冷凍カレイで作る煮つけ|解凍方法、味付けの黄金比、電子レンジ調理の完全ガイド

カレイの甘辛い煮付けは、大人もお子さんも喜ぶ魚のおかずです。切り身はスーパーの鮮魚コーナーでよくみかけますが、冷凍ならさらに取り扱いが楽チン。ぜひお取り寄せを試して、得意料理のレパートリーに加えてみませんか。味付けや、下処理の方法まで、詳しくご紹介します。

冷凍のカレイ

水揚げされた後、すぐに冷凍処理がされた状態で家に届くため、鮮度がよくて、しかもそのまま加熱料理に使うことができます。魚の調理に慣れない方でも、扱いやすさは抜群です。

カレイの種類と活用方法

よく見かけるカレイは、「アサバカレイ」「カラスカレイ」「子持ちカレイ」など。その他にも多くの種類が流通しています。一般的に「カレイ」と呼ばれているのは、北海道で水揚げされる「アサバカレイ」です。煮付けだけでなく、加熱料理として使われることが多いポピュラーなカレイ。

「カラスカレイ」はカナダなど北方で水揚げされ、切身で販売されることが多い種類です。肉が柔らかく崩れやすいため、煮付けより焼き物に向いています。

また、冬から春先が産卵期のカレイは、この時期になので「子持ちカレイ」が店頭に並びます。プチプチした食感を春の味覚として味わうことができます。

便利な冷凍食品

カレイは切身で流通することが多く、ご家庭で行う下処理が少なくてすむ魚です。冷凍はなおさら使い勝手がよく、骨を取り除いた商品まであります。使いたい量ずつ取り出して使うこともできますから、一度試してみることをおすすめします。

カレイ 切身 70g 10切入 冷凍 真空パック

2切れずつ真空パックされています。使いたい量が取り出しやすく、実用的です。

業務用 切身がれい 60g×5枚入り 骨ぬき 冷凍

カレイだけでなく、サバ、鮭など、定番の魚が「骨なし」「冷凍」で届く便利なシリーズです。このカレイで甘辛く煮れば、魚が苦手なお子さんでも食べられるかもしれません。

赤がれい煮付け 10パック 冷凍   越前宝や

煮付けのカレイが、真空パックされた商品です。電子レンジで温めるだけのお惣菜なので、調理の必要はありません。冷凍での賞味期限は60日です。

冷凍カレイの下処理と煮付けのコツ

冷凍のカレイは解凍せずに加熱料理に使います。冷凍のままのほうが生臭さが気にならず、解凍してしまうと、むしろ旨味の流出が起こります。簡単な臭み取りだけ行い、調理してください。

冷凍庫から取り出し、開封して、すぐ臭み取りの工程へ進みます。

臭み取り

やかんなどに熱湯を沸かし、冷凍のカレイへ回しかけます。この工程は「霜降り」と呼ばれ、表面だけが解凍されて臭みが取れます。このひと手間で、魚料理は仕上がりに差が出ますから、覚えておくと役にたちます。

袋から取り出すと重なってくっついていましたが、無理に離さずに熱湯をかけました。裏返してさらに熱湯をかけると、力を入れなくてもはがすことができました。

身が崩れないコツ

鍋で煮る際に、身が崩れてしまうと残念ですよね。形を保ったままで仕上げるには、大きめの鍋を用意することが肝心です。切身同士が重ならず、コトコトと炊いても身が触れ合わない余裕があるのが理想的です。

ご家庭に大きな鍋がない場合は、フライパンでも炊けますよ。広さが十分にあって浅いので、むしろ炊きやすいかもしれません。

調理中に魚を裏返さずにすむよう、たっぷりの煮汁で炊くことも心がけてください。これを、ほどよい量になるまで煮詰めると、味が染みておいしく仕上がります。

このフライパンの場合、調味料は合わせて500~600㏄程度の量が必要でした。たっぷりの煮汁が、おいしさのコツです。

黄金比と電子レンジでの調理方法

黄金比は「しょうゆ、砂糖、酒を、1:1:1 」の割合です。ご参考にしてください。

また、次にご紹介するレシピは電子レンジでの調理なので煮崩れもしにくく、手間がかかりません。お好みで生姜を加えてもいいですよ。もちろん、チューブでもOKです。お試しあれ!

