入学式メイクは晴れやかに!ベースメイク、ポイントメイク別に先輩ママの体験談&コツを紹介

我が子の入学式は待ち遠しいものですよね。着ていく洋服や持ち物などあれこれと思案しているのでは。でもつい忘れがちなのが入学式でのメイク。入学式でのメイクは普段と違うのか、どんなメイクが正解なのか、ママたちの体験談とともに紐解いていきます。

入学式に相応しいママのメイクとは?

初めましてのママ・パパや先生方に会う入学式での第一印象はとっても大切。服装はきちんとしているに、メイクがそぐわないと、ちぐはぐな印象になってしまうことも。きちんとしたお祝いの場だからこそ、ママのメイクもTPOに合わせた入学式らしいメイクを心がけましょう。

入学式で気をつけたいママのメイクマナー

入学式は華やかな記念の行事。よそ行きの服装をしていくのと同様に、ママもきちんとメイクをしていくことがマナーです。入学式のメイクは意外とノーチェックで、当日の朝に慌ててしまうことも。事前にどんなメイクで行くか考えておくのが大事。足りないメイクアイテムがあったら買っておいたり、普段あまりメイクをしていない人は練習しておくのが安心です。

濃すぎず薄すぎず

ある程度華やかな席では、メイクすることはマナーでもあります。普段はノーメイクというママでもできれば薄めなナチュラルメイクはしたいもの。できれば、少ししっかりめのメイクで寂しくならないように心がげるとお祝いの席に華を添えることができます。とはいえ、濃すぎるのも要注意。入学式の主役は子どもなので、ママがメイクで目立ってしまうようなことは避けるべき。濃すぎず、薄すぎずを心がけましょう。

派手な印象は避ける

メイクの印象はそのまま人柄を表してしまうもの。例えば、真っ赤な口紅やブルーのアイシャドウなど、遊び心のあるようなメイクは入学式では避けるのが無難。その後のママ・パパ友作りに影響してしまったり、子どものお友達関係に響いてしまうこともあるかも。メイクだけで決まるのは怖いですが、それほどメイクの印象は大きいと心得て。

先輩ママの体験談&アドバイス

入学式に出席したことのあるママたちから、メイクに関する体験談やアドバイスを教えてもらいました。なかなか生の声は聞けないのでぜひ参考にして。

ナチュラルメイクを心がける

ナチュラル感を感じられるメイクがいいという声は多いよう。中でも、入学式らしいきちんと感が出るようにベースをしっかりしておくとメイクも映えるもの。落ち着いた校風なのか、少しカジュアルでも問題ないのか、事前にどんな雰囲気かを調べておけると安心ですね。

「ナチュラルに下地をいつもよりしっかりメイクしました」(30代・大阪府・子ども2人)
「濃すぎるとかなり目立つ。ギャルっぽいメイクやキメ過ぎるメイク。保護者目線で見て、近寄りづらい。怖い」(30代・福島県・子ども3人)
「目立ちすぎず、薄すぎず… 校風や土地柄もあると思いますので、先輩ママから情報を聞くのが一番良いと思います」(40代・兵庫県・子ども1人)

写真映えを意識する

入学式は、子どもと先生・保護者も一緒の集合写真を撮ったり、家族写真を撮ることが多いですよね。記念の写真となり、部屋に飾ったりあとあと見返すことも多いもの。ナチュラルすぎるとノーメイクのように見えてしまうことも。顔が明るく見えるよう、またポイントをしっかり押さえたメイクがいいようです。

「写真うつりを気にすれば良かったです。下地が大事」(30代・宮崎県・子ども2人)
「写真を見て薄化粧すぎたかもと思った。濃すぎず薄過ぎず」(40代・東京都・子ども1人)

マスク対策を忘れずに

新型コロナ禍でマスクが必須になってしまっている中での入学式。表情が見えにくい分、マスクについても考えておかないと残念なことになりそう。布マスクを着用する場合には、カジュアルな雰囲気のものは避け、淡い色のレースなど上品なものを選ぶと華やかさときちんと感を演出できます。メイクも口元や頬が見えないので、目元のメイクを少ししっかり目にすることで印象がUP。またマスクを外した時に口紅がついてしまうときれいではないので、つかないように注意しましょう。

「アクセサリーと同じで、派手になりすぎず華やかさがあるといいと思います。 記念写真では一瞬マスクをはずしたりもするので、マスクで崩れないように気をつけるといいと思います」(30代・北海道・子ども2人)
「ナチュラルメイクがいいけど、今はマスクが必要で口元が見えないので多少マスカラなどで目をぱっちりさせてもよいと思う」(40代・神奈川県・子ども1人)
【入学式のママバッグ】体験談からひも解く「色の正解やマナー」を解説!おすすめバッグ&サブバッグも
この春、晴れてお子さんの入学式を迎えるママも多いですよね。楽しみな行事ではあるものの、ママたちにとっては悩みのタネも。それは入学式での服装や...

