【リモコンおもちゃ厳選10選】もう赤ちゃんには取られない!本物顔負けから楽しい機能付きまで

 

赤ちゃんや子どもにリモコンが取られる!

赤ちゃんや小さい子どもは、家にあるテレビなどのリモコンが大好きですよね。少し目を離した隙にリモコンのボタンを押して遊んでいたり、舐めてしまっていたり。赤ちゃんのいるご家庭では、日常茶飯事ではないでしょうか。
ですが、リモコンはあまり衛生的ではない上、電池式なので舐めたり落としたりすれば壊れてしまうこともあります。そこで本記事では、リモコンに興味津々な子どもにおすすめのリモコン型のおもちゃを特集します。本物みたいなデザインのものや音が鳴ったり光ったりする仕組みがあるものなど、好奇心旺盛な赤ちゃんが喜ぶリモコンおもちゃを10商品ご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

リモコンおもちゃの選び方

おすすめの商品をご紹介する前に、リモコンおもちゃの選び方のポイントを解説します。

本物のリモコンのようなデザインのもの

本物のリモコンみたいなデザインのおもちゃは、大人が使っているテレビやエアコンなどのリモコンに興味津々な赤ちゃんにぴったり。実際にボタンを押すことができたりするタイプだと、より楽しく遊べます。

ギミック付きのおもちゃも楽しい

効果音やメロディが鳴ったり、光ったりするギミック付きのおもちゃは、長く遊ぶことができる利点があります。音が出たりするおもちゃは子どもも大好きなので、きっと夢中になって遊んでくれるでしょう。キャラクターのボイスが収録されているタイプのおもちゃも人気です。

電池を使わないタイプは舐めても安心

電池を入れずに使用するタイプのリモコンおもちゃなら、赤ちゃんが舐めても大丈夫。防水タイプのものや水洗いできるタイプのものなら、清潔な状態を保つことができます。

本格的・本物志向のリモコンおもちゃ

まずは、リモコンに興味津々な赤ちゃんも夢中になる、本物みたいなリモコンのおもちゃをご紹介します。

★本物みたいなリモコンおもちゃの、ココがスゴイ!

まるで、本物のリモコンかのようなリアルなデザインが特徴。大人が使っているエアコンやテレビなどのリモコンで遊びたがる子どもに、ぴったりです。

ローヤル 本物みたいなお子さまリモコン


月齢1カ月ごろから遊べます。生活防水タイプなので、うっかり飲み物をこぼしてしまったり、赤ちゃんが舐めてしまっても大丈夫。ボイスやメロディが鳴るようになっていたり、ボタンを押すとライトが光ったりする、楽しいギミックも付いています。

リモコンをかじるようになったらこれなら安心! かみ心地2通りモコンリアルver.


身近にあるおもちゃなどをかじってしまう5カ月~6カ月くらいの赤ちゃんにぴったりの、かみやすい質感のリモコンおもちゃです。グレーの部分とブルーの部分で硬さが異なり、違った噛み心地なのがポイント。無塗装タイプなので赤ちゃんが舐めたりかじったりしても安心です。

アクアリモコン


一見するとリモコンのようですが、実は水鉄砲なんです。中に水を入れておきボタンを押すと、水がぴゅーっと飛び出ます。かなりユニークなおもちゃなので、びっくりアイテムとしても活躍しそう。水を入れて遊ぶのはもちろん、水を入れずに子ども用リモコンとして使ってもOKです。電池を使わないおもちゃなので、水洗いや水拭きも可能。常に清潔な状態で使うことができます。

5種の知脳ボタンで脳が育つ! 知脳リモコン


1歳から遊ぶことができる、リモコン型の知育玩具。40種類以上のメロディやおしゃべりが収録されているので、飽きずに長く遊ぶことができます。またリモコンのボタンを押すと光るようになっていたり、手触りの違うボタンがあったりと、赤ちゃんが楽しめる工夫がいっぱい。薄くて軽いところも、遊びやすいポイントです。

 

 

ギミックが楽しい子ども向けのリモコンおもちゃ

次に音が出たり光ったりするギミックが楽しい、子ども向けのリモコンのおもちゃをご紹介します。キャラクタータイプも人気です。

★ギミック付きのリモコンおもちゃの、ココがスゴイ!