お子さんに大人気! カレイのレシピ

定番の煮付けの他、お子さんにも食べやすい、チーズを使ったレシピをご紹介します。

カレイの煮付け

時間がかかる煮付けもレンジを使えば超簡単!  中までしっかり熱が通り、煮くずれしません。

◆材料

(大人2人+子ども2人分)
カレイ 3切れ(300g)

【A】
しょうゆ 大さじ3
砂糖 大さじ3
酒 大さじ3
*魚はたら、かじき、金目鯛などでも。重さに合わせて加熱時間を増減する。

◆作り方

【1】カレイは、2切れは中央の縦に1本、骨に届くまで切り込みを入れる。1切れは子ども用に2つに切る。
【2】耐熱ボウルに【A】を入れ、混ぜて砂糖を溶かす。【1】をボウルの縁に立てかけるようにして置き、スプーンでたれをかける。
【3】両端を5mmずつあけてラップをかけ、電子レンジで8分加熱。取り出して器に盛り、たれをかける。
*電子レンジの加熱時間は、600Wの場合です。500Wの場合は2割増、700Wの場合は2割減にしてください。

◆ポイント

■魚をボウルの縁に立てかける

魚はたれにつけ込まず、ボウルの縁に立てかけるようにすると、中まで均等に熱が通る。

教えてくれたのは


村上祥子さん

福岡在住。国内外を飛行機で飛びまわる「空飛ぶ料理研究家」。電子レンジ料理のエキスパートであっと驚く独自のワザを次々に開発中。

『ベビーブック』2011年7月号

カレイのホイル焼き

カリッとした衣と、チーズの香りで食欲をそそります。ホイル焼きは、身がホロホロとして柔らかく調理できます。

◆材料 4人分

カレイ切身 4切れ

【A】
粉チーズ 30g
パン粉 30g
青のり 小さじ1/2
オリーブオイル 大さじ3

塩 少々

◆作り方

【1】冷凍のカレイを取り出し、熱湯をかけて下処理をします。
【2】【A】をすべて混ぜ合わせます。
【3】カレイの全面に塩を振ってから【2】をまぶします。アルミホイルにのせて、残ったパン粉もすべてカレイにのせてください。

パン粉はすべて、のせてください。

【4】ホイルを閉じて両面焼きの魚焼きグリルで10分程度焼きます。または、フライパンにフタをして蒸し焼きにするか、トースターでも焼くことができます。

宅配で冷凍庫に常備できるカレイ

カレイの煮付けなら、お子さんでもお皿がきれいになるまで食べてくれるかもしれませんね。甘くてトロみのあるタレは、他の食材では味わうことができません。そんなおいしい食材が、宅配で届き、冷凍庫に常備できるなら、活用しない手はありませんよ。一度試してみては、いかがでしょうか。

あなたにはこちらもおすすめ

離乳食のカレイはいつから?下処理方法や調理のポイント、時期別の進め方からおすすめレシピまで
こんにちは!離乳食インストラクターの中田馨です。スーパーなどでも手に入りやすい魚の一つカレイ。今回は、離乳食に取り入れるときのコツや注意点、...
カレイの煮付けの献立|レンジで作れる簡単レシピ&ぴったりなおかずや汁物16選
子どももパクパク食べる「かれいの煮付け」。電子レンジで簡単に作れる「かれいの煮付け」基本の作り方もご紹介します。さらに、「かれいの煮付け」と...

構成・文・写真(一部を除く)/もぱ(京都メディアライン)

編集部おすすめ

関連記事