人気のスポーツ小説10選|お子様にもおすすめ!サッカーや駅伝を舞台にした名作を厳選

ひたむきな努力や仲間との信頼関係など、人生において大事なことを教えてくれる「スポーツ」!今回はそんなスポーツを舞台にした小説の中から、お子様にもおすすめの作品を厳選しました。駅伝やテニス、サッカー、野球など様々なスポーツに胸が熱くなる名作をご紹介していきます。

小・中学生にもおすすめのスポーツ小説

【1】 『パラ・スター』


高校2年の時、交通事故で脊髄損傷し、車いすでの生活を余儀なくされた君島宝良。
そんな彼女を救ったのは、親友の山路百花が勧めた車いすテニスでした。
車いすメーカーで働く百花の夢は、宝良のために最高の競技用車いすを作ること。
宝良が日本代表チームに選出され華々しく活躍しているのに対して、新米エンジニアの自分に焦りを感じる百花ですが…。
上下巻で百花からと宝良からの2人の視点から書かれており、2人の情熱やパラスポーツを支える人々の熱い気持ちに涙がとまらなくなります。
オリンピックを目前に控えた今、おすすめの一作です。

 

【2】 『サッカーボーイズ』


ジュニアサッカークラブ・桜ヶ丘FCの武井遼介は、6年生になって早々にキャプテンの座もレギュラーポジションをおろされ、初めての挫折を味わいます。
そんな中、新監督・木暮や仲間たちに支えながら、遼介は自分がサッカーをやる意味を見つめはじめ…。
主人公の遼介やのメンバーが、サッカーを通して成長していく姿をリアルに描いた青春サッカー小説。
サッカーをやっている子どもはもちろん、サッカーチームに関わっているコーチや保護者も共感できます!

 

【3】 『あと少し、もう少し』


厳しい指導ながら結果を出してきた陸上部の顧問・満田先生が異動してしまい、代わりにやってきたのは未経験の美術教師。
頼りない顧問のもと中学最後の駅伝大会に挑むメンバーたち。
それぞれが悩みや思いを抱えながらも自らの区間を走り、次の仲間に襷を繋いでいきます。
子どもたちの真っ直ぐな思いが胸に響き、さわやかな読後感に浸れます。

 

【4】 『一瞬の風になれ』


天才サッカープレーヤーの兄を持つ神谷新二は、中学卒業をきっかけにサッカーを辞めてしまいます。
高校では幼馴染みの一ノ瀬連とともに陸上部に入部。
連は中学生の頃、全国区で記録を残すほどの実力者でしたが、ある理由から陸上を辞めてしまっており…。
努力家の新二と天才肌の連を中心に、走ることに青春をかけた高校生たちの物語。
リレーのバトンワークの緻密さなど、陸上競技の奥深い魅力も教えてくれます。

 

【5】 『バッテリー』


天才ピッチャーとしての素質を持つ原田巧は、中学入学目前の春休みに父親の転勤を機に岡山県に引っ越してきます。
巧は協調性がなくプライドも高いため孤独でしたが、彼の投球に魅せられた永倉豪がバッテリーを組むことを熱望。
そこから二人の関係性が始まりますが…。
野球への優れた感性がある巧は野球部の顧問や仲間たち、そして豪とすら対立していきますが、それでも巧と豪が真剣に向き合い、お互いを認め、真のバッテリーになっていく姿に心打たれる名作です。
スポーツ小説というより、スポーツを介した濃密な人間関係を描写しているのが魅力で、世代を問わずファンの多い作品です。

 

その他のスポーツを舞台にしたおすすめ小説

【1】 『10 -ten-』


リーグ戦四連覇を目指す強豪・城陽大ラグビー部は、名監督・進藤元の急死により窮地に追い込まれてしまいます。
亡き監督が生前に指名した、ヘッドコーチ・七瀬龍司に監督が引き継がれますが、七瀬の従来の戦術と相反するやり方に進藤の息子でキャプテンの直哉は反発し、チームには不協和音が…。
監督や選手、みんなが悩みながらぶつかり合い、成長していく展開に胸が熱くなります。
ラグビーの五郎丸歩選手もおすすめという名作ラグビー小説です。

 

【2】 『風が強く吹いている』


自ら引き起こした暴力事件で、陸上部退部を余儀なくされた天才ランナーの蔵原走(カケル)。
万引きして逃走中のカケルを偶然見かけた清瀬灰二(ハイジ)は、その走りに魅了されます。
ハイジはカケルを格安学生寮の青竹荘に勧誘し、そこに住む10人とともに箱根駅伝を目指すことに…。
漫画オタクやヘビースモーカー、司法試験合格済みの秀才など、陸上とは無縁とも思われる登場人物たちが駅伝に挑戦していく姿に勇気やパワーをもらえます!
子どもも大人も惹きつけられるストーリーで映画化やアニメ化もされています。

 

【3】 『サクリファイス』


陸上選手から自転車競技に転身した白石誓。
ロードレースでは「エース」と「アシスト」の役割が分かれていますが、誓はアシスト、つまりエースの犠牲になってチームに貢献する位置につきます。
プロのロードレースチームに所属して各地を転戦していた誓でしたが、ヨーロッパ遠征中に悲劇が…。
ロードレースを題材にしたミステリー小説で、レースの爽快感あふれる描写や後半のサスペンス風な展開に惹きつけられます!

 

【4】 『DIVE!!』


坂井知季の通うミズキダイビングクラブは、赤字経営のため存続の危機に陥っていました。
そこに現れた新コーチ・麻木夏陽子が提示したクラブの存続条件は、翌年のオリンピック出場選手を出すこと。
知季たちは高すぎる目標に戸惑いながらも、過酷な練習の日々が始まり…。
水泳の飛び込み競技を題材にしたスポコン青春小説。
美しく空中を舞い、水中へ潜る「飛び込み」競技。
そのほんの一瞬のために全力を尽くし、成長していく少年たちの姿が描かれています。

 

【5】 『大延長』


初出場ながら大会屈指の好投手を擁する新潟県の公立進学校・新潟海浜。
甲子園の常連で打撃力を誇る東京都の私立強豪・恒正学園。
この2校で行われた全国高等学校野球選手権大会・決勝戦は延長15回でも決着がつかず、翌日の再試合に持ち越されます。
両チームの監督は大学時代のバッテリーで、中心選手はリトルリーグのチームメイト。
互いのと戦術を知り尽くした者同士の壮絶な闘いの結末は…。
野球を通したそれぞれの人生、激しい死闘のなかで変化していく選手や監督たちの思いなどが丁寧に描かれているのが魅力。
高校野球が好きな人にはおすすめです!

 

おわりに

子育て中のパパママは「スポーツをする時間なんて取れない!」ということも多いと思いますが、スポーツの感動やパワーは小説を読むことからでももらうことができます!どれも読後感がさわやかで、ポジティブな熱意にあふれているのも魅力的な作品ばかりです。ぜひ興味のある一冊を読んでみてくださいね。

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事