どうして「豆まき」するの?2歳~小学生向け「節分」にちなんだ絵本

2月3日は節分。節分は「みんなが健康で幸せでありますように」と願いを込めて「鬼は外、福は内」と、豆まきをします。そして、季節にはもうひとつ、季節を分けるという意味もあり、翌日は立春です。まだまだ寒い日が続きますが暦の上では、もう春の始まりなのです。

読書アドバイザーの児玉ひろ美さんに、節分にちなんだ絵本を選んでいただきました。是非「豆まき」の前にお子さんに読み聞かせてあげてください。

絵本を通じて親子で「豆まき」の由来を知ろう

2歳~

おにのパンツ


おにのパンツ (わらべうたえほん)

「おにのパンツはいいパンツ♪」の楽しい歌絵本です。歌わずに、そのまま読み聞かせても、楽しめますが、歌えれば、歌詞に合わせて手遊びができます.。手遊びは。鬼(両手で角を作る)、パンツ(手を叩いて指で2を作る)、強い(拳を作る)、臭い(自分の鼻をつまむ)など、幼い子でも簡単にできます。

 

3歳~

おにはそと


おにはそと (こどものくに傑作絵本)

「鬼は外!」子どもたちに豆をまかれて大きな鬼たちは逃げ出しました。ところが、小さな鬼は逃げ遅れ、とり残されますが、やがて子どもたちと仲良く遊びはじめました。せなけいこさんの切り絵による柔らかいタッチの絵本。豆まきの由来もわかります。

 

4歳以上

まゆとおに


まゆとおに―やまんばのむすめ まゆのおはなし (こどものとも傑作集)

山姥の娘、まゆが主人公の作品です。ある日まゆは、鬼に会います。鬼はまゆを煮て食べようと、お湯を沸かし始めます。そうとは知らないまゆは鬼を手伝って…。少し長めのお話しですが、ハラハラドキドキ、楽しめます。

 

小学生から~

冨士さんうたごよみ


富士山うたごよみ (日本傑作絵本シリーズ)

「節分」は季節の区切り。「立春」とともに、この絵本は始まります。富士山をモチーフに、立春、大暑、秋分、冬至などの「二十四節気」の暦の順に、富士山と短歌のコラボレーションです。言葉のリズムが心地よく、語感を楽しんでください。

 

選・児玉ひろ美

JPIC読書アドバイザー。台東区立中央図書館非常勤司書。日本全国を飛び回って、絵本や読み聞かせのすばらしさと、上手な読み聞かせのアドバイスを広めている。著書に、『0~5歳 子どもを育てる「読み聞かせ」実践ガイド』(小学館)がある。

編集部おすすめ

関連記事