おすすめミステリー映画10選|「マスカレード・ホテル」など最近の話題作をご紹介!

真相が明かされるまで、1秒たりとも目が離せないくらい夢中になれるのが「ミステリー映画」の魅力ですよね。今回は、一度観始めたら止まらなかったり、何度も観直したくなるような海外や日本の話題作をまとめてご紹介していきます。「最近映画観てないな…」という方は、週末などにぜひ楽しんでみてください!

人気の海外のミステリー映画

王道で骨太のミステリー映画。ゆっくり時間の取れるときにじっくりと作品の世界観に浸ってみてはいかがでしょうか。

【1】『オリエント急行殺人事件』

世界的名探偵・ポアロが乗り合わせた、豪華寝台列車・オリエント急行で殺人事件が起きます。
ポアロは捜査に乗り出しますが、乗客全員に完璧なアリバイがあり、ポアロの腕を持ってしても解決は困難を極め…。
何度も映像化されてきたアガサ・クリスティーの名作中の名作を豪華俳優でリメイクした本作。
ストーリーを知ってていても、引き込まれる展開はさすがです!


【2】『真実の行方』

シカゴのカトリック教会で大司教が惨殺され、教会の聖歌隊所属の青年・アーロンが容疑者として逮捕されます。
金のためらなギャングの代理人もいとわない辣腕弁護士のマーティン・ベイルが彼の弁護を引き受け、元恋人の検事・ジャネットと対決することに。
裁判をめぐりアーロンの記憶を手繰り寄せていくと、そこには恐るべき真実が…。
二転三転ある緻密なストーリー展開や、リチャード・ギアはじめとする実力派俳優の名演技でも評価が高いサスペンスミステリー映画です。


【3】『ウインド・リバー』

先住民族が住む深い雪に包まれたウインド・リバーで、地元のハンター・コリーがネイティブ・アメリカンの少女の遺体を発見します。
コリーはFBI捜査官と共に捜査を開始しますが、不可解な少女の死には悲しい真相が…。
実話を元にして作られた社会派サスペンスミステリー。
白人に移住を強制された過去を持つネイティブアメリカンの保留地を舞台に、アメリカ社会の抱える闇が描かれています。


【4】『鑑定士と顔のない依頼人』

女性と接するのが非常に苦手な天才的鑑定眼を持つ鑑定士・ヴァージル。
彼の元にある日、クレアという若い女性から両親の遺した美術品の鑑定の依頼が来ます。
しかし、クレアは実は長年隠し部屋に引きこもっていることが分かり…。
美しい美術品とともに、さまざまに張り巡らされた伏線がからみあう恋愛ミステリー映画。
全ての謎が解けたときに明かされる、予想外の衝撃にも驚かされます。


【5】『アイデンティティー』

ある土砂降りの日、山奥のロッジに閉じ込められてしまった11人の男女。
極限の状況下、そこで1人、また1人と次々に惨殺され始めます。
誰もが疑心暗鬼になる中、彼らにある共通点があることが判明し…。
犯人は誰なのか、謎を解いていくうちに明らかになる驚きの真実は必見!
目が離せないスリリングな展開とどんでん返しのストーリーと、寒気が漂ってくるような撮影技術などの評価も高い名作です。

【6】『ザ・ファーム 法律事務所』

ハーバード・ロースクール卒業の苦学生・ミッチ。
彼のもとにメンフィスの弁護士事務所から、生活が一変するほどの破格の好待遇のオファーが入り、大喜びで就職します。
しかし、あるきっかけからその事務所の大きな不正を見つけ…。
正義感を武器に裏組織駆逐のために活躍するトム・クルーズの勇姿がみどころ。
スリリングで正義感にあふれた、爽快なミステリーです!


日本の注目ミステリー映画

最後まで結末が分からず、ハラハラドキドキしながら主人公と一緒にストーリーの行方を追ってしまう作品たち。見ごたえありです。

【1】『容疑者Xの献身』

娘・美里と2人で暮らしをしていた花岡靖子のもとに、元夫・富樫慎二が訪ねてきます。
大げんかの末、靖子と美里は富樫を殺害してしまいます。
呆然とする母子を救いの手を差し伸べたのは、隣人の天才数学者・石神。
彼の論理的思考によって警察の目を欺くことに成功しますが、警察はこれまで数々の難事件を解決してきた湯川に相談を持ち掛け…。
東野圭吾のベストセラー推理小説が原作で、福山雅治主演の人気ドラマ「ガリレオ」シリーズの劇場版。
学生時代の友人同士である石神、湯川が殺人事件をきっかけに旧交を温めるシーンなども印象的です。


【2】『怒り』

東京・八王子で、「怒」という血文字が残った夫婦殺人事件が起きます。
その事件の真相が解明されないまま1年がたったとある日、千葉・沖縄・東京に身元不明の3人の男性が現れます。
それぞれの男はそれぞれの地で人間関係を作り上げていきますが、夫婦殺人事件の犯人モンタージュが公開されると状況が変わっていき…。
吉田修一の小説が原作で渡辺健、松山ケンイチなど豪華な俳優陣が登場しており、邦画ミステリーの傑作との評価も高い作品です!


【3】『マスカレード・ホテル』

東京都内で3件の予告殺人事件が発生。
現場に残された暗号から、次の犯行現場であろうホテルが突き止められます。
事件を未然に防ぐため、新田浩介ら数名の捜査員がホテルマンに扮して潜入捜査を行うことに。
しかし犯人の目星はつかず、宿泊客全員容疑者という状況の中、事件は急展開を迎え…。
木村拓哉や長澤まさみをはじめとする豪華キャストと、最後まで犯人が予測できないストーリー展開が魅力です!


【4】『祈りの幕が下りる時』

東京のアパートで滋賀県在住・押谷道子の死体が発見されます。
アパートの住人は姿を消し接点も見つからず、滋賀県在住の押谷が東京で殺された理由もわからず、捜査は難航。
捜査を進める中で刑事・加賀恭一郎は、押谷が中学の同級生で演出家の浅居博美をたずねて東京にやってきたことを突き止めますが…。
東野圭吾の人気シリース「新参者」の完結編。
事件の真相とともに加賀の謎も明らかにされ、深い親子愛に切なくなります。


おわりに

散りばめられた伏線や予測できない犯人、ラストの思いがけないどんでん返しなど、ミステリー映画はハラハラドキドキの連続で、あっという間に時間が過ぎてしまいますよね。見終わったあとに「誰が犯人だと思った?!」なんて感想を話し合えるのも魅力です。家族や親しい人と一緒にぜひ楽しんでみてください!

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事