ストローマグのおすすめ7選|保冷や漏れにくさなど機能性重視の人気アイテムを紹介

授乳や哺乳瓶で水分補給をしてきた赤ちゃん。離乳食の開始時期になると、食事中の水分補給をどうしようか、と考え始めますよね。そんなステップアップ時期にぴったりなのがストローマグ。HugKum編集部では、ママたちにストローマグについて調査しました。

ストローマグはいつから?いつまで?

ストローマグはいつから使い始めるものなのでしょう?ママたちに聞いたところ、多くは離乳食が始まる5、6ヶ月頃にストロー飲みの練習を始めているようです。ただ、赤ちゃんの成長の差は大きいので、すでに飲み始めていたり、まだ吸うのが難しいという赤ちゃんもいたりとそれぞれ。様子を見ながら8ヶ月頃までを目安に始めるのがオススメです。1歳過ぎにはほとんどの赤ちゃんが失敗しながらも飲めるようになっているはず。焦らずに進めるのが大切です。

ストローマグはいつから?上手に吸えるようになるためのコツ、おすすめストローマグも紹介
赤ちゃんがストローマグを使って上手に飲料を飲めるようになるのはいつからでしょうか?初めからストロー飲みが上手にできる赤ちゃんはいません。まず...

ストローマグの選び方

初めてのストローマグ選びはどんなところにに注意して選ぶのがよいのでしょうか?一言にストローマグと言っても機能がさまざま。ポイントをまとめたのでぜひ参考にして!

保冷機能があるか?

家で飲むときはこまめに洗えるので問題ないですが、外出時に持って行くときには気をつけたいポイント。特に夏は、すぐに温まってしまい時間が経つと不安になるもの。長時間の外出には、保冷ができるものだと安心です。逆に冬は温かめなものを持って行ってもすぐに冷めてしまいますよね。保温保冷機能があるものだと体を冷やさないようにしてあげられます。

ミルクが入れられるか?

ミルクがメインの水分補給の時期には、ストローマグでミルクも飲めるといいですよね。そのためにはストロー部分の洗いやすさもしっかりチェック。あまり細かい構造だと、ミルクを入れた場合にこびりついたり、汚れがなかなか落ちずに不衛生な状態になってしまうことも。また保温・保冷機能付きのものはミルクNGとなっているものもあるので、しっかりチェックして選びましょう。

漏れにくくないもの

まだまだなんでも触って確認したいお年頃。コップも横にしたり、振り回したりと好奇心旺盛。最初は逆さにしても漏れない構造になっているものをしっかりチェックするのがママの安心にもつながります。

【助産師監修】赤ちゃんに麦茶を飲ませるときの注意点・作り方・飲ませ方
子供から大人までごくごく気軽に飲める麦茶ですが、赤ちゃんが麦茶を飲めるようになるのはいつからなのでしょうか? また、赤ちゃんに麦茶を飲ませる...

ママに人気のストローマグのおすすめ

ママたちが使ってよかった!というストローマグを教えてもらいました。長く使えるものや、使いやすさにこだわったものなどいろいろななタイプがあるので、赤ちゃんの月齢などと合わせてチェックしてみて。

ピジョン ぷちストローボトル

ジェリービーンズのような ポップなカラーリングが可愛いストローマグ。開閉が簡単で 中身が漏れにくいストローマグ。赤ちゃんの口に嫌な刺激を与えることのない、柔らかくて飲みやすいストローが安心。便利なたためるハンドルでお出かけ時の荷物もスッキリ収まります。

「赤ちゃんのことを考えて作られている」(40代・福岡県・子ども1人)
「ドラッグストアや大型スーパーでも売っていて、シリコンパーツが買い替えやすかった」(40代・千葉県・子ども1人)
「持ち手が持ちやすいし、倒してもこぼれにくい」(40代・東京都・子ども2人)

 