ベースメイク編|入学式メイクのポイント

メイクでまず大事になってくるのがベースメイク。ベースメイクがきれいに整うと見た目がぐっと変わります。その後のメイクが映えるようにベースメイクはしっかりと押さえたいもの。

ファンデーションは軽い印象に

ベースとなるファンデーションは、春に行われる入学式では軽やかに見えるようにするのがポイント。マットなファンデーションをしっかり塗ってしまい重い印象になるのは避けたいところ。ナチュラル感を演出できるよう、ツヤ感があるファンデや肌のアラをカバーしながらもふんわりと素肌感のあるファンデ選びをして。

下地選びで明るい顔色に

きちんとしたベースメイク作りには下地が欠かせません。肌が明るくクリアに見えるピンクやパープル系の下地を組み合わせればパッと華やいだ印象に。肌色をワントーン明るく見せてくれる下地乳液などもあるので上手に活用を。顔の高い部分に明るい下地を仕込んでおくと顔の陰影もつきナチュラルな立体感が演出できます。

ポイントメイク編|入学式メイクのポイント

苦手な人も多いポイントメイク。どんな表情にしたいかによって大きく変わってきます。普段はあまり意識することがないかもしれませんが、入学式の場合には押さえておきたい点がいくつもあります。それぞれのパーツごとにご紹介します。

アイメイク

アイメイクは顔の印象を左右しやすいもの。逆にきちんと感のあるアイメイクであれば好印象を残せます。また、マスクが必須なこの春の入学式では特に重要なポイント。アイシャドウについては桜の季節らしく、ふんわりとしたピンクを選ぶと華やかで可愛い印象になります。また、落ち着いたメイクを好むママであれば、ブラウン〜ベージュのカラーをグラデーションのように使用することで、きちんと感がありながらもナチュラルな雰囲気に。どんな肌色の人でも似合うのでぜひマスターして。

まつげもしっかり上げることで、目元がぱっちり明るく見えます。マスカラは、ナチュラルな黒やブラウンなどベーシックなカラー選びが大切です。

眉毛

顔の額縁とも言えるのが眉毛。薄い眉毛だとちょっと幸薄めな印象になってしまいます。濃すぎないように注意しながらきちんと描いてあげましょう。眉のカーブも重要。優しく見せたいなら丸みのあるカーブを描くように、シャープに見せたいなら眉の一番高い眉山の部分を意識して描くようにしましょう。どちらの場合も、くっきり描くのではなく、ベースメイクになじむよう、輪郭はぼやかしながら描くのがポイントです。

リップ

マスクで口元が隠れているため、普段リップを塗らないという人も、マスクをとって記念撮影をする場合に備えてリップを塗っておくのがおすすめ。入学式ではくっきりしすぎないナチュラル感を意識して。優しい印象のピンクや、健康的なオレンジ系を選ぶのがオススメ。華やかなレッドはシアーな仕上がりのものを選び、しっかり塗りすぎないことで顔になじんでくれます。気をつけたいのはベージュ。顔になじんでくれるので、ナチュラルメイクの定番でもありますが、入学式ではちょっと寂しい印象になってしまうことも。健康的な雰囲気になるカラー選びを心がけて。

チーク

チークもマスクに隠れてあまり見えない部分ではありますが、マスクを取ったときに、明るい血色感を感じさせてくれるのでふんわり入れておきましょう。しっかり入れてしまうと幼い印象になってしまうので、肌になじむように入れるのがポイント。オレンジやピンク系で、頰の一番高いところにふんわり丸く入れて。このワンポイントだけで幸せ感がぐっと印象づけられます。

悩ましい入学式のアクセサリー選び。マナーや気をつけたいことを先輩ママが指南。鉄板はやっぱりパール?
子どもの成長の大きな節目となる入学式。でも意外と悩ましいのがママの服装問題。特にアクセサリーについては、どんなものを選べばいいのか迷う人も多...

晴れやかな表情を作るのが入学式メイクの秘訣

入学式では我が子の成長を感じ感慨深く、嬉しい気持ちになる人がほとんどですよね。まずは、その喜びが伝わるようなメイクをするのが第一。明るく晴れやかな表情だと、周りの人にも好印象を残せます。ぜひお子さんと一緒に楽しい入学式を迎えてくださいね。

【入学式ファッション】何を着るのが正解?先輩ママ30人の入学式コーデSNAPを大公開!
3月中旬の卒園式を終えたら、ひと月も経たずにやってくる入園・入学式。2人目以降のお子さまの場合は式の雰囲気を把握できているものの、初めてだと...

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事