園ママ必見!先生たちの“リアル”がわかるマンガをのぞき見

目次

    お子さんを保育園、幼稚園に通わせているママにとって、保育者さんは身近な職業。大事な我が子の面倒をしっかり見てくれている先生に感謝、感謝ですよね。

    そんな保育者さんだって人間、日々、たくさんの悩みや心配事を乗り越えているんです。
    そんな保育の現場をしっかり取材し、舞台裏を描いたマンガ『じんぐるじゃむっ』から、リアリティたっぷりの先生たちの姿をピックアップ!

    服装が制限されて、「かわいい服が着たい」と悩む先生のひとコマ

    出会いが少ない職業のため、合コンに行ってモテてしまう先生たち

    0歳児になついてもらえないため、疑似おっぱいを装着する男性保育士!

    びっくりするような話ですが、すべてきちんとした取材に基づいた実話なんだそう!
    マンガの監修をつとめたのは、NHK Eテレ「すくすく子育て」でもおなじみの汐見稔幸先生(白梅学園大学学長、東京大学名誉教授)。
    なので、とにかく現場で実際におこっていることにこだわり、学びもある内容です。

    ただ子どもを預けるだけじゃなく、現場の舞台裏を知ることで、グッと先生たちへの尊敬の念が増すのは間違いナシ!

    笑いもたっぷり、そして随所にはさまれるコラム内には、いま、世の中で怒っている保育の時事ネタなども盛り込まれているので、読み終わったあとは、保育通になれるかも!?
    1話4ページ読みきりなので、忙しい育児の合間にもぴったりですよ。

    『じんぐるじゃむっ』
    おおえだけいこ著
    汐見稔幸監修
    小学館 定価1,000円+税


    試し読みはこちら

     

    編集部おすすめ

    関連記事