『パウ・パトロール』と一緒に時計の読み方をマスター!パウステーションからパウッと出動ごっこが楽しすぎ!

こんにちは、イラストレーターのemiです。 今回は、先日誕生日を迎え6歳になったばかりの長男、のりもの大好きな次男と一緒に『幼稚園7・8月号』の付録で遊んでみたいと思います!

「パウっとしゅつどう!おけいことけい」とは

今回の付録は、お友達の間でも大人気のパウ・パトロール!息子たちもその名前は当然知っているので、「パウ・パトロールだ!」と表紙の写真を見てすでにワクワク!

そんなパウパトのキャラクターたちと一緒に楽しく時計がお勉強できるというから、ママとしても時計の読み方を覚えさせるいいチャンス!これは良い付録をゲットしたぞ〜!

どうやらチェイスがくるくると出動する仕組みのようだけど、どうなるんだろう??早速一緒に作ってみよう!

作業分担して3人で楽しく付録づくり

今回は途中までを事前に私が作っておき、簡単な組み立てと切り離し作業を残した状態からスタートです!

「じかんカード」「クイズカード」は直線なので子供でも簡単に切り離せます。長男はこのペリペリ作業が大好きなので、お任せしたらあっという間に切り離してくれました。

いつもは見るだけの次男にも、今回はシール貼りを手伝ってもらいました。小さい子にもできる作業があると、一緒に遊べていいですね!参加できて嬉しそうでした!

かんせーい!

クルクルっと楽しく出動!パウステーション

完成してまず子どもたちの視線を集めたのは、何やら楽しそうなすべり台。

そうだよね〜このクルクルっとしたパウステーションのすべり台、楽しそうだよね〜!すべらせるコマは、チェイスとマーシャルのふたつから選べるようになっています。

 

「どっちで出動してみる?」

「チェイス!!」

ということで、まずはチェイスをすべらせてみることに。

「ケンカしないで順番にやろうね!」

と声をかけながら、早速すべらせてみました!うまくすべるかな?

チェイス、出動!!

くるくるくる〜っと上手くすべってくれました!

子どもたちも目がキラキラ。次は僕〜!と順番に何度もすべらせて遊んでいました!

途中、柵のつなぎ目で止まってしまうことがあるので、柵をぐいっと外側に広げておくのがスムーズにすべらせるポイントです。

 

とけいで時間合わせゲームにチャレンジ!

次は、先ほど長男に作ってもらった「じかんカード」「ふんカード」を使って時間合わせゲームに挑戦です!

カードを裏向きに置き、「じかん」「ふん」それぞれのカードを1枚ずつめくって、出た時刻に合わせて時計の針を動かします。

この時計、針がちゃんと連動してるので、長針を動かしたら短針も動く、ということが直感的に分かってとても勉強になります!

何度か長男がやってみせると、次男も動かし方を理解したようなので、ママと一緒に挑戦しました。

カードの他、本誌の方にも「パウパトキャラクターのいちにち」が載っているので、物語に添って時間合わせをするのも楽しそう!

 

最後に、子どもたちも大好きなクイズゲームに挑戦!

「クイズカード」には「おやつをたべるのはなんじ?」「ねるのはなんじ?」など普段の生活に合わせた時間クイズが書いてあるので、自分たちの1日を思い出しながら答えていました。

 

「おふろにはいるのはなんじ?」

「8じ!!」

「じゃあ、この時計と同じ時間になったらお風呂入ろうね〜!」

と最後にお約束。

お風呂に入るときは、「お約束の時間だよ〜!」と誘いやすくて良かったです。

ご飯の時間、寝る時間、など遊びながら「時計を見る」という習慣ができますね!

ぜひぜひ親子で遊んでみてください!

 

発売中|特別価格 990円(税込)

2022年7・8月号の付録は、パウ・パトロールの「おけいことけい」です!パウ・パトロールと一緒に時計の読み方をマスターできちゃいます! クイズカードもついているので、たのしく時計の読み方を学びましょう。また、パウステーションの滑り台で出動あそびも…!最新キャラクター情報はもちろん、楽しく学べる知育記事も充実!『幼稚園』7・8月号をぜひご覧ください!

イラスト・写真・文/emi

編集部おすすめ

関連記事