映画を小説化した書籍10選|「ドラえもん」や「鬼滅」などのノベライズ本をご紹介

映画を小説化した作品は、読書が苦手な子どもの読書入門書にもぴったり!  人気のアニメ映画の小説版や話題の実写映画のノベライズなど、子どもが小説に興味をもつきっかけになりそうな本をご紹介します!

子どもに人気!アニメ映画の小説版

【1】小説 映画ドラえもん のび太の新恐竜



見つけた化石を恐竜のたまごだと信じたのび太が、タイムふろしきで化石を元の状態に戻すと、双子の恐竜が誕生して…。恐竜をめぐるのび太やドラえもんたちが感動の大冒険を繰り広げる、ドラえもん50周年記念の映画作品を小説化した作品です。漢字にはルビがふってあるので、小学校低学年から楽しめます!

【2】劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 ノベライズ


社会現象になるほど大ヒットした映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』のノベライズ。炭治郎や禰豆子、善逸、伊之助、煉獄杏寿郎らが無限列車のなかで繰り広げる戦いが文字で楽しめます。挿絵も多めなので、読書が苦手な子でも「鬼滅」が好きならきっと夢中になるはず!

【3】映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ



女の子たちに大人気キャラクター『すみっコぐらし』の話題の映画を小説化。ほのぼのとしつつちょっぴり切ないすみっコたちの魅力を、やさしい文体で楽しめます。イラストもかわいく、見ているだけでも癒されそう。

【4】ルドルフとイッパイアッテナ 映画ノベライズ


名作児童文学『ルドルフとイッパイアッテナ』を3DCGアニメーションで映画化した作品のノベライズ。映画のセリフも再現されているので、映画を観てから読むとイメージも膨らみやすいはず。漢字にはすべてルビがふってあり、小学校中学年くらいから楽しめます。

【5】名探偵コナン 緋色の弾丸


大人気漫画『名探偵コナン』の劇場版24作目の小説版。東京で開催される世界最大のスポーツの祭典で「真空超伝導リニア」が発表され、世界の注目が集まる中、大会スポンサーが集まるパーティ会場で企業のトップが相次いで拉致されるという非常事態に…。映画で語られない場面説明などもされており、ストーリーがより深く理解できます。

【6】ラーヤと龍の王国


ディズニーの話題の映画の小説版。龍の王国を舞台に繰り広げられる、少女ラーヤの戦いと成長を描いた壮大なスペクタクル・ファンタジー。人を信じられなかったラーヤが人を信じすぎるシスーとの旅や、新しい仲間との出会いによって、世界を救う唯一に気付かされていく姿は、子ども世代はもちろん、大人も感動してしまいます。

ディズニー映画『ラーヤと龍の王国』の着地点が新しい!子どもに見せたい理由とは?
ディズニープラスで『ラーヤと龍の王国』の配信がスタート! 3月にディズニープラスのプレミアアクセスと劇場公開という2ウェイで公開された...

【7】小説 天気の子



大ヒットアニメ映画『天気の子』の新海誠監督みずからが執筆した原作小説。天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を選択する物語ですが、小説版には映画にはない登場人物の心理描写などもあり、映画ファンなら大人もぜひ読んでみたい作品です。

大人も楽しめる!実写映画のノベライズ

【8】キングダム 映画ノベライズ


大人気漫画『キングダム』の実写映画のノベライズ。中国・春秋時代を舞台に、自らの腕で天下の大将軍になることを目指して生きる少年・信と若き王・政の波乱の運命を描いています。映画の雰囲気そのままでより細かい描写もされており「読んでいると、映画のシーンが迫ってくる!」と子どもにも人気です。

【9】約束のネバーランド 映画ノベライズ



人気コミックの実写映画版のノベライズ。楽園のような孤児院「グレイス=フィールドハウス」で暮らす子どもたちは、母親代わりとしてみんなから慕われているイザベラのもと、里親に引きとられる年齢になる日を待ちわびていましたが、あるとき全てが嘘だと気づき、脱獄計画をスタートさせますが…。衝撃の脱獄ファンタジーで映画も大変話題になりました。

【10】映画ノベライズ るろうに剣心 最終章 The Final



人気漫画『るろうに剣心』の実写映画版の最終章として注目された作品のノベライズ。これまでのオールスターが集結し、究極のクライマックスで話題となったアクション感動超大作で、小説版も映画のような躍動感や感動を楽しめます!

佐藤健主演映画『るろうに剣心』最終章がシリーズ集大成と絶賛される理由とは【親子で観たい映画】
遂に人気シリーズ最新作にして最終章となる2部作の第1弾『るろうに剣心 最終章 The Final』が4月23日(金)より公開されまし...

おわりに

読書が苦手な子どもは「字ばっかりでつまらない!」と言うことが多いものですが、大好きな映画のストーリーなら、活字から映像を想像して読み進められるはず。読書に興味を持つきっかけになるので、子どものお気に入りの映画があったら、ぜひ小説版も探してみてください!

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事