【アフタヌーンティー】おすすめ8選|プチギフトに喜ばれるおしゃれなアイテムまでご紹介

「アフタヌーンティー」は、ホーム雑貨を中心とするアフタヌーン・リビングとカフェスタイルのアフターヌーン・ティールームからなるブランド。毎日のちょっとした日々を彩ってくれるブランドです

アフタヌーンティーはどんなお店?

そこで、今回は0〜12歳の子を持つアフタヌーンティー・リビングファンのママたちにリサーチしました。

アフタヌーンティー・リビングとは

アフタヌーンティー・リビングは大人でも使いやすい可愛いアイテムが揃います。お部屋を柔らかい雰囲気にしてくれるグッズから、お友達に贈りたいプチギフトなど、さりげないデザインが効いたアイテムはアフタヌーンティーならでは。人気のキャラクターとのコラボも人気のよう。

「ちょっとしたポイントや可愛らしさがある雑貨も多く、使い勝手も考えられた商品がある」(40代・埼玉県・子ども2人)
「可愛らしいデザインが多いけど、媚びすぎていないところが好き」(30代・大阪府・子ども1人)
「雑貨のチョイスがおしゃれ。スヌーピーやムーミンとのコラボが好き」(40代・神奈川県・子ども2人)

アフタヌーンティー・ティールームとは

こだわりの紅茶や紅茶を使ったスイーツに加え、パスタなども食べられカフェ。いつ訪れてもホッと一息できる上品な雰囲気が人気の理由。

「紅茶だけでなく、スイーツが美味しい」(40代・埼玉県・子ども1人)
「落ち着いた上品な雰囲気がよく。味や見た目も楽しませてくれるものがたくさんある」(40代・埼玉県・子ども2人)
「ちょっとした休憩で幸せな気分になれる」(20代・神奈川県・子ども2人)

ママパパに人気のおすすめアイテム5選

ママパパに人気のアイテムをカテゴリーごとにピックアップ。こんなにいろいろな種類が揃うかのと知らなかった人も多いのでは。ぜひチェックを。

食器

デザインの異なる美濃焼の4個セットは、丈夫なのでデイリーにも、特別な日のテーブルにもぴったり。また、和食にも洋食にも合う色合いがアフタヌーンティーならでは。

「お皿などが可愛かった」(30代・神奈川県・子ども2人)
「銀食器。結婚祝いや出産祝いなどに喜ばれる」(30代・神奈川県・子ども1人)

キッチングッズ

キッチンで使うアイテムも多数揃います。こちらの華やかなフラワー柄のエプロンは、ポケットのトリミングやベルト部分が甘さをキュッと引き締め、大人っぽい雰囲気に。料理の時間が楽しいものになりそうです。

「可愛い花柄で料理のやる気がでる」(30代・神奈川県・子ども1人)
「キッチン雑貨がオシャレで可愛い」(20代・神奈川県・子ども1人)

小物雑貨

柔らかなクリーム色に、小花柄があしらわれたスマホケース。内側には3枚のカード入れがあり、ストラップは取り外し可と、使い勝手がいいのもポイント。

「雑貨全般がかわいい。ハンカチなど、とても可愛らしいです」(30代・埼玉県・子ども1人)
「使うたびに気分が上がる」(40代・神奈川県・子ども2人)

ベビー用品

赤ちゃんが自分で握れるベビーラトル。可愛いパステルカラーのベビー用品はたくさん揃えたくなってしまいますよね。

「可愛らしくて万人受けするベビー雑貨がある」(30代・埼玉県・子ども2人)

かばん・トートバッグ

可愛いスヌーピーコラボのトートバッグはキャンバス素材なので丈夫。内側にはパスケースやスマホをなどを入れられるポケットが二つ付き、ちょっとしたお出かけやランチなどに持って行くのにオススメ。

「トートバッグ。おしゃれな雑貨が多い」(40代・大阪府・子ども2人)

プチギフトにぴったりなアイテム3選

番人受けする可愛さのアフタヌーンティーのアイテムは、ちょっとしたギフト選びにもぴったり。編集部がピックアップしたオススメのアイテムをご紹介します。

アロマディフューザー

波打つようなウッドスティックが柔らかい印象のアロマディフューザー。どんなインテリアにもなじむデザインなのでギフトにするのにぴったりです。

バニティポーチ

繊細なレースがあしらわれたバニティポーチは、コスメやメイク用品をすっきりと収納しておけます。内側が二つに分けられる仕切りは可動式なので、入れて歩くものに合わせて調節できるのも便利なポイント。また、フタ裏にもブラシやペンシルなどを収納できるポケットがセットされ、バツグンの使い勝手。

フォトフレーム

パール調モチーフが繊細なフォトフレーム。ホワイトカラーで統一した上品なデザインなので、ブライダルの贈り物にもオススメ。

上品で繊細なアイテムならおまかせ!

アフタヌーンティー・リビングには可愛いだけじゃない繊細なこだわりが込められたアイテムがたくさん揃いましたね。品のあるインテリアを探しているならぜひショップを訪れてみて。

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事