黒島結菜さんが「劇場版 シルバニアファミリー」で初の声優に挑戦! 子ども時代は主人公〝フレア〟と似ているところも?! 映画の魅力もたっぷり語ります

発売から38年以上、子どもから大人まで幅広い世代に愛され続ける玩具「シルバニアファミリー」。2023年、ついに初の映画作品が11月23日に公開されます。 主人公・ショコラウサギの女の子「フレア」の声を演じたのは、黒島結菜さん。デビュー以降映画やドラマ、CMなどで活躍し、'22年にはNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」でヒロインを演じました。 今回は黒島さんが声優に初挑戦した「劇場版シルバニアファミリー」の魅力と、ご自身の子どもの頃のお話などを伺いました。

「シルバニアファミリー」がスクリーンデビュー!そのストーリーは?

今年もシルバニア村に、年に1度の「星祭り」がやってきます。しかもその日は、フレアのお母さん・テリーの誕生日なんです! 悩みに悩んだフレアは、どんな素晴らしい贈り物を見つけるのでしょうか。

3部構成となる今作では、シルバニア村の仲間たちが3DCGアニメとなって、飛んだり、歌ったり、踊ったり…! 大冒険を繰り広げます。

玩具のシルバニアワールドがそのまま映画に!

初めての”声優”は、自分への挑戦

ーー今回の「フレアの声」のオファーが来た際の気持ちを教えてください。

実は声のお芝居が初めてだったので、一番最初はびっくりしましたが、新しいことに挑戦できるわくわく感があり、新人の頃に戻ったような気持ちで向き合おうと思いました。

ーー実際にやってみて、どうでしたか?

すごく難しかったですね。普通のお芝居と違って表情で伝えることができないし、なおかつ5歳でうさぎだしどうしようって思いもしましたけど結果、楽しくアフレコさせていただきました。

ーーその難しいフレアの役作りは、どのようにしたのでしょうか。

映像の中のフレアのちょっとした動きや顔の傾きから、こんな気持ちなんだっていうのが伝わってきました。私は犬を飼っているんですが、動物と過ごしているおかげで、いろんな感情を読み取ることができるようになった気がします。その経験がフレアを演じる上で、今回とても役立ったと思います。

ーー初めて映画の台本を読んだときは、どのように感じましたか?

 本当にピュアなストーリーだなあって。思いやりの気持ちがいっぱいあって、悪い人が一人も出てこない、そこはやっぱりいいなと思いました。

 こうやって隣の人を幸せにすることが、平和への近道のような気がします。みんなが本当に近くにいる人たちに優しくしているから、きっとシルバニア村は平和なんだろうなって、思います。

ーー映画の中で、特に印象に残っているシーンはありますか?

 オープニングでフレアが鼻歌を歌っているシーンがあるんです。そのあと「秋が来たのね!」っていうセリフがあって。そこはやはり、フレアがどんなキャラクターなのかを最初に伝えるところだったので、印象に残ってます。ただアフレコでの鼻歌はかなり難しかったですね(笑)

黒島さんが難しかったという、フレアの鼻歌のシーン。

子どもの頃は、だいぶ“やんちゃ”でした(笑)

ーー演じる「フレア」と共通する部分は何かありましたか?

 私の子供時代はこんなに可愛らしい女の子ではなかったですね(笑)   外で遊んで日焼けして、木登りしたり、泥だらけになったりで靴とかもボロボロ…。やんちゃで、本当に母は大変だったと思います。でも明るいところだけはフレアと似てるかなと思います。

ーー子どもの頃のシルバニアファミリーとの思い出はありますか?

シルバニアファミリーは”憧れ”でしたね。子どもの頃は外で遊んでばかりいたので、自分の家にはなかったんですが、友だちの家に行くとシルバニアファミリーのお人形やおうちが、やっぱりあるんですよ。だから友だちの家で遊んだ思い出はあります。
私は写真が趣味なので、今なら自分の分身のように日常生活を送るフレアたちの写真を撮ってみたいですね。

ーーフレアたちのように姉妹の仲はよかったですか?

