし方をご紹介してきました。多くのママパパたちから、ご家族で楽しく過ごすことを重視した声が寄せられています。

年末に向けてのホリデーシーズン、たとえささやかでも、温かい気分で過ごせたら素敵ですね。

あなたにはこちらもおすすめ

【冷凍クリスマスケーキ】シナぷしゅコラボ、アレルギー対応、赤ちゃんOKのケーキも!子どもが喜ぶお取り寄せケーキBEST5
今回は、感動のサプライズを届けてくれると人気のケーキ専門通販サイト「Cake.jp」より、最新のクリスマスケーキの情報を紹介します。 ...

文/羽吹理美ほか 構成/HugKum編集部

クリスマス特集

編集部おすすめ

関連記事