「いつまで〜してるの?」ってついつい言ってしまうけど、これもNGワード?【井桁容子先生監修/口グセ言い換えノート】

「もう目が痛くなる時間じゃないかな?」 がOK!

自発的に「けじめをつける」ことの大事さを伝えて

子どもに、自発的に気づかせることがポイントです。
大好きなことがあるのは、人としてとてもすばらしいこと。でも、「好きなことは、体をこわさないようにやるのが、素敵な大人になれる方法だよ」と、いつも私は伝えています。「けじめをつける」ということを、優しく、わかりやすく伝えているわけです。
ママがどうしても感情的になってしまうのはわかりますが、イラッとする気持ちはいったん飲み込んで、子どもが理解できる言葉をかけましょう。

記事監修

乳幼児教育保育実践研究家、非営利団体コドモノミカタ代表理事。
井桁容子先生

乳幼児教育保育実践研究家、非営利団体コドモノミカタ代表理事。東京家政大学短期大学部保育科を卒業。東京家政大学ナースリールーム主任、東京家政大学・同短期大学部非常勤講師を42年務める。著書に「保育でつむぐ 子どもと親のいい関係」(小学館)など。

『イライラをぶつけない ママの口グセ言い換えBOOK』edu 別冊ふろく
取材・文/井尾淳子、齋藤美和 編集/井尾淳子 再構成/HugKum編集部

「わかった?」と子どもに言うのはNG?返事の押しつけをせず子どもを納得させるには【井桁容子先生監修/口グセ言い換えノート】
何度言ってもわからないし。キツく言い聞かせてもすぐ忘れるんだから♨ そんな気持ちから、知らないあいだにパパやママの口グセになってしま...
ママの口グセ「パパに言っちゃうよ」はNGワード?【井桁容子先生監修/口グセ言い換えノート】
親として「しつけ」のつもりでいても、そのひとこと、本当に効果的?  つい口をついて出てくる言葉、それはママのイライラを子どもにぶつけ...
「早く早く!」「まだできないの?」はNG! パパママの口グセ言い換えノート【監修/井桁容子先生】
この記事シリーズでは、子育て中のママやパパが思わず口にしてしまう口グセを、もっと子どもに伝わる声かけに言い換えるヒントについて、長年...

編集部おすすめ

関連記事