映画『STAND BY ME ドラえもん 2』の感動を再び。新作フィルムコミックをちょこっとのぞき見!

2冊並べると… 時空を超えたひとつの絵柄が完成する、STAND BY MEのフィルムコミック

 

2014年に公開され、日本中を感動の渦に巻き込んだ『STAND BY ME ドラえもん』。初の3D CGアニメーションによる映像とエモーショナルなストーリーで「ドラ泣き」という言葉も話題になりました。さらにドラえもん50周年記念イヤーの2020年に公開された『STAND BY ME ドラえもん 2』ではその後の物語、のび太としずかの結婚式が描かれます

このふたつのメモリアルなドラえもん映画が、フィルムコミックとして2冊そろいました!

冒頭シーンで振り返る『STAND BY ME ドラえもん 2』

まずは2020年に公開されて記憶に新しい『STAND BY ME ドラえもん 2』のフィルムコミックから。冒頭シーンを振り返ってみましょう。

物語は、大人になったのび太の結婚式前夜から始まります。

幸せと希望にあふれる結婚式前夜なのに、何やら浮かない表情ののび太。

そして迎えた翌日、のび太としずかちゃんの結婚室当日。新郎ののび太が結婚式場に現れません…。

さて、場面はうってかわって、小学生の頃ののび太にお話は戻ります。

小さい頃の思い出の品であるクマのぬいぐるみを見つけたのび太は、今は亡き優しかったおばあちゃんのことを思い出します。
「おばあちゃんに会いたい!」
その一心から、タイムマシンで過去に向かうのび太。懐かしいおばあちゃんに会えたのです。

「あんたのお嫁さんを、ひと目見たくなっちゃった」
おばあちゃんのこの言葉で、のび太とドラえもんは未来の結婚式場へ向かいました。

ところが、結婚式場には大人になったのび太が来ていなかったのです。そこで、ドラえもんのひみつ道具で、子どもののび太が大人ののび太として式に出ることに……。

大人になったのび太が結婚式場に現れないまま、新郎の役をつとめる子どもののび太が、なんとか時間をかせごうとしますが…。

このあとの手に汗握る展開と感動のクライマックス。映画で観た方も見逃した方も、続きはフィルムコミックスで追えますよ。

時系列とひみつ道具のまとめつき

巻末には「ひみつ道具」がまとめて紹介されていたり…。

過去・現在・未来を行き来する物語を時系列にそってまとめた「物語と時間の流れ」で、ストーリーをすっきり整理できます。

『STAND BY ME ドラえもん』から遡ってコンプリート

『STAND BY ME ドラえもん 2』から見ていきましたが、そもそもこの『2』は前編にあたる『STAND BY ME ドラえもん』の続編として発表されました。

「そもそもどうして、いつのまに、のび太としずかが結婚することになったの?」と疑問に思った方は、物語の前編『STAND BY ME ドラえもん』をどうぞ。「ドラ泣き」の原点がここにあります。

2冊そろえていつでもSTAND BY ME

長引く新型コロナの影響で、昨年の『STAND BY ME ドラえもん 2』は映画の公開が延期され、今年2021年も春休みのドラえもん新作映画は公開が延期されました。新しい作品のドラえもんに会える日が待ちきれない方は、このフィルムコミックで「ドラロス」を癒してはいかが。

 

原作 藤子・F・不二雄小学館770円(税込)

2014年夏、大ヒットしたドラえもん初の3DCG映画「STAND BY ME ドラえもん」のストーリーをまんが構成でまとめたフィルムコミック。ドラえもんの登場から、しずかちゃんとの結婚話、そしてドラえもんとのび太の別れと再会・・・。多くの人が涙し「ドラ泣き」として大ヒットしました。全ての漢字にルビが付いているので子どもから大人まで家族で楽しめます。

 

原作 藤子・F・不二雄小学館770円(税込)

ドラえもん3DCG映画第2弾「STAND BY ME ドラえもん2」のフィルムコミック。大好きだったおばあちゃんに自分の結婚式を見せると約束したのび太と、しずかとの結婚式から姿を消した大人のび太。のび太の想いはかなうのか? タイムトラベルの解説付きで結婚式当日の、のび太たちの動きを再チェックできます。こちらも全編ルビつき。

ⒸFujiko Pro/2020 STAND BY ME Doraemon 2 Film Partners

構成・文/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事