うちの子、ユーチューバーになっても大丈夫? 不安なママパパに「がっちゃんママ」が回答

目次

    がっちゃんママ

    YouTubeチャンネル「がっちゃんねる★TheGacchannel 」で人気の、子どもユーチューバー「がっちゃん」。

    プラレールやトミカ、知育菓子、いろいろなレジャー施設の体験動画などをアップし続け、なんと2017年9月末時点のチャンネル登録者数は43万人を超えています。

    そんながっちゃんに憧れて、ユーチューバーになりたい、という子どもたちも増えています。

    とはいえ、子どもたちがYouTubeで顔を出して動画を配信するとなると、やっぱりちょっと不安、という保護者の方たちが多いのも事実。

    そこで、「がっちゃんねる★TheGacchannel 」を、がっちゃんと共に運営されているママが、保護者の方たちからの質問にお答えします!

    Q: 動画の配信を始めるとなると、近所や学校の友達やママ友など周りの反応が気になります。がっちゃん本人やご家族の間ではそういったことでお話することがありますか?

    A: 気にするほど、ご近所や周りからの反応はありません(笑)。

    「動画見てます」と言われたら、「ありがとう」と伝えている私たちを見て、がっちゃんも同じように「ありがとう」と伝えているようです。

    Q: 動画は、好きなところばかり飛び飛びで観ているので、一本を通してじっくり見続ける習慣がなかなかつかなそうです。(テレビもあまりじっくり見ていられません)
    ときには辛抱強く最後まで見させたほうがよいと思いますか? それともあまり気にしなくてよいと思いますか?

    A: あまり気にしなくてよいと思います。

    がっちゃんも飛び飛びで見ていることもありますよ。
    最後まで全部見るものは、何度も見るくらいお気に入りだったりします。

    Q: コメントはどのように対応していますか?
    コメント欄をなくすことを考えたりはしませんでしたか?

    A: 最近は読むだけで、お返事はあまり出来ておりません。

    コメントをいただけると嬉しいですから、コメント欄をなくすことは考えておりません。

    Q: 子どもにおすすめの動画を親が見つける秘訣はありますか?

    A: 難しい質問ですね。秘訣はありませんが、最近はYouTube Kidsアプリを使うことで、不適切な動画を子どもが見てしまうことはなくなるので、小さい子にはよいと思いますよ。

     

    いろいろ心配なママ、パパからの質問に対して、がっちゃんママの答えは、肩の力が抜けていて、とってもシンプル。

    ママ友や学校の友だちに何か言われないか、コメント欄にあまり読みたくないようなことを書かれたりしないか…心配したらキリがないですが、がっちゃんママは、そのときはそのとき、というスタンスのようです。

    もちろん、YouTube Kidsアプリなどを活用してできるだけ安全を確保しつつ、がっちゃんがやりたいことを尊重して、楽しく動画作りをしているのがよくわかります。

    「がっちゃんねる★TheGacchannel 」の動画がどんなふうに作られているのかもわかる、がっちゃんのインタビューも、ぜひご覧ください。

    子どもユーチューバー「がっちゃん」にインタビュー! 笑顔の陰でパパの苦悩も?
    「みんなー、元気ぃー?」とニコニコの笑顔で語りかけてくれる“子どもユーチューバー”のがっちゃんを知っていますか? 2013年、...

    人気YouTubeチャンネル「がっちゃんねる」成功の秘密 父子の距離が縮まった

     

    【関連記事】

    小1の子ども「過半数」がYouTubeを視聴 人気の動画は納得のトップ3

    YouTubeデビュー入門 親子で人気動画を作る撮影のポイント4つ

    ユーチューバー一年生 ▼「YouTube」で人気ものになろう!

    小1ママ意識調査で意見が分かれる 子どもの習いごとやYouTube・SNSに迷う

    編集部おすすめ

    関連記事