離乳食にトマト缶は使える?選び方や注意点は?ストックに便利なソースやトマト缶を使った時期別おすすめレシピも

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。保存が長くできて、大人の料理にも重宝するトマト缶。手軽にトマトを使うことができるので離乳食にも使えそう!ですが、離乳食に使う時には、少しだけ守ってほしいことがあります。今回はトマト缶を離乳食に使う時の注意点やトマト缶を使った離乳食レシピを紹介します。

 

離乳食にトマト缶はOK?いつから使える?

トマト缶は、トマトの水煮を缶詰めにしたものです。トマト缶に入っているトマトは完熟状態で収穫されて缶詰めになっているので栄養価が高いと言われています。離乳食にトマト缶を使っていいのは、離乳食初期から。おかゆに慣れて、なめらかで甘みのある野菜のかぼちゃや玉ねぎ、にんじんなどに食べ慣れてからチャレンジしてみましょう。ただし、離乳食初期に使う時は配慮が必要です。

使うときの注意点

離乳食にトマト缶を使う時は、裏面表示を確認することが必要。

➀塩分をチェック

特にまだ調味料を使わない、離乳食初期、中期にトマト缶を使う時は、無塩タイプのトマト缶を選ぶことが大切です。離乳食後期以降も、できれば無塩タイプを選ぶと良いです。

②種を取り除く

赤ちゃんにとって消化しにくい種を取り除くと、より安心して食べさせることができます。種を取り除くには、ホールタイプのトマト缶が取り除きやすくいいでしょう。

③加熱する

トマト缶は水煮なのでそのまま食べられそうですが、離乳食期は安心安全のためにも、加熱調理することが原則です。

 

離乳食に使うトマト缶の選び方とおすすめ

離乳食にトマト缶を使う時は、原材料名を確認し、無塩タイプを選ぶことがまずひとつ。そして、もしこだわるのであれば、原産地や有機100%などを確認して選んでみてもいいかと思います。

『デルモンテ 完熟ホールトマト』がおすすめ

とはいえ、スーパーで手に入りにくいトマト缶を探すのは大変です。私がおススメするのは、『デルモンテ 完熟ホールトマト』気になる塩分は、100gあたり0.02g。スーパーでもよく見かけ、手に入りやすいです。

冷凍保存の方法

トマト缶を冷凍保存する場合は、種を取り除き、1食分を小分け容器に入れ冷凍保存します。解凍する際は、必ず加熱して料理に加えます。保存期間は1週間。1週間以内に食べきるようにします。

 

トマト缶を使ったソースが便利!

トマト缶を使いソースを作ると、いろいろな料理にアレンジできて、重宝します。

ミートソース

ミートソースを作っていたら、パスタを始め、ご飯にかけてチーズで焼けばミートドリアにもなり離乳食メニューの幅が広がります。

離乳食完了期 基本のミートソース

<材料>

【離乳食3食分】

合びき肉 60g

にんじん 45g

玉ねぎ 45g

ピーマン 15g

トマト缶 90g

オリーブオイル 5g

昆布だし 50ml

味噌 小さじ1/4

<作り方>

・トマト缶は、種を取り5㎜に切る

・にんじん、たまねぎ、ピーマンはみじん切りにする

1.フライパンにオリーブオイルを敷いて合びき肉を炒める

2.1に火が通ったらにんじん、たまねぎ、ピーマンを加えて炒める

3.トマト缶を加え、弱火でコトコト火を通す。

4.味噌を加えてひと煮たちさせる。

 

他にも!トマト缶を使った時期別おすすめレシピ

離乳食後期 ささみとしめじのトマト煮

<材料>

鶏ささみ 15g

しめじ 5g

玉ねぎ 10g

トマト缶 15g

昆布だし 100ml

しょう油 0.5ml

<作り方>

・トマト缶は、種を取り5㎜に切る

・玉ねぎとしめじは5㎜に切る

1.昆布だしに玉ねぎとしめじ、鶏ささみを入れて煮る

2鶏ささみは5㎜に切りトマト缶と共に鍋に戻して更に煮る

3.しょう油で風味をつける

 

普段の煮物にトマト缶を少し加えるだけで、風味や味が変わります。何となく『マンネリ化してきたな』なんて思った時に重宝しますよ!

 

 

一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事。中田家庭保育所施設長。現在14歳の息子の離乳食につまづき、離乳食を学び始める。「赤ちゃんもママも50点を目標」をモットーに、21年の保育士としての経験を生かしながら赤ちゃんとママに寄り添う、和食を大切にした「和の離乳食」を伝えている。保育、講演、執筆などの分野で活動中。自身が開催する和の離乳食パクパクセミナー、離乳食インストラクター協会2級・1級・養成講座はこれまで3000人が受講。

離乳食インストラクター協会HP 

中田馨の和の離乳食レシピブログ

編集部おすすめ

関連記事