私は3姉妹なんです。今も母の日とか父の日は3人で「プレゼントどうする?」って相談して決めて、地元にいる妹が渡してくれたりします。

子どもの時は父もプレゼントを選びに行ったりするのが好きだったので、私たちと一緒に母へのプレゼントを探したりして、家族みんなでイベントを楽しんでましたね。

ーー子どもの頃、両親へどんなプレゼントを送ったか覚えてますか?

手先が器用で小さい時は折り紙が好きだったので、ケーキとか花とか折り紙で折ってあげた記憶があります。

最近あげたものだと除湿機とかですね。沖縄は湿気がすごいのでプレゼントしました(笑)

大役だったけどNHKの連続テレビ小説で成長できた

ーーフレアが”今年の木”を選ぶという大役を任されるエピソードがありましたが、黒島さんのこれまでで一番の大役といえば何だと思いますか?

やっぱりNHKの連続テレビ小説ですかね。やり遂げたことによって視野が広がったと思います。たくさんの物事だったり、キャストさんのことだったり、全体を見られるようになりました。それはとてもいい経験で、だいぶ成長できたかなと思います。

プレッシャーもありましたが、まず自分が楽しんでやれたらみんなが現場で気持ちよく過ごせるんじゃないかって思うようにしました。何かトラブルがあったりした時も、それすら明るく解決できればいいなという気持ちでやることでうまくいったと思います。

ーーシルバニア村は世界で一番平和で幸せな場所と言われていますが、黒島さんにとって一番平和で幸せな場所はどこでしょうか。

自宅のリビングですね。

ソファと植物くらいしかなくて、テレビとかも置いてないんです。あとは犬がいて、そこでスマホも使わないように決めて、その空間でコーヒーを入れ、犬といるだけっていう時間を作るようにしているんです。となりで犬が”グースカピ〜”って寝ている顔を見ているだけで、なんかいいなあって幸せな気持ちになれます。

ーー地元・沖縄でのお気に入りの場所はありますか?

近所の地元の海は人が全然いなくて、西側で夕日が当たるので、沖縄に帰るとそこへ行ってぼ〜っとして時間を過ごしたりします。今までは地元すぎて気づかなかったんですけど、最近はやっとこれが贅沢なんだなって思いはじめました。

ーー最後に映画のみどころを教えてください。

子どもはもちろん、大人が見ても可愛いし映像がとても綺麗な映画です。人形のキラキラした質感を映像でこんなに表現できるんだ!って感動しました。

大人は忘れていたピュアな気持ちを思い出して、すごく心が洗われるんじゃないかなって。もし小さな子どもと一緒に映画を見に行く機会があるとしたら、この映画をどう感じてくれるのかがとっても気になります。

本当に優しくて愛に溢れた物語なので、ぜひ家族そろってみてほしいです!

劇場版 シルバニアファミリー フレアからのおくりもの」はこちらをチェック!

黒島さん以外にも、フレアの母親「テリー」に蒼井優さん、姉の「ステラ」に松岡茉優さん、妹の「クレム」にののちゃんこと村方乃々佳さん、ハスキーの青年「ブルース」にDAIGOさんなど、豪華キャストが勢ぞろい!

さらに主題歌はPUFFYが歌う「SweetSweet」。作詞 : 奥田民生・PUFFY/作曲 : 奥田民生による新曲で、13年ぶりの奥田民生×PUFFYのタッグとなり、こちらも話題となっています。

最高に美しくて幸せなシルバニア村と家族の絆をスクリーンでぜひ、堪能してください!

「劇場版 シルバニアファミリー フレアからのおくりもの」

2023年11月23日(木・祝) 全国ロードショー

声の出演:黒島結菜 

水瀬いのり 日野 聡 渡辺明乃 本渡 楓 渡辺美佐

松岡茉優 村方乃々佳  DAIGO

蒼井 優

主題歌PUFFY「SweetSweet」(ソニー・ミュージックアーティスツ)

監督:小中和哉

脚本:小林弘利

配給:イオンエンターテイメント

映画公式ホームページ:sylvanianfamilies-movie.com

映画公式X(旧ツイッター)・インスタグラム:@Sylvanian_Movie

©️2023 EPOCH/劇場版シルバニアファミリー製作委員会

撮影/廣江雅美 取材・文/苗代みほ

編集部おすすめ

関連記事