リモコンのボタンを押すと光るだけではなく、音楽や英語の音声も流れるようになっているものもあり、知育玩具にもぴったりです。

フィッシャープライス バイリンガル・リモコン


月齢6カ月~3歳ごろまで使うことができる、ポップなデザインのリモコンおもちゃです。ボタンがシンプルなので、小さい子どもでも簡単に操作することができますよ。電池を入れて使用するタイプのおもちゃで、リモコンのボタンを押すと光って音が鳴ります。日本語だけでなく英語の音声も流れるようになっているので、遊びながら英語に触れることもできます。

ワンワンとうーたん うーたんのピピッとリモコン


「いないいないばあっ!」のキャラクターである、ワンワンとうーたんのリモコンおもちゃ。1歳半から遊ぶことができます。ボタンを押すと「いないいないばあっ!」のテーマソング「いないいないばあっ!あそびのくに」が流れたり、うーたんがおしゃべりをしたりします。「いないいないばあっ!」が好きな子にぴったりのおもちゃです。

ディズニー Dear Little Hands いっぱいおしゃべりまねっこリモコン


ミッキーデザインのリモコンのおもちゃは、ディズニーキャラクターが好きな子におすすめです。音声や音楽が36種類以上入っているので、長く遊ぶことができます。大きすぎず小さすぎないサイズ感も、小さい子どもが遊びやすいです。対象年齢は6カ月以上。

ベビラボ アンパンマン ごきげんメロディーリモコン


月齢6カ月から遊べる、アンパンマンのリモコンのおもちゃ。動物の鳴き声やテレビの音など、子どもにとって身近な音声が18種類収録されています。音はやや小さめのようなので、時間や場所を気にすることなく遊ばせられます。また本体のトップ部分にはリングがついているため、紐をつけてベビーベッドやベビーカーなどに引っ掛けておくことも可能です。

HenMerry 子供用おもちゃリモコン


カラフルなボタンを押すと、様々な音声が鳴る仕組みになっているリモコンのおもちゃです。デザインがユニーク。子どもが持ちやすいサイズ・形状なので、小さい子でも遊びやすいはず。ボタンが押しやすい形状になっているところもポイントです。

リモコンのおもちゃは手作りできる?

リモコンのおもちゃは、シンプルな仕組みのものであれば自宅にあるものや100均などで買うことができる材料を使って、手作りすることも可能。作り方を簡単に解説しますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

材料

・お菓子などの空き箱(リモコンに形状が近いものが良い)
・折り紙や包装紙
・ペン
・丸いシール

作り方

1:空き箱に好きな色の折り紙か包装紙を貼り付ける
2:丸いシールをリモコンのボタンに見立てて、空き箱に貼る
3:シールにペンで数字などを書き込んで完成

それでも本物を欲しがる子には

「おもちゃのリモコンを渡したけど、興味を示さなかった」「おもちゃのリモコンがあっても、本物のリモコンをほしがってしまう」という子どももいますよね。おもちゃのリモコンではなくどうしても本物のリモコンをほしがる子どもには、新しく本物のリモコンを買って、子ども専用にしてしまうのも一つの方法です。本物のリモコンを子どもに使わせる場合には、電池は抜いておくと安心ですよ。

赤ちゃんには安心なおもちゃで遊んでほしい!

リモコンで遊びたがる赤ちゃん向けの、おすすめのリモコンおもちゃをご紹介しました。子ども専用のリモコンのおもちゃを買ってあげることで、赤ちゃんにとっては危険な側面もある本物のリモコンに触れることがなくなれば、安全性も高まります。リモコンに関心を持ち始めたお子さんがいるなら、リモコンのおもちゃの購入を検討してはいかがでしょうか。

構成・文/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事