リッチェル ステップアップマグセット

リッチェルのストローマグは、赤ちゃんの誕生をスヌーピー達がお祝いしているような心温まるデザイン。ストローに慣れる前に使いたいスパウトから、ストローマグへのステップアップが叶う2タイプの飲み口付き。お食事スタイもついているのでギフトにもぴったりなセットです。

「デザインが可愛く、子供がつかみやすい持ち手が良かった」(30代・神奈川県・子ども2人)
「飲み方を学ばせられるという点で優秀だった」(20代・福岡県・子ども2人)
「スパウト、ストロー、コップと飲み口を交換できるところがいいです」(30代・群馬県・子ども2人)

 

コンビ ラクマグ

持ち手が斜めになっているので、赤ちゃんがしっかり持って飲みやすいベビーハンドルは試行錯誤の賜物。Wラクピタ構造で、印に合わせてアダプターを締める、フタを閉じるという簡単ステップで漏れない構造に。安心して1人で持たせられますね。移動時にストローから漏れる心配もありません。

「可愛い」(40代・三重県・子ども2人)
「安いうえに使いやすい」(40代・福岡県・子ども1人)
「飲みやすく、子どもが持ちやすい」(40代・埼玉県・子ども2人)

 

ピジョン マグマグ

赤ちゃんが横にしたり斜めにしてもこぼれにくい設計のマグは、3ヶ月頃からまずは乳首を取り付けて飲み始められます。その後、スパウトにチェンジしながら、8ヶ月頃からはストロー飲みやコップ飲みにと徐々にステップアップできるロングユースなアイテムです。緩やかなカーブの飲み口で、コップ飲みのときにも端から飲み物がこぼれにくく便利。

「成長に合わせて吸い口を変えられるから」(30代・東京都・子ども1人)
「パーツが全て取り外せて清潔。こぼれにくい」(30代・兵庫県・子ども2人)
「いろんなところで購入しやすい」(40代・神奈川県・子ども2人)

 

西松屋 スマートエンジェル

5ヶ月頃からはスパウトマグとして飲み方を練習。7ヶ月頃からはストローマグとして徐々にステップアップできます。電子レンジOK、煮沸OKと清潔に使える点もオススメ。

「飲みやすい」(40代・埼玉県・子ども1人)
「形が可愛くて、 値段が手頃」(40代・新潟県・子ども2人)

 

スキップホップ  アニマル・ストローボトル

スキップホップのZOO COLLECTION (ズー・コレクション)は、動物キャラクターたちの絵が可愛くて子どもが喜ぶこと間違いなし。世界中で大人気のストローボトルは、 洗い替えや、ストローが古くなってしまった時に助かる交換用ストロー付きで安心して使えます。ストラップが付いているので、ベビーカーのフレームに取り付けておけば、さっと使えるのも便利なポイント。容量たっぷりで長時間の外出にも万全。

「容量が大きい」(40代・福岡県・子ども2人)

 

サーモス まほうびんのストローマグ

魔法瓶として人気がある、サーモスの保冷専用ストローマグは夏にぴったり。冷えても結露しないので荷物を濡らす心配がありません。蓋でストローを押さえる構造なので漏れずに安心。シリコン製の底カバーで滑りくく使いやすいのもポイント。赤ちゃんが握りやすい持ち手は取り外しできるので、マグに慣れたら外して省スペースに。

「保冷できるので人気」(30代・大阪府・子ども2人)

 

ストローマグで子どものできた!を後押し

ストローマグは、唇で押さずに口で吸うことを覚える大きなステップ。紙パックの飲み物が飲めたりと、口にできるものの幅がぐっと広がります。スパウトからトレーニングできたり、コップ飲みまでできるものなどさまざまに揃うので、無理せず段階を追ってトライすることで、子どものやったー、できた!という達成感を後押ししてあげられれば大きな自信につながるはず。ゆっくり見守ってあげてくださいね。

離乳食が始まったら、スパウトデビュー!練習方法からおすすめ商品まで
赤ちゃんが哺乳瓶からマグを使うように移行する時期には、スパウトという言葉を見たり聞いたりすることでしょう。一般的に、離乳食が始まる頃から、次...